本家三行広告 2 ミストレスランド 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE January 2011
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
ある日、私はそのキミコと、私の家の中で遊んでいた。
はじめのうちはママゴト遊びのような遊びだったが、
そのうちに私は、キミコの体を柱の前にすわらせ、
紐で動けないように縛りつけてしまった。

私は、私の仕事部屋へ、だれもいれない。

大体、私のところへなんか、あまり人はやってこない。

たまに出版社の人がたずねてくることがある。そのときは駅前の喫茶店で会って話し合う。

数年前、私が出演するドキュメント映画の企画があって、私の仕事部屋をぜひ撮らせてくれとくどかれたのだが、このときも断わった。

かなりいい仕事をする高名な監督らしいのだが、無口で、自分の意思や感情を外に表わさない人だった。情熱に乏しい、得体の知れない人物のように思われたので、私の仕事部屋へは一歩も入れなかった。

その監督も、一緒にくっついているプロデューサーも、以前から私のファンで、どこかの撮影現場で私と会っているという話だったが、それもどこかあいまいで、本性の知れないところがある。

仕事部屋を撮影することは拒否したのだが、なりゆきで、その映画の出演は引き受けてしまった。

気がのらない仕事だったが、そこが私の生来卑しいところで、わずかばかりのギャラが欲しいばかりに、つい引き受けてしまった。

あとで後悔し、おのれの軽率さを深く恥じ、完成試写会のときも劇場公開のときにも行かなかった。

濡木痴夢男と名乗って姿を露出する仕事は、双方の呼吸が合わないとうまくいかない。べつにもったいぶってこんなことを言うのではなく、元来、そういう性質の仕事なのだ。

誇張して言えば、撮影するほうと撮影されるほうの魂と魂がうまくかみ合い、熱く弾け合わないと、内容の乏しい、つまらないものになる。

以上までが、じつは、今回の前説なのである。これから本題に入る。



きのう、私の仕事部屋へ、はじめて人を入れてしまった。一人は、某一流出版社の敏腕美人編集者、もう一人はこれも先鋭的な切り口の写真で知られる高名な某カメラマン。

仕事の内容は、手短にいえば、私へのインタビューである。美人編集者は七、八年前からの知り合い、カメラマンのほうは、以前から私のファンだという。

ずっと前から私のファンだと言ったところで単に濡木という名前を知ってるだけで、ファンでもマニアでもないという人に、これまで何度も会ってきている。そして、屈辱も味わってきている。

ファンだと言って近づいてきても、信用できない人には、私は徹底的に答えをはぐらかす。ときには非人間的、非人道的だと自分でもあきれるくらいに相手を嘲弄し、話をはぐらかしてしまう。

ところが、このカメラマンは信用できた。まず、私および私の仕事に対する敬意が感じられた。人なつこい柔和な表情で、ニコニコしながら無駄な言葉を発することなく、畏敬の念とともに、私にむかって最も核心的な鋭い質問をしてきた。

このとき私は、その質問が私にとってあまりにも核心的であり、鋭いものであったので、答えることができなかった。

カメラマンに対し、恥ずかしくて書けなかったことを、今回この快楽遺書の中で書こうと思っていたのだ。

ところが、いつもの悪いくせで、つい前置きが長くなってしまった。

だが、書かねばならぬ。私はもう先がない。恥ずかしいものは何もないはずである。きのうが満八十一歳の私の誕生日だったのだ。

だが「誕生日おめでとう」などと言ってくれる人間はだれもいない。そういう交際相手はいないので、本当に、だれもいない。

いや、一人いた。私が所属している話芸の会の女性から、可愛らしいピンク色のチェック模様の封筒が郵送されてきた。(断わっておくが、縄の世界とは全く無関係の女性である)。

封筒の中身は、いい香りのするペーパークラフトで、指で左右にひろげると、色彩豊かなデコレーションケーキが立体的にできあがり、その下側に、

「先生、誕生日おめでとうございます。先生にとってこれからもよい年でありますように」

と肉筆で書かれている。私の誕生日を祝ってくれるのは、これだけである。

いまの私は、ぜいたくきわまる自由と快楽の日々を謳歌している身なので、これだけで十分である誕生日おめでとうの声が雨のように降ってくる中にいたら、自由も快楽もたちまち奪われてしまう。私にとって自由と快楽ほど貴重なものはない。



また話が横道に外れた。どうもいけない。

私は、私の仕事部屋へ、はじめてカメラマンを入れた。そして私の自由と快楽の砦であり、あるいは私の終(つい)の棲み家となるやもしれぬ私の部屋を、すみからすみまで、浴室からトイレまで撮影してもらった。

格好の餌を目の前にした猫が、舌なめずりをして、うなり声をあげるような迫力で、カメラマンはシャッターを押しつづけた。その姿勢はカメラマンへの私の信頼度を、さらに深めるものであった。

撮影が一段落し、カメラマンは改まった真摯な表情で私に質問してきた。前述のようにその質問に、やはり恥ずかしくて私は答えられなかった。私は彼に「それは『猥褻快楽遺書』の中に書くから読んでくれ」と言った。

で、これからすこしずつ、ここに書いていこうと思う。

私が小学校三年生のとき、隣家に夫が大工の夫婦者がいて、キミコという娘がいた。小学校に入学したばかりの小さな女の子だった。

ある日、私はそのキミコと、私の家の中で遊んでいた。はじめのうちはママゴトのような遊びだったが、そのうちに私は、キミコの体を柱の前にすわらせ、紐で動けないように縛りつけてしまった。

そして小便をするような格好でペニスをつまみだすと、キミコの口をあけさせ、それをなめさせようとした。

キミコはきょとんとした目で私の顔を見上げ、口をひらいた。そのとき、私の母が外から帰ってきた。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション1「悲願」(不二企画)


品番:KC-01
発売:2010年06月24日
収録時間:91分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用していのイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |