本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE February 2011
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
縄は、わらで編んだ荒縄である。
町内には縄のかかった商品の木箱を
店の前に積み上げている小さな商店が多かった。
店の前の道路には、縄の切れ端がいくらでも落ちていた。
私は荒縄でぐるぐる巻きにされ、
さらに電信柱に縛りつけられた。

このときの私は、小学校三年生である。九歳か十歳である。

隣家の小一の娘に対して行なおうとしていた行為の意味を知っていたとは、とても思えない。

私は、いわゆる餓鬼大将ではなかった。外で遊ぶことがあまり好きではなく、家に閉じこもって本ばかり読んでいた、内気な小学生だった。他人から見たら陰気な暗い子供だったにちがいない。

私の母は、下町生まれの下町育ちである。

「うちで本ばかり読んでいないで外へ行って遊んできな!」

と、母はつねに私をどなり、

「そんなに本ばかり読んでいると、目が悪くなるよ!」

と言って私を叱った。

私は学校では成績がよく、「理想的」なおとなしい生徒であり、毎年「優等生」の賞状を校長からもらった。級長にも何度かなっている。

親の留守中に、小さな女の子を柱に縛りつけて、自分の股間のものを、その子の顔の前でふりまわすような子供ではなかった。

外から帰ってきた母に、

「なにやってんだよ、お前、バカ、やめな!」

どなりつけられて、私はあわててやめた。

私を叱る母の声はいつも明るく元気だったが、このときはあたりをはばかるように低くおさえた、鋭い声だったように思う。

母の鋭い口調で、私はそれが何か秘密をふくんだ行為のように感じた。



このとき母にみつからなくても、私は彼女の口の中へ、自分のペニスを入れるようなことまではしなかったように思う。

子供が思いついた一瞬のいたずら程度の行動ではなかったか。

いやいやそうではなく、七十年たったいまでも、こうやってそのときのことを記憶しているのだから、やはり私の性の芽生えの一端だったのかもしれない。

性の芽生えといったところで、小三の子供だから、まだ体内に精液など溜まっていない。肉体的に未成熟である。「精通」はまだしていない。

「精通」というのは、精液が体内に充満し、それがペニスを通って外に溢れ出す。つまり射精できる状態になることだ。即ち一人前の「男」になった証明である。

私はキミコの小さな口の中に射精しようなどとは、まったく思っていなかった(あたりまえだ)。そういう性的な知識がなかった。つまり、フェラチオのなんたるかを知らなかった(あたりまえだ)。それなのに、なぜあんな真似をしたのだろうか。

で、この話は、ざんねんながらここでおしまいである。

いわゆる「お医者さんごっこ」みたいな遊びの経験は、私にはない。

大工の娘のキミコは、小一の少女にふさわしい親しみのこめ方で私にまとわりついてきたが、私はキミコのスカートをまくり上げ、ズロースをおろして性器を見たりするような性的ないたずらをしたことは記憶にない。

柱に縛りつけて、自分の股間を彼女の目の前にむき出したこと、それだけだった。

ここで私がもっともらしく――私は子供がよくやるお医者さんごっこみたいなノーマルな性的いたずらには興味がなく、少女を柱に縛りつけて口を開かせ、ペニスを押しつける欲望をもつ少年であった――などと書けば、いかにも濡木痴夢男らしいと、他人はおもしろがってくれるのだろうが、事実はまあ、こんなものである。人間の性なんて、そんなわかりやすい単純なものではない。もっと複雑怪奇である。

少女を柱に縛りつけての理不尽な行為はそのときだけだったが、まだ十歳の未精通な私に、なぜそういう不埒な真似ができたのか、そのへんは謎である。遺伝子のなせるわざとでもいうより仕方がない。

私は家の中に閉じこもって本ばかり読んでいる子供ではあったが、近所に住む同級生たちに呼び出されて、たまには外で遊ぶこともあった。



この時代、はっきり記憶にのこっていることが一つある。

当時、子供たちのあいだに「悪漢探偵ごっこ」という遊びがはやっていた。一人が悪者になって逃げまわり、あとの数人がそれを追って、つかまえたら縄で縛るという、それだけの遊びであった。「鬼ごっこ」の変形のようなものである。

その遊び仲間に入れられ、やがて私に悪漢の役がまわってきた。私は逃げたり走ったりすることが苦手である。すぐに捕まってしまい、縄で縛られてしまった。

縄は、わらで編んだ荒縄である。町内には縄のかかった商品の木箱を店の前に積み上げている小さな商店が多かった。店の前の道路には、縄の切れ端がいくらでも落ちていた。
私は荒縄でぐるぐる巻きにされ、さらに電信柱に縛りつけられた。

電信柱も現在のようなコンクリート製とか、金属製のものではない。節やコブや割れ目のある木製の素朴な形の電柱である。

私がいまでも木の柱に執着するのは、このときの原風景が忘れられないからかもしれない。

電信柱に縛りつけられて、私はもがいた。拘束感によるあまずっぱいようなかなしみと、縄の摩擦による刺激に全身が包まれた。

肩をゆすってもがくと、縄がいっそう腕や胸に食いこみ、気持ちよかった。はっきりとした快感があった。

自分が縛られる前に、悪漢役の仲間を、そのときは探偵役の私も手伝って縛ったのだが、なんの快感もなかった。

縛る役のときは快感などなく、縛られる役のほうが気持ちよかった。そして私のペニスは硬直していた。硬直といっても、このときの私は、やはりまだ小四か小五だったろう。ペニスにしても当然その年齢の大きさのはずである。

それでも硬直し、勃起した。手に触れて確かめなくても、自分のペニスが硬直しているのを、はっきりと自覚していた。

ただし、縄で縛られることによる快感と、ペニスの硬直とのあいだに、どういう関連があり、因果関係があるのか、わからなかった(じつはいまでもわからない)。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション1「悲願」(不二企画)


品番:KC-01
発売:2010年06月24日
収録時間:91分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用していのイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

webちくま「東京右半分 都築響一」右半分怪人伝1 縄一代・濡木痴夢男 前編

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |