本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE March 2011
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
「ぼく、だめなんだよ。
またいま、自涜をしてきてしまった。
便所の中へ入ると、かならず自涜したくなるんだ。
やってはいけない、と思っても、誘惑に負けて、
がまんできずに手がのびて、
前のほうを握ってしまうんだ」

私に「自涜(じとく)」という言葉をおしえたのは、商業高校で一年先輩の、三上という少年だった。

いまだから客観的に「少年」と言えるのだが、たった一つか二つだけの年上ではあっても、当時十二歳の私にとっては、三上はもう立派な大人に見えた。

「自涜」というのは、旺文社の国語辞典によれば、
「手淫(しゅいん)・オナニー」
のことである。

ちなみに、私の手元の岩波の国語辞典には「自涜」は載っていない。もう死語になっているということか。

「自涜」は消滅しているが、岩波のほうにも「自慰」は載っていて、
「1、みずからを慰めること。2、しゅいん(手淫)」
とある。

いまは「オナニー」が一般的(?)だが、私などの若い時分には「マスターベーション」と呼ばれることが多かった。それ以前は「せんずり」である。

ま、こんなことはどうでもいい。
三上という不潔な先輩のことを書かねばならない。



彼と私が知り合ったのは、入学式の日だった。
式が終わり、校門のほうにぞろぞろ歩いていく私たち新入生を、この学校の先輩たちが校庭の隅にたむろして待ちかまえていて、

「おい、教科書売るよ、試験の出るとこ買いてある教科書、安く売るよ」

口々に声をかけるのだ。

いまは平和ボケ、ぜいたくボケ、飲食ボケの世の中になってしまったが、アメリカとの戦争が始まって、日常の物資も欠乏していく時代に突入していた。
教科書も新しいものは不足し、先輩が一年間使ったものを新入生に安くゆずり渡すという制度みたいな習慣ができあがっていたのだ。

その日、声をかけられるまで、私にとって三上は見知らぬ先輩だった。

「ねえ、きみ、ちょっと見てごらん。試験の出るところ、他のやつらよりこまかく書き込んであるんだよ。便利だろ。よけいな勉強しなくていいんだよ」

私に接近してきた三上は、私の顔の前で五、六冊の教科書をつぎつぎにひろげ、鉛筆でぎっしりと書き込んであるページを示した。

口のきき方はていねいだったけど、三上の顔はニキビだらけで、その赤紫色にふくれたニキビの粒の一つ一つに臭気がして、初対面から不潔な感じがした。

だが、その古い教科書の値段はたしかに安く、ページへの書き込みもていねいなように思えて、押しつけられた教科書の全冊を買ってしまった。

それだけの関係だったのに、その後も学校の内外で彼はひんぱんに私につきまとってきた。
あまり人のこない校庭の片隅に私を誘うと、暗い表情とぼそぼそした低い声で、ささやくように私の耳に言うのだ。

「ぼく、だめなんだよ。またいま、自涜をしてきてしまった。便所の中へ入ると、かならず自涜したくなるんだ。やってはいけない、と思っても、誘惑に負けて、がまんできずに手がのびて、前のほうを握ってしまうんだ」

ジトク、という彼の言葉の意味が、最初私にはわからなかった。
だが、やがてわかった。
自涜とは、時分を涜(けが)す、ということだ。

小学校(当時は国民学校といった)を終えたばかりの十二歳の後輩にむかって、この先輩は何を言うのか、と私は怯えと軽蔑の目で彼のニキビ面を見た。

だが、彼の表情には、私をからかったり、バカにしているような気配はなかった。
彼は、自分が溺れ込んでいる自涜の「悪癖」から脱しようと、まじめに悩んでいるのだった。
その悩みを、年下の後輩に訴えることによって「悪癖」から逃れようともがいているのだった。
彼がまじめになればなるほど、彼の顔のニキビが赤紫色にふくれあがり、数も増え、臭気も強くなるのだった。

「ぼく、どうしてもやめられないんだよ。どうしたらこの悪癖を断つことができるだろうか」

どんなに苦悩の表情で訴えられても、「自涜」の経験もまだ浅く、性欲というものの実体もよくわからない少年の私には返事することができない。



そうなのだ、結果的には、私は、この三上という学校での先輩から、こんな屈折した形で、「自涜」つまりオナニーという、男子一生の行為を教わったのだ。
いや、教わったというより、彼の苦悩に充ちた告白によって導かれた、といったほうが正確かもしれない。

私がオナニーという行為を始めたのは、いつだったかはっきりした記憶はない。
だが、三上の告白の内容を、ある程度は理解していたのだから、このときすでに知っていたにちがいない。知っていたとは、実行していたということである。

ただし、私がやるオナニーの場合、断片的に三上が訴えていたように、女性の肉体とか、性器そのものを思い浮かべながらの行為ではない。

いま思うと、私自身でさえ奇異に思えるのだが、私が空想あるいは妄想するのは、女性の性器ではなく、「縛」という一字であった。

女性の肉体から離れて、「縛」という一時を見ることによって、あるいは思い浮かべることによって、私は興奮し、そして、ペニスを勃起させるのである。

勃起させようと思って「縛」という字を思うのではなく、新聞紙上とか雑誌とかで「縛」という活字を見ると、とたんに勃起してしまうのである。

なのでオナニーするとき、女性を思い浮かべる必要はないのである。
これは一体、どういうことなのだろうか。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション1「悲願」(不二企画)


品番:KC-01
発売:2010年06月24日
収録時間:91分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用していのイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

webちくま「東京右半分 都築響一」右半分怪人伝1 縄一代・濡木痴夢男
前編>>>中編>>>後編

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |