女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE September 2009
「あぶらいふ」厳選新連載開始!
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
写真=枷井克哉

縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
でも、でもね、落花さん。
あなたのそういう幼さを、私は、
ものたりないなどとは思っていない。
あきらかに、これは、いまの落花さんの、まぎれもない「フェラ」なのだ。
純粋で、ひたむきな、他のだれにも真似することのできない、
落花さんの魅力あふれるフェラなのだ。


落花さんのような、若く美しい女性が、なぜ私のような古びた人間の前に、このように、肉体のすべてを投げ出してしまうのか、その彼女の心が、私にはわからない。

いや、わからないというのは、ウソだ。
ここではウソを書くのはやめよう。

私にはわかっている。彼女の心が、一〇〇パーセントはわからないにしても、九五パーセントくらいはわかっているつもりだ。
それがわからなかったら、彼女に対して、こんなにもずうずうしく、恥知らずで大胆な性行為ができるはずはない。
三十歳前の、誰もが美しいと認める女性に対し、私のような八十歳直前の、醜く腹をつき出した、足の短い男が、なんたることか自信たっぷりに、ひどいもてあそび方の、その行為にふけるのだ。
nureki2-01.jpg nureki2-03.jpg
nureki2-04.jpg nureki2-001.jpg
nureki2-05.jpg nureki2-06.jpg


(私は、私の肉体の醜さを承知している。自認している。これは私が謙遜して言っているのではない。私は傲慢な性格である。自分を控えめに言ったり書いたりはしない。じつはいま、己の醜怪さを確認して、すこし落ち込んでいるところだ。すこしばかりだが、私は演劇活動をしている。つい先日、或る立派なホールの舞台に、俳優として出演した。その模様がビデオ映像に撮られ、一昨夜、試写会なるものがあった。私は自分の姿の醜さが増していることにおどろいた。とくに喉から上、つまり顔に老化が現われている。しまりがなく、ブヨブヨになっている。つまり、俳優である私に与えられたのは、そういう醜い姿態でもつとまる役なのだ。人間だれだって、うぬぼれというものがある。私はもうすこし、マシな「男」だと思っていたのだが……愕然となった)

いや、誤解しないでいただきたい。
男であることをすててしまったようなグロテスクな姿形の人間を、とくに偏愛するような趣味は、落花さんにはない(と思う)。
そういうところでは、きわめて、まともである(まともだと思う)。
ただ、落花さんという人は、いってみれば、外見よりも、その人間の中身のほうを尊重する性格のように思う。

ああ、またこんなうぬぼれを言ってしまった。この傲慢さ。

でも、どうか、どうかゆるしていただきたい。この「うぬぼれ」がないと、この「快楽遺書」は書きつづけることができないのだ。
私はこの「うぬぼれ心」を、「うぬぼれ」だとわかっている。承知している。
この「うぬぼれ心」をさらけ出しておかないと、若く美しい女性の心身を、八十歳を目前にした男が自由気ままに、欲しいがままにしていることをいくら書いたところで、だれにも信じてもらえない。

彼女は、私が欲情を抱いたときには、いつでも、どんなときにも、私に縛られてくれる。左右の手首を高々と背中に、厳しく縛られた上に、勃起した私のものを、ためらいもなく、口の中に入れて、つまり、しゃぶってくれる。

イヤイヤしゃぶるのではなく、せいいっぱいの心をこめて、口の中で、いろいろともてあそんでくれるのだ。

それはもちろん、私の「心」に、きわめて強い快楽を与えてくれる行為である。

だが、はっきり書いてしまうことにする。
落花さんは私の書くこの文章を読んでくれている。だれよりも熱心にこの文章を読んでくれる。
だから、こういうことを本当は、書きたくないのだが、私は書かなければならない。

彼女のしゃぶり方は、テクニックとしては、幼いのだ。ああ、ごめんなさい。こんなことを書いてはいけない。申しわけない。
だけれども、書く。

こういうことをだまっていて、いいことぱかりを書きつらねていると、リアリティが失われてしまうような気がするのだ。それを恐れる。作家魂というやつか。泥棒にも三分の理あり。私如き三文文士にも、このくらいの魂の持ち合わせはある。
彼女のいいところばかり書き並べていると、死にかけている老人の、単なる妄想になってしまう。この文章を書き始めた意義がないではないか。

でも、でもね、落花さん。

あなたのそういう幼さを、私は、ものたりないなどとは思っていない。
けっして、不満などとは感じていない。本当だ。
逆に、いまのあなたが、この種のテクニックを、妙に心得ているとしたら、私はそのことに失望するかもしれない。いや、失望するに決まっている。

あきらかに、これは、いまの落花さんの、まぎれもない「フェラ」なのだ。
純粋で、ひたむきな、たどたどしい、他のだれにも真似することのできない、落花さんの魅力あふれるフェラなのだ。

ああ、私は涙が出てくる。

私のような男のものを口の中いっぱいにふくみ、私が腰を引いて離れるまで、素直に、忠実に、休むことなく、しゃぶりつづける彼女の心意気に。

私は、私への、せいいっぱいの彼女の「奉仕」を感じる。いや、これは失言だった。
彼女の心の中には「奉仕」などという、通俗的な、うす汚く世間に流通している、腐ったような言葉はない。もちろん、意識もない。あるのは、私と快楽を共有しようという心遣いだけだと思う。

私もまた、そんな「奉仕」をされるのは、好きではない。はっきりいえば嫌いである。

(続く)

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |