本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE November 2009
「あぶらいふ」厳選新連載!
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
写真=枷井克哉

縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私はバッグの中から黒い綿ロープを取り出し、
彼女の両手首を背後にねじり上げる。
彼女の左右の手首を、
黒いロープで一つにして縛り上げるときの快楽は無上のものである。
彼女との会話同様、これも即セックスである。
セックス行為以外の何物でもない。


浅草にいったときはここ、ときめている「幸和」は、客室の案内板のすべてが消えていた。つまり、満室だった。
窓口の向こう側の、顔だけしか見せない中年女性が、おだやかな上品な声で、

「すみません。またお越しくださいませ」

と言って頭を下げた。

「日曜日だからね。仕方ないよね。だけど、まだ昼間だというのに、みなさん、すごいな。ね、すごいね」

と私は言って落花さんをうながし、すぐに外の道路へ出た。

べつのラブホを探した。
「幸和」の近くの同じ道沿いに「Will」という、それらしい白っぽい建物の入り口があった。

「ここでいいや」

中身の濃いこってりした芝居とショーを三時間半も観つづけて、私の脳味噌は疲れていた。身体も疲れていた。
自動ドアを踏み、その建物の中へ入った。
すぐに案内板を見た。

十二、三ある客室のうち、三部屋ほどに照明がついていた。
私は窓口の女性にむかって、客室の番号を言った。

「ショートですか、時間ですか、お泊まりですか?」

 と、事務的な口調で、彼女はきいた。

「えっ、ショートなんてあるの?」
「ショートは一時間で、時間は三時間です」

と、顔だけしか見えない女性は教えてくれた。

「三時間たったら出ます」

私は鍵をもらい、落花さんと一緒に、鼻のつかえそうなせまいエレベーターに乗り、三階へ上がった。

おそろしくせまい部屋だった。
壁際にセミダブルのベッドが置かれ、足もとの密着するような位置にテレビ台がある。
よく見ると、ベッドの寸法も、ふつうよりだいぶ短い。ベッド全体のサイズが小さいように思えた。

テレビ台の裏側にわずかばかりの空間があり、コーヒーと緑茶と茶碗のセットが置かれてある。スイッチを入れると、ポットの中の水は湯になる。

浴室もトイレも極端にせまい。せまいというより、小さいという感覚である。
この数年間、落花さんと一緒にずいぶんあちこちのラブホテルを体験してきたが、これほどコンパクトに何もかもが凝縮されて設備された部屋は初めてだった。

ビジネスホテルのシングルルームよりもせまい。いつも使っている「幸和」の部屋の十分の一の広さしかない感じである。

(なるほど。これがショートタイム用の部屋か)

一組の男女が入室と同時に下半身だけ露出して、女は足をひろげ、男はそこへ挿入し、射精して終了。風呂へ入って出て行くだけの部屋。まさしくショートルーム。
私と落花さんはゆっくりと長い時間をかけて会話する。この会話が、即セックスである。二時間でも三時間でもとめどなくつづく。

だが、もちろん会話だけではない。

「それはぬいだほうがいいよ。埃がつくと黒は目立つよ」

と私は言った。彼女は黒いセーターを着ている。
恥ずかしがって、彼女は「いいえ」と言った。

「駄目だよ、ぬぎなさい。埃がつくと、あとで困るから」

かさねて私は言った。

服をぬぐ空間がない。彼女は浴室へ入り、そこでセーターをぬいだ。

私はバッグの中から黒い綿ロープを取り出し、彼女の両手首を背後にねじり上げる。
彼女の左右の手首を、黒いロープで一つにして縛りあげるときの快楽は無上のものである。彼女との会話同様、これも即セックスである。セックス行為以外の何物でもない。

彼女の指先から手首、ひじにかけての形と色と香りは、魔物のような透明感があり、妖しく美しい。美しいからセクシーである。

私は落花さんの手首と腕のおかげで、手首と腕フェチシストになってしまった。

私に「手首」という詩がある。
だれの手首でもない、これは落花さんの手首の美しさを書いた詩である。十行ほどの詩だから、ここに書き写してみる。

あなたの手首の
かすかに浮き上がっている筋の合い間に
美しい夜の湖が見える

湖には白い帆のヨットがゆれている
夜のなかで 水はなめらかに光り

帆柱にもたれて
あなたは笑っている

後ろ手、高手小手。手首が首筋に達するまで、ぐいぐい引き絞る。彼女は抵抗しない。
縛っている途中で、彼女はいつものように失神状態になり、身体の均衡を失ってベッドの上に倒れこんでしまう。

このときの彼女の姿態が、いかに強烈で挑発的なセックスアピールを示しているか、彼女は当然気がついていない。

私は彼女の身体にのしかかる。両手で彼女の顔をはさみ、支える。そして仰向かせると、唇を吸う。つよく吸う。びゅうびゅう吸う。口の中へ舌をさしこむ。彼女の舌に私の舌をからませ、なおも吸う。私は勃起する。

(続く)

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |