女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
写真=枷井克哉

THE ABLIFE December 2009
「あぶらいふ」厳選連載!
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私は、いい年をして、「縛り」の世界に五十年もいて、
なんという愚かな男なのだろう。
彼女は、縛られることが恥ずかしいから失神してしまうのだ。
失神してしまえば、意識の中から、羞恥心は遠のく。
縛られるという恥ずかしさは、とても正気では耐えられない。
だから失神してしまう。


落花さんとは、ほとんど毎日、毎夜、電話でしゃべり合っている。
電話をかけてくるのは、たいてい彼女のほうからである。
彼女は一つのオフィスの経営をまかされている責任者なので、一日の時間のすべてを自分のために使えるという環境にない。
私のほうは一日二十四時間、すべて私のものだ。自分の意志のままに、自由に使える。
なので、落花さんのほうの時間が自由に使えるときだけ、彼女から私へ電話してくる。
彼女のオフィスへ、こちらからなるべく電話をかけないようにしている。彼女の仕事の邪魔になるからである。

きのうの夜、彼女からの電話は、長いものになった。
私がこんなことを言い出したからである。

「ねえ、あなたは、私が縛るとき、どうしてあんなふうに、いきなり失神してしまうの? あなたは私の縄に慣れるということはないのかね?」

これは以前から何度もくり返しててる質問であり、しかし彼女から明確な答が返ってきたことはない。
私はいつもふしぎに思い、彼女が答えられないのを知りつつ、ついまた聞いてしまうのだ。

私が彼女の左手首をつかんで背中へねじりあげ、つぎに右手首をつかんでねじりあげると、そのときすでに、彼女の体は力を失ってグニャグニャになってしまうのである。

せめて縄を、手首から胸にかけるときまでは、上半身をまっすぐにしていてもらいたい。そうでないと、第一、縛りにくくて仕方がないのだ。

このことは、三年前に、はじめて彼女とこういう「縄」の関係になったときからなのである。
だから、いまさらおたがいに口にすることではないのだが、私のほうが、つい言い出してしまうのだ。

私が質問しても、彼女は答えない。
答えられないことを承知していても、私はつい聞いてしまう。

きのうの夜の電話のときでも、おしゃべりが一時間を経過したころ、ついまた私は聞いてしまった。
彼女はいつものように、明るい色気のある笑い声で、巧妙に、その質問をはぐらかす。
こんな私と彼女の長電話は、しかし第三者の耳には、たあいのない「痴話」としか聞こえないだろう。

その「痴話」の時間を楽しんでいるうち、私は、ハッと気がついた。
いや、ハッとではなく、フッと気がついた。
ハッとでも、フッとでも大差ないが、とにかくそんな感じで気がついた。

ああ、そうか。そうだったのか。
そういうわけか。
そうにちがいない。

私は、いい年をして、「縛り」の世界に五十年もいて、なんという愚かな男なのだろう。
そうなのだ。彼女は、縛られることが恥ずかしいから失神してしまうのだ。
失神してしまえば、意識の中から、羞恥心は遠のく。
縛られるという恥ずかしさは、とても正気では耐えられない。
だから失神してしまう。

失神して、縛られているのは自分でも、自分ではないふりをしてしまう。
縛られているのは自分ではないのだから、どんな恥ずかしいことをされても、どんなに淫らな屈辱的なことをされても仕方がない……。

ああ、こんな簡単な彼女の心の中が、どうして私に読めなかったのだろう。
あるいは、読めていたにもかかわらず、わからないふりをして、

「ねえ、どうして縛る前から失神してしまうの? そんなに気持ちいいのかね?」

などとくり返し言って、無意識のうちに、私は「痴話」を楽しんでいたのかもしれない。
だとしたら、なんといういやらしい男なのだろう、私は。

そしてまた、私は考える。
彼女が失神状態になってしまうからこそ、私もまた、密室の中で彼女を縛り、彼女と二人きりでいるという羞恥に耐えられるのではないか。

私もまた、羞恥する人間なのだ。
私はやっといま、このことに気づいたのだ。ああ、なんというマヌケな話だ。

私は彼女の下半身を裸にする。

「ああ、ああ、きれいだ、なんてきれいなお尻なんだ!」

さらけだした彼女の尻をみて私は感嘆し、両手でなでたり、さすったりする。
がまんできなくなって、私もまた下半身を裸にしてしまう。

私は彼女の尻を左手でさすりながら、自慰行為を始める。
尻肉の合わせ目に、彼女の性器がつつましく存在する。手の指をもぐらせれば、すぐそこに触れられる。

だが私は、彼女の美しい尻を撫でながら、自慰行為にふける。

これが、無上の快楽なのだ。そして頂上をきわめ、果てるのだ。彼女は失神している。だから私は、こういう恥ずかしいが、最高の快楽を味わうことができるのだ。

(続く)

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |