本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE February 2012
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――

 | 
私が舞台ではなく、客席にすわっていて、
つまりこの芝居を観る側にいたとしたら、
このシーンを観て激しく興奮しただろうと思う。
役人に引かれていく哀れな百姓娘の、わずかな一分間のシーンに、
客席の私は血が熱くなるほど興奮し、たちまち勃起し、
周囲の状況によっては、自慰行為に及んでいただろうと思う。

男の一生のうちで、最も感受性がつよく、性欲が盛んな十代後半の時代に、私は毎日舞台へ出て、縄で縛られた女優を引いていく役を演じていたが、そのときに興奮した記憶は一度もない。
これは、ほんとのことである。
「遺書」と名づけたこういう文章の中で、いまさら気どったり、ウソをつこうとは思わない。

その芝居はセルバンテスの『ドン・キホーテ』であり、おもに小中学生を団体客に迎えて演じるものであった。当時の呼び名でいうと「移動演劇」である。
進行する劇の途中で、縛られた女が登場するからといって、もちろんそういうシーンを売り物にしている芝居ではない。
SMという言葉すらない時代である。

権力者に仕える下っ端役人というのが、そのときの私の役であり、年貢の納められない貧しい百姓娘に扮した女優を、地方公演の一年間に、計五百回以上も縛った。
が、その佐々木洋子という女優(二十歳前後だったと思う)も、毎日二回ずつ、三回公演のときには、一日に三回私に縛られていても、どうという反応もなかった。
舞台に出ているのは、一分間か、せいぜい二分間ていどの短い時間である。
ドン・キホーテと、従者のサンチョ・パンサの前を、ただ通りすぎていく通行人みたいな役なのである。
いくら毎日私に縛られているからといって、彼女が何かを感じることなんて、あろうはずがなかった。
舞台へ出る前に、袖幕のかげで縛ってから縄尻をつかんで彼女を引き立てる私のほうも何も感じない。
ただ台本に書かれているとおりに演じていただけである。

だが(ここが肝心のところなのだが)私が舞台ではなく、客席にすわっていて、つまりこの芝居を観る側にいたとしたら、このシーンを観て激しく興奮しただろうと思う。
役人に引かれていく哀れな百姓娘の、わずかな一分間のシーンに、客席の私は血が熱くなるほど興奮し、たちまち勃起し、周囲の状況によっては、自慰行為に及んでいただろうと思う(自分の手で女を縛って興奮するよりも、自分以外の他人が女を縛っているのを距離をおいて眺めているほうが、より強度の刺激をうけるというマニアが意外に多く存在することを、あとになって私は知った)。



この時から一、二年後、私は東京都内の軽演劇を上演している劇場に通い、ステージで女が縛られているシーンが少しでもあると、それを観ながら客席の隅で自慰行為にふけった。

映画館とちがって、実演劇場の客席は暗くならず、敗戦直後の椅子は粗末な木造で、すぐにガタガタ揺れる。
そういう椅子にすわって恥ずかしい行為に及ぶのは冒険だったが、二十歳前の旺盛な欲望をおさえきれず、となりの客の気配に神経を遣いながらやった。

客席が満員のときは、通路の側にある壁によりかかって、立ったまま右手を動かしてやった。左手に上着や鞄を持ち、それを隠した。
つまり、上手通路側際の壁に右上半身をもたせかけて、右手を使うのだ。
視界の左側は、すべて客席である。私の右手の動きは、客席からは見えない。

立ったままで射精する。その瞬間の快感に、がくんがくんと膝が折れそうになる。頭の中が真ッ白になって、目が見えなくなる(放出したあとの始末まで書こうと思ったが、露悪にすぎるかもしれないので、それはやめた)。

だがしかし、そんな軽演劇の中に、女が縛られるシーンなど、めったにあるものではなかった。
比較的多いのは、浅草のヌード劇場でストリップの合間にやる短い軽演劇やコントの中に、お目あてのものがときどき登場した。

が、それらのほとんどは下品な、ふざけたもので、私が望むシーンには、はるかに遠かった。縛りそのものも当然きわめていい加減で、私は失望を繰り返していた。

不満ではあったが、スクリーンに映写されるモノクロの幻影とちがって、たとえだらしのない縛りにしても、ナマの女性が体に縄をまとってくれるのである。
縛りのゆるさは、私の妄想で補うことにして、私は根気よく都内の軽演劇やストリップの劇場へ通った。

この時期は前述のように、同時に映画館にも通っていたので、客席でスクリーンとナマの女体を眺めながら、私はウッ屈した欲情を噴出させていたのだ。



それから二十数年後、私はいわゆる「SMビデオ」の撮影現場で「縛り係」を仕事とするようになった。
何度かロケでヌード劇場を借りての撮影があった。開演前の劇場内を使わせてもらうのだが、誰もいない客席のシートに、おびただしい量の自慰の痕跡を見て、唖然としたことがあった。

もちろんそれは乾ききっているものだったが、数百人、いや数千人の快楽の果ての証拠が歴然としみついている光景は、壮観であり、凄惨であった。

一つ一つのシートに、まんぺんなく重なり合ってしみついているそれらのほとんどは、縄とか縛りとは無関係に、ステージで演じられるヌード嬢たちの、ノーマルなエロティシズムを楽しみながらの行為の結果に違いなかった。
たとえ単純でノーマルなエロティシズムにしても、客席でのひそかな自慰は、実際に女性の肉体を抱いての直接性行為よりも、快感度においては、あるいは豊かでぜいたくなものだったような気がする。
客席にいる一人一人の脳の中には、それぞれにちがった妄想があり、その妄想力がフルに働いて、女性を抱いての単純摩擦行為よりも、ロマンティックな物語に色どられた多彩な快楽があったにちがいないと思うからである。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション1「悲願」(不二企画)


品番:KC-01
発売:2010年06月24日
収録時間:91分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用しているイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

風俗資料館

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |