本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE November 2012
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私は両足を投げ出した形ですわった。
短パンがまくれあがり、
太腿が露出した。
「どうです、ぼくの足、きれいでしょう、
すべすべしてるでしょう、さわってごらん」
と、私は彼女に言った。
私の太腿は彼女の膝のすぐ前にある。

前回この町へ来たときに、こんどここで会うときはこの店で待ち合わせようと言って約束したその駅前のパン屋を兼ねたカフェは、いざ入ってみると思ったよりせまく、椅子やテーブルの配置が粗雑で、とてもおちついてコーヒーを飲める気分になれない。

彼女と約束した時刻は正午だが、まだ十一時をすぎたばかり。見回したが他に適当な喫茶店はない。
仕方がないので、駅の裏側の通りに出て、イトーヨーカ堂に入った。食品売り場で、五個も入っていて百九十円という安さのエンドウ豆入りの大福を売っていた。いわゆる豆大福である。つぶあんで北海道十勝産の小豆使用と記してある。
たべたいな、と思ったが、こいうものを食べているから、ますますお腹が醜く出っ張ってくるのだ、と自制して、ヨーカ堂の外へ出た。
また駅の周りをひと歩きしたが、豆大福のことが頭から離れず、結局、またヨーカ堂へもどって買ってしまった。
私はこのように意志薄弱な男である。この意志薄弱さが原因で、私は命を縮めることになるだろう(もう十分に生きたから、それでもいいか)。

駅の改札口を出て数歩離れたところにある栃錦の立体像に寄りかかり、その豆大福を立ったままたべはじめた。
口のまわりが白い粉だらけになったら、彼女に見られたとき恥ずかしいな、と思い、注意しながらたべた。

正午五分前に、彼女はホームから下りてきて改札口に姿を現わした。

すぐに私をみつけて離れた位置から微笑する。みつけるのが早い。
そういえば、約束した場所に私がいないときでも、彼女はいつもすばやく私の姿をみつける。
目玉がでかいせいだろうか。注意深い性格のせいだろうか。
私と目を合わせると、彼女は恥ずかしそうに左手の指で唇の上をおさえて笑う。私も笑う。

こういうふうな形で会い始めてから、もう六、七年にもなるが、いつもそうだ。また会えてよかった、という双方安堵の表情である。
べつべつのところで日常の時間をすごしている人間が、六年も七年も同じ気持ちのままで会いつづけ、会えたことを喜び合うなんてことは、奇跡みたいなものだ。



私と彼女は駅の建物を出て、昼間からなにやら雑然とした騒がしい空気の町のなかを歩く。

どこもかも煤けた色彩の下町ふうの商店が軒をならべ、隙間もなくつづく通りである。閉ざされている店もあれば、妙に弾んだ勢いのいい商店もある。
遠慮なくいえば私のような貧乏人には住みやすそうな町だ。戦後すぐの「闇市」の臭いをどこかに漂わせている。
立ちどまってのぞきこむと、ひどく物価が安い。どうしてこんな値段で売れるのかと、私が心配になるほど安い。

秋刀魚を焼いているような煙が軒下に這うよごれ果てた木造の建物の角を右に曲がると、私と彼女がめざしている異相のビルが現われる。

三十分後、そのビルのなかに入り、それまで着ていたものをすべて脱ぐと、私と彼女は備えつけてある衣装を身につけていた。
男女ともに、南国に茂る樹木と葉の模様が、緑とオレンジ色で大胆にデザインされている。男は半袖のシャツと短パンである。女性用はむかしはムウムウと呼ばれていた裾の長いワンピースである。

詰めれば三百人は入れると思われる絨毯敷きの大広間があり、正面には舞台があった。
そのステージで演じられる舞踏と芝居を観るために、すでに二百人以上の客が集まっていた。みんな備えつけの衣装を着ている。椅子席はない。横にも長いテーブルがあり、注文すれば飲み食いは自由である。
人間たちの熱気と、ステージ用の照明と、絨毯の下の床暖房で場内は暑いほどだった。

私は両足を投げ出した形ですわった。短パンがまくれあがり、太腿が露出した。

「どうです、ぼくの足、きれいでしょう、すべすべしてるでしょう、さわってごらん」

と、私は彼女に言った。私の太腿は彼女の膝のすぐ前にある。もちろん彼女はためらった。周囲には大勢の客の目がある。

私は彼女の手をつかみ、私の太腿にさわらせようとした。
腹の肉は突き出していて醜いが、肉のついた太腿は丸々として弾力があり、ピンク色である。

彼女は右手の指を一本出してのばし、私の太腿を突いた。

「突くんじゃないよ、ちゃんとさわるんですよ、撫でるんですよ、さあ」

と私は言った。



彼女は指一本だけをのばして、また私の太腿をちょん、ちょんと突いた。

私は彼女の手首をつかみ、引き寄せて無理やり太腿にさわらせた。

「先生の足、きれいですよ」

と笑いながら彼女は言った。

私と彼女の前には、座敷用の低いテーブルが置かれ、そのかげに隠れるようにしてそんなことをしていたのだが、後方のやや高いところから二人の女性客が見ていたので、さすがにやめた。開幕前の些細な戯れだった。

午後一時半、あばれ熨斗(のし)が勇壮に描かれた定式幕が音楽とともにあいた。

芝居を観ながら、私は、私のやや右前方にすわっている彼女の尻を撫でた。むろう着ているムウムウの上からである。

丸い、形のいい、心地よく固い尻の肉。

この丸さと固さをもつ尻は、私の理想とするところである。私の好きなカーブであり、私の望むエロティシズムを無限に秘めた尻肉の固さである。
エロティシズムとともに彼女の心情の冷徹な誠実さが、この尻肉の感触に象徴されているような気がする。そう思うといっそういとおしい。

私は撫で、さすり、うっとりする。至福のときであった。この瞬間、彼女のすべては私の手のなかにある。
撫でてもさすっても彼女は動かない。嫌がらない。逃げない。私は感動する。この人は私の好む性的快楽にすべて反応し、合わせてくれる。

二百余人の観客が舞台で踊る美男美女たちに見惚れているなかで、私は落花さんの張りのあるお尻を、ひそかに、ゆっくりと、てのひらで撫で、心ゆくまで味わっている。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション2「熱祷」(不二企画)


品番:KC-02
発売:2010年09月02日
収録時間:87分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用しているイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

風俗資料館

関連記事

ccc 緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |