Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE October 2012
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私はここでは、
でき得る限り真実のことを書こうとしている。
なにしろ、これは「遺書」なのだから。
「遺書」にウソを書いてはいけない。
私はもうすぐ八十三歳になるのですよ、八十三!
まあ、とんでもなく長生きしたものだ。

たとえば、夜(昼間のときもあるけど)女性と一緒に、店で酒を飲んでいる。
なりゆきで、私はその女性を、ラブホへ誘わなければならない状態になる(誘わなければならない、というのは妙な言い方だが、実際そういうことなのだから仕方がない)。

つまり、その女性のことをそれほど好きでもないのだが、ついつい会話がはずみ、調子にのって、そんななりゆきになったということである。

私は生来軽薄な人間であり、軽率な行動をよくとる。

そして、特殊な職業に従事してきたので、或る時期、こういう状況にたびたびぶつかった(こういう書き方をすると、モテない男性諸氏は、なにをコン畜生、勝手なことばかり書きやがって、ぶんなぐってやりてえ!とお思いになるでしょう。そう思われても仕方がない)。

恥ずかしいことだが、これは事実です。

私は、本気になって、真剣になって、女性とそういうセックスオンリーの場所へ誘ったことがない。

一緒に酒を飲んでいるこの女性に、いま誘いの言葉をかけないと失礼になるだろう、と思い、ときにはそれが一種の脅迫観念となって、つい、
「これから一緒にお風呂へ入ろうか」
と、軽い口調で誘ってしまうのである。

すると、相手はたいてい承諾する。ためらったりはしない。待ってましたとばかりに承諾する(このへんでまた読者は不快になるだろうなあ)。

でも、これは真実なのだから仕方がない。



私はここでは、でき得る限り真実のことを書こうとしている。なにしろ、これは「遺書」なのだから。「遺書」にウソを書いてはいけない。

私はもうすぐ八十三歳になるのですよ、八十三!

まあ、とんでもなく長生きしたものだ。
でも、見たところ、ヨボヨボでもなければヨレヨレにもなっていない(多少書き方がもたもたしているかもしれないけど)。

つい一週間前の私の舞台姿を、この連載の担当編集者が観にきてくれた。そのとき私は、役者として一人で五役をこなしていたのだ。

暴走バスの運転手、引退した老政治家、ピチピチの女子高生(!)、認知症の老人、アンパンマンに出てくるジャムおじさんの五役をやり、その上、白いスカートをはいて、両手にポンポンを持って踊ったのだ!

いや、ここでそんなことを威張ってみても仕方がない。

私の誘いを相手の女性が承諾し、ラブホテルへの道を並んで歩きかけたとき、私はいつも(しまった!)と後悔する。

そこから先にどういう行為があり、どういう思いをしたあとに、どういう別れがあるか、私にはもうわかっているからである。

だが、ラブホの前まで行ったら、引き返すことはできない。ただセックスするだけの密室へ入るより仕方がない。

私は彼女と一緒に風呂へ入り、湯の中で抱き合い、キスなどもして、自分は先に浴室を出て、ベッドで縄を用意して彼女を待つ(私はいつでもバッグの中に縄をひそませているのだ)。

浴室から出てきたタオル一枚腰に巻いただけの彼女を後ろ手に縛る(私と一緒にラブホに入る女性は、十人のうち九人までは、私に縄で縛られることを覚悟......いや、覚悟ではない、期待している)。

後ろ手に縛りあげた瞬間、すこしの間だけ私は興奮する。初めて縄をかける相手の場合は、さすがに新鮮な感じがする。

が、すぐに目に慣れる。

縛ることを仕事にしているので、相手が変わったところで、いまさらさほどの刺激もうけず、目に慣れるのも早い。

初めて縛った女性でも、反応にそれほどの違いがあるわけではない。
たいていはベッドの上で両足をややまげた形で横になり、目をとじて、じっとしている。

これからあとが、私にとって苦手な時間なのだ。

女を縛り終えると、私にはもう、やりたいことがなくなってしまうのだ。

そこでまあ、手をのばして、女の乳房を揉んだり、尻を撫でたり、一応の行為にとりかかる。

が、いつまでもさわっているわけにもいかない。

べつに惚れているわけでもないので、そういう擬似愛撫の行為も、すぐに飽きる。



これまでしつこく書いてきたように、私は女の股間にそれほどの執着心があるわけではない。
多くの男を狂わせる女のあの部分に対して、不潔だと思う気持ちのほうが強い。

だが、たいていの男はここでありったけの欲情を指先にこめてまさぐる。女のほうも、それを待っている、のだろうと思う。

待っている女を失望させるのも悪いと思って、私は、私もまた欲情しているのだと自分で思いこみ、指先を女のそこへのばしてみる。

ここでまた私は、私の軽薄な人間性を露出させる。つまり、
「わあ、もう濡れてる。凄いなあ、ぐちょくちょだ、べちょべちょだ!」
などと、通俗的な歓喜の声をあげてみせるのだ。すると女のほうも、
「イヤーン、エッチ! そんなことしないでェ......」
などとエロ本に書かれているような(エロ本などと軽蔑してはいけない。私もまたそういうものを書いて儲けているのだから)類型的なセリフを吐きながら尻をくねらせたりする。

くり返すが、私は女性のそういう部分で、自分の指を濡らすことが、あまり好きではないのだ。はっきり言ってしまうと、嫌いなのだ。とても不潔な感じがするのだ。

でも、そこまでこういうなりゆきできてしまったので、そのままつづけなければならない。

女がそこをびしょびしょに濡らして足をひろげてしまったら、私の愛息を挿入しないわけにはいかない。

いやだなあ、面倒だなあ、と思いながら、私は女の上になり、尻を抱えて挿入するのだ。

いやだったら立たないのではないか、とお思いだろうが、立たせようと思ったら、因果なことに、私はいつでも立つのだ。ホントです。いやだなあ、と思いながらも、立つことは立つのですよ。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション2「熱祷」(不二企画)


品番:KC-02
発売:2010年09月02日
収録時間:87分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用しているイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

風俗資料館

関連記事

ccc 緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |