ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE june 2012
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
SMの方向がしだいに露骨になり、
エスカレートしていく時代になってからは、
さらに女性性器の内部の不気味さ、
醜怪さを実感するようになる。
実感しなければ生活費がかせげないから仕方がない。

じつはきのうも或る集まりがあって、一日じゅう語り合い、笑い合い、演じ合ってきました。演じ合って、というところでおわかりでしょうが、そこは私がもう十なん年間も所属している芸能好きの人間ばかりが集まる会です。わかりやすくいってしまえば、まあ、劇団みたいな集まりです。

そこで、なにかの拍子で、私が、
「おれってさ、みんなはどう思ってるか知らないけど、本当は女嫌いなんだよ」
と言うと、みんながみんな、あきれた顔になり、
「ええッ! うッそォォォ!」
異口同音、声をそろえて言うのです。その会は女性が多いのです。

どうやら私は、女好きで通っているらしい。考えてみればその会に限らず、どこへ行っても私は「女好き」と思われている。

「女好きだから女を縛ってばかりいるのだな」
というような顔で私を見る人もいる。

「女好き」とは、いわゆる「好色人間」のことであろう。私としては、かなり意識的にそのようにふるまってきたから、そう思われることは決してイヤではない。むしろ本望といっていい。

だが、前回に書いたように、私は女性の性器そのものには、嫌悪感を持っている男性です。いまになって嫌いになったわけではなく、若いころからあまり好きではなかった(私が買春行為というものをほとんどしたことがなく、興味を抱かなかったのも、こういう性癖からきているせいだと思う)。

いや、好きとか嫌いとかいう前に、若いときには、どんなに性欲が旺盛でも、女性の性器について具体的なイメージとか、綿密な科学的な知識を持っていなかった(産婦人科や性病科の医学生ではないのだから、若いときから女性器の構造や、こまかい知識があるはずもないのだが)。

そのころはエロ雑誌などによく掲載されていた線描による性器断面図から得る知識がせいぜいである。



SM雑誌の編集にたずさわり、撮影の現場に立ち会うことが仕事となると、これはもう知識も具体性もへったくれもない、なまなましく動き呼吸する実物そのものとの対決となる。

SMの方向がしだいに露骨になり、エスカレートしていく時代になってからは、さらに女性性器の内部の不気味さ、醜怪さを実感するようになる。実感しなければ生活費がかせげないから仕方がない。

とくに赤い色のぬめぬめした肉の壁面から白濁した粘着物(透明なものももちろんあったが)が湧き出してくる動物的な生理そのもののぐちゃぐちゃ、ぶよぶよした不潔な臭気と感触には参った。

まあ、世の「健全」で、「正常」な男性たちは、そういう眺めをのぞきこんで興奮し、欲情するのだろうが、私は逆なのである。

多くの男性が欣喜雀躍し、興奮していきり立ち、欲情の極点に達するであろう、そういう性器内部のぐちゃぐちゃぬれぬれ状態の女性に対して、私はじつは不潔感を抱き、嫌悪して心を閉ざしてしまうのだ。

私が自分のことを、おそろしいイヤな男だなあ、このウソつき野郎め、と思うのは、こんなとき、撮影現場の私は、ひときわうれしそうな声を上げて、
「わあ、ぬれてるぬれてる、いいなあ、エロティックだなあ、凄いなあ、たまらないなあ!」
わめいて、スタッフ一同のムードを盛り上げることである(そうなのだ、私は生来の演技者なのですよ)。

こんな私が、自分の大切な性器を、そのぐちゃぐちゃした不潔な場所へ挿入しようと思うはずがない。そういう欲望は、あろうはずがない。

女性器の中へ挿入しようという欲望はないのだが、女性の全肉体に対する性的な欲望、すなわち、性欲はあるのです。
それは、このときの女性が縄で縛られているからです。

このへんの変態人種の欲情心理となると、いささか微妙陰微となり、健全な精神と肉体だけを持たれる正常男性の方々には理解不能になってくると思うのだが、わかってもわからなくても、とにかく書きすすめます。

つまり、女性器そのものに対しての執着はないのだけれども、性欲はある。その性欲は縛られている女性の性器以外の各部に向けられているのです。たとえば太腿だとか、お尻だとか。
乳房だとか、細くくびれたウエストだとか。足首の細さだとか、襟首の優雅さだとか。足の一本一本にも、性器に匹敵する悩ましいエロティシズムが存在するのです。

つまり、フェティシズムということになりましょうか。

縄で女体を縛るという行為も、私の場合はフェティシズムの欲望に、かなり密着してつながっているような気がする(無機物であるはずの縄そのものにも強いフェティシズムを感じるが、それは女体に関連してのイメージによるものだと思う)。



私の緊縛技術は評判がいい。
日本一、いや世界一だという人がいる。
とくに「縛り」の好きな女性たちの間で評判がいい。
女体緊縛だけを見世物にして、ヨーロッパを一周しようという計画を立てた興行師もいた。

自分でこんなことをいうのは妙なものだが、「私は縛るのがうまい」と自分で言っても、これは決して自慢にならない。むしろ、マイナスになると私は思っている。縛りがうまいというのは、社会人としては「負」の部分となる。くり返すが自慢にはならない。

なので私は、自分が職業で「縛り」をやる人間だということを、これまで必死になって隠してきた(あまりにも長い年月やってきているので、近頃では隠し切れなくなっているが)。

べつの表現をします。女性器に自分の性器を挿入したい欲望を抱く男、つまり正常の欲望を持つ男が、いくら女性緊縛の技術を身につけたとしても、縄には結局、二次的な欲情の力しかこもらない、ということです。

したがって、そういう男が女体を縛る縄には、形だけの縄、表面だけの縛りの味わいしか感じられないのです。

性器以外の女体に思慕を寄せるフェチシストの、せつない願望、せっぱつまった欲情が縄に感じられないのです。

もっとわかりやすく言ってしまえば、女と正常なセックスができない、あるいは挿入セックスを嫌う男にしか、魅力ある縛りはできないのです。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション2「熱祷」(不二企画)


品番:KC-02
発売:2010年09月02日
収録時間:87分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用しているイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

風俗資料館

関連記事

ccc 緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |