女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE july 2012
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私は自分の縛り方のテクニックを自慢しようと思って
こんなことを書いているわけではない。
こんなこと自慢にもなんにもならない。
ただ変態なだけであります。
変態はあまり自慢できない。
自慢なんかすると、いっそう変態に思われます。

前回からのつづきをいきなり書きます。
「あらすじ」みたいなものは省略して、すぐに本題に入ってしまうので、ここまでに至る私の「告白」に、とくに興味のある方は、前回の私の文章をもう一度読みかえしてください。

両手を縛って女の自由を奪っておいて、ゆっくりと足をひろげさせて自分の性器を挿入しようと思いながら縄をかける男よりも、縛ることそのものに挿入することと同じ情熱を持つ男との違いが、ここにあります。

......と、こういう説明をしても、やはりこれは、なかなか他人様には理解してもらえない情況だろうと思います。
で、もうすこしわかりやすく書きます。
ここまで書いてしまったのだから、なんとかわかってもらわねばならない。

私は、縛るだけでいいのです。満足するのです。
マニア以外の男は、縛っただけでは満足しません。縛ってから、かならず挿入するのです。挿入したいから縛るのです。
女性器の中へ、自分の勃起した性器を挿入し、摩擦したいから縛るのです。そして、摩擦のあとは、射精ということになる。

そういう挿入願望の男が「縄師」と自分で名乗って(うわさによればそういう人たちは自分の名刺に「縄師」という肩書きまで入れているという。女体を縛ることに「負」の意識しかもたない私にはとても考えられない)操作する縄には、私たちが犇(ひし)と抱くSMの「魂」というものがこもらないのは、当然のことなのです。

そういう「縄師」さんたちが扱う縄は、物質としての縄だけの役目しか果たさないのです。

縄に魂がこもらなくても、女体の自由を奪う目的さえとげれば、撮影の現場では「縄師」としての一応の役目は果たせます。
「縄師」が役目を終えたあとには、AV系のSM映像の場合は、かならず「サオ師」が登場して、縛られた女を犯します(蛇足を加えれは「サオ師」のサオというのは竿、つまりペニスのこと。いまはあまり言いませんが、以前は男優のことをそう呼んでいました)。

商業SMの場合は、もちろんこれでいいのです。あるいは、これでなければいけないのです。



私の場合は、縛ってから彼女の足をひろげて犯そうという意志も欲望もない。いいかえれば、女の肉体に巻きつける縄そのものに、私の欲情がこめられているのです。
ですから、私に縛られた女性たちが「感じる」「気持ちいい」というのは、当然といえば当然なのです。私の欲情のすべてを、肌で受けとめているのですから。

縛られる当人だけでなく、緊縛行為の「心」そして「真髄」がわかる人(つまりマニア)には、欲情に凝り固まっている私の縄に、そういう働きがあることを、客観的に見ていてよくわかる、と言います。

前回にも書いたけど、私は自分の縛り方のテクニックを自慢しようと思ってこんなことを書いているわけではない。
こんなこと自慢にもなんにもならない。ただ変態なだけであります。変態はあまり自慢できない。自慢なんかすると、いっそう変態に思われます。
変態は生活していく上において、マイナスの部分が多い。くりかえすが「負」になるばかりです。
私のやること、なすことが、常識社会の清く正しく美しい人たちの忌避に触れ、軽蔑され、嫌悪され、そしていかに弾圧されてきたか、先に発行された六冊の河出文庫の中に、私はこまかく書いておいたので、まだお読みになっていない方は、ぜひお目通しください。

いまは世の中もすこし変わってきて、あれほど嫌悪され、指弾をうけた変態性欲も、以前ほど忌避されることなく、関西のお笑い芸人たちのギャグに使われたりしているが、底流にはやはり根強い侮蔑感がある。
私などが一般常識人ばかりの集まりに行くと、中に私のことを知っている人がいて、その人の口からひそかに私の仕事を誇大宣伝され、すると好奇と侮蔑の目で見られて、後ろ指をさされることがあります。
そういうときは、いまでも非常に不快な気持ちになります。この不快感にはいまだに慣れるということがない。
でも、耐えています。実際変態なのだから仕方がないと思っています。変態性欲をテーマにした仕事を、もう六十数年間もつづけてきたのだから隠し通せるはずもない。



話が横道にそれてしまったので、元へもどさなければならない。

前回紹介した「週刊現代」の袋綴じページ「女性器(ヴァギナ)ヴァギナの最新研究」。これはほんとに不気味だった。中に「女性器の内部を潜入撮」という電子顕微鏡で見たカラーの拡大写真が数枚あって、色といい形状といい、不潔感きわまりないものだった。
この写真を見てエロティシズムを感じる人間こそ、アブノーマルではないかと私は思ったのだが(編集部としてはこういう極端露骨な女性器の写真で販売成績を上げようと思ったのでしょうけど)。

昨夜、私は、私が所属しいる劇団(前回書いたグループとはまた違う集団)の集まりに出席していたのだが、二十人ほどの中で女性が十四、五名、この女性たちのすべてが、こういう不潔で不気味な内臓を、下腹部の表面から数センチ奥の位置に備えているのかと思うと慄然とした。
それなのに私は、なんとか彼女たちのご機嫌をとり、笑わせようとして、声を出してつぎの公演の台本を読みながら、合間にエロティックなギャグを飛ばしていたのである。
そして私の即興のギャグに反応し、声をあげて笑う彼女たちを見て、満足していたのである(彼女たちは私が濡木痴夢男であることをたぶん知らない)。

私は性器を取り除いた女性の肉体は好きなのである。女好きの助平じじいと呼ばれるくらいに好きなのである。

考えてみれば、女性器内部のおどろおどろしい拡大写真と同じように、私自身の心の中も不気味で不潔な存在である。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション2「熱祷」(不二企画)


品番:KC-02
発売:2010年09月02日
収録時間:87分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用しているイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

風俗資料館

関連記事

ccc 緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |