女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
MAZI! 2018年7月号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.8(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.14(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.19(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.2(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.54(大洋図書)
よろめき 2018年6月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE August 2012
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
ここで挿入しなかったら、この女性に、
(この人、よっぽどの変態なんだわ)
と思われるかもしれない。
いや、思われるにきまってる。
知り合った最初からそう思われるのは、
いくら私でもあまり喜ばしいことではない。

ある集まりに呼ばれて、行くとする。

そこには女性も四、五人きていて、中に縄が似合いそうな人もいる。
ああこの女性を縄で縛ったら、どんなにエロティックな、いい反応を見せてくれるだろう、と思いながら観察している。
そういう邪悪(?)な下心を抱きながら、その女性を眺めている。

女性はだれでも敏感なので、こんな私の注目に、すぐに気づいてくれる。
声をかけ、つぎに二人だけで会う。
ホテルへ誘うと、たいていOKする。

こんな「モテモテ男」ぶりを書くのはずうずうしいと思うのだが、べつに自慢したいわけではなく、事実だから仕方がないのです(考えてみると、OKしそうな女性ばかり選んで誘うのだから。拒絶されないのはあたりまえなのだ)。

で、ベッドのある密室へ入り、彼女を縄で縛る。
たいていは、スリップなどの下着だけにして後ろ手にすいすい縛る。
思ったとおりの反応をする女性もいれば、そうでない女性もいる。

下着一枚だけの肌もあらわな女性を縛り、体のあちこちに触れても、私はフツーの男たちのように、カーッと欲情することはない。
相手がどんなに挑発的な、エロティックな姿態を見せてくれようとも、私はどこかでさめている。

さめているくせに、口先だけは、わあ、いいなあ、きれいだなあ、もうコーフンしてたまらない、みたいなことを言ったりする。
そういうことを言わないと、場がもたない。私はフェミニストなので、人一倍そういうセリフを口走る傾向にある。
そういうセリフを連発するのは、相手に対するエチケットであり、思いやりである。

が、その先で、ハタと困惑する。
自分はつぎに、この女の股間に、おのれの性器を挿入しなければならない、という世間の意識にとらわれてしまう。
だけど、そういうことを、私はあまりしたくないのです。



ウソだろう、したいにきまってる、かっこつけるな、などとお思いの方は、どうか前回の、前々回の、前々々回の、この「快楽遺書」を読み返してください。

読み返してくれましたか。

そうなんです。書いてあることは、本当なのです。
私はあの不気味な、グロテスクな、汚らしい、不潔な女性器の中に、自分のたいせつな性器を触れさせたくないのです。挿入したくないのです。

そういう世間一般の、常識的な、通俗的な、フツーのことをやって射精するより、後ろ手に縛られている女性の、その縄のかかっている可憐な手首をみつめて、オナニーをして、そして射精したほうが、数倍も上等の快楽に浸れるのです。妊娠させる心配もないし......。

けれども、ここからが複雑ビミョウなところで、表現するのがちょっとむずかしくなる。

こんなラブホテルにまで連れ込んで、女性をこんな格好にさせたからには、挿入しなければいけないのだ、という義務感、あるいは使命感みたいなものに、私はどうしてもとらわれてしまうのです。

相手は、男性器挿入を待っているのではないか、あるいは期待しているのではないか、という思いにとらわれると、一種の強迫観念まで湧いてくるのです。

ここで挿入しなかったら、この女性に、
(この人、よっぽどの変態なんだわ)
と思われるかもしれない。
いや、思われるにきまってる。

知り合った最初からそう思われるのは、いくら私でもあまり喜ばしいことではない。

つまりこれは、虚栄心というやつか。
それとも自尊心か。
いやいや単なるコンプレックスか。

そこで、挿入したくもないのに、挿入することがあります。

立たないわけではない。その気になれば、ちゃんと勃起します。いつでも、どんなところでも勃起します。
官能小説にあるような、びんびん猛り狂うような、バカみたいな勃起状態ではありませんけど、まあ、フツーに立ちます。

欲望の対象として女性器が絶対ではないので、いささか遅漏かもしれませんが、フツーに射精します。女性のほうも、まあ、フツーの反応をしてくれます。

妊娠させてしまうと、あとが面倒なので、いざというとき私は膣外射精をします。この瞬間の動作は的確で、かなり機敏です。コンドームはあまり好きではありません。



まあ、こんななりゆきで一件落着となり、やがてこの女性は、私の関係しているグループ(つまり当時の緊美研です)のモデルになってくれます。

そうでした。私が女性に声をかけ、ラブホへ誘うのは、結局は新しいモデル発掘のためなのでした。それを書くのを忘れていました。

だけど、最初に誘うときに、私は相手にモデルのことなんか全然言いません。
彼女にしてみても、この人はあたしのことを気に入ってくれたからラブホへ誘ったんだわ、くらいにしか思っていないはずです。

こういうふうにして知り合った女性は、数回モデルとしてお付き合いしたあと、いつのまにか私から離れていきます。

ノーマルなセックスがなかったから離れやすかったのか、私という男に魅力を感じなかったのか、それはわかりません。おそらくその両方でしょう。
去っていった女性に対して私は全く未練を感じない一種の欠陥人間なので、これまでモンダイがおこったことは一度もありません。

お断わりしておきますが、過去の緊美研のモデル女性たちが、すべて私とこういう関係にあったというわけではありません。誤解されると困ります。中にはこういういきさつの女性もいた、というお話です。

つまり私が今回書きたかったのは、好きな女性ができてラブホへ誘っても、私の場合、ノーマルな性行為をなるべく避けようとする男だということを説明したかったのです。

私のような緊縛マニアが、女体に対して抱く好色性というものは、こんな形が多いのではないか、そのへんのことを言いたかったのですが、納得していただけましたか?

え、納得できないって?

女がマタをひろげて待っているのに、そこへは手を触れずに、背中にかくれている女の手首を眺めてこっそりオナニーするなんて、そんな男がこの世にいるはずはないって?

ウーン、そうかァ......。

でも、わかってもらえなくても、これからもしつこく書いていきます。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション2「熱祷」(不二企画)


品番:KC-02
発売:2010年09月02日
収録時間:87分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用しているイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

風俗資料館

関連記事

ccc 緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |