ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE April 2011
実践派マニア・Mみどりが描きだす倒錯エクスタシーの極致
実の母親に人体改造を施され、生ける人形として極限まで「感覚」を削られていく女子高生の壮絶な体験。数十年に亘って自らを責め苛む工夫に情熱を注いできた実践派マゾヒストである著者が、イマジネーションの果てに辿り着いた自虐妄想のリミットとは。「私もこうされてみたい――」という激烈な思いで描かれた、他に類を見ないマニアック嗜虐フィクション! 
 
※この作品には残酷な描写が含まれており、閲覧時に不快な気分になる恐れがあります。グロテスクな描写が苦手な方や嫌悪感を感じる方は閲覧されないようご注意下さい。

 | 
【3】悪魔の歩行器

■香奈との出会い

「ところで、香奈ちゃんは?」
「香奈? もうじき帰ってくるはずだけど」
「うちの麻紀を見たら、どんな反応を示すのかしらねぇ」
「麻紀ちゃんと気が付かないかもねぇー」
「麻紀の鼻輪だけでも外しておこうかしら、香奈ちゃんにショックを与えると悪いから」

そんな会話をしているときに香奈が帰ってきた。

「香奈ちゃん、お友達の麻紀ちゃんよ、久しぶりでしょう」

香奈はあっけに取られた表情をしていた。顔に黒いシミ、というよりペイントしたような模様が描かれ、猿轡を嵌められ、閉じられない口からはよだれが流れだし、首に巻いたよだれ掛けの上に点々と染みを作り、スカートの下から金具に挟まれた足首を覗かせている少女が麻紀だとは思えなかった。

「ええっ、うそでしょうー」
「麻紀ちゃん、自殺の心配があるから口が閉じられないように器具を嵌めてあるのよ」
「……」

麻紀には、目の前に誰がいて、どんな状況になっているのか知る由もなかった。香奈は麻紀に近づき上から下まで視線をゆっくりと落としていったが、麻紀からは何の反応も返ってこなかった。

「生きているのよねぇー」

静江が香奈に気付かれないように、発信機の右側のスイッチを押すと、突然麻紀の体が右に90度動いた。

「わあっー」

香奈は数歩飛び下がった。

「生きているでしょう。私たち30分程出掛けてくるから、香奈ちゃん、うちの麻紀を見ていてもらえるかしら」
「かまわないけど……」
「なにもしなくていいから。このままにしておいてくれればいいから」

静江は、麻紀のスカートの中に手を入れ、膝の輪止めを下げ、発信機をポケットに入れたまま、香奈の母親と出掛けた。

誰もいなくなると、香奈は麻紀に話し掛けた。

「麻紀ちゃん、香奈だけどわかる?」

麻紀は立ったまま、何の反応も示さなかった。

「麻紀ちゃん、喋れないの?」

香奈は自分の言葉が麻紀に聞こえていないことに気付かなかった。その間も、麻紀の口元からは、止め処もなくよだれが流れ出て、よだれ掛けの上に落ちていった。

「麻紀ちゃん、よだれが……」

香奈はハンカチを取り出して、何度も拭いたがたちまちハンカチがよだれでベトベトになってしまった。そして10分が過ぎた頃、香奈はアンモニアの匂いが麻紀の周囲から漂ってくるのに気が付いた。麻紀は何の反応も示さなかったが、オムツの中にお漏らしをしていた。

「麻紀ちゃん、お漏らししたの?」

香奈はためらいながらも、麻紀のスカートをめくった。そこには、装具によって自由を奪われ、閉じることさえ出来ない麻紀の足が見え、さらにその奥にブルーのオムツカバーが見えた。よくみると、オムツカバーが膨らみ、紙オムツの色が変わっているのが判った。

あわてて香奈は麻紀の母親の携帯に電話をした。

「おばさま、麻紀ちゃんがお漏らししていますけど」
「そう、すぐに戻るから、そのままにしておいてね」

二人の母親は近くの児童公園にいた。そこは高速道路の脇にあり騒音が激しかったが、会話を聞かれたくない二人の母親にとっては、最良の場所だった。

「何かあったの?」
「麻紀がお漏らししたみたい」
「そうなの。香奈も自分の1カ月後の姿だなんて思ってもいないでしょうね」
「そりゃそうよ、麻紀だってお人形さんになるなんて思ってもいなかったはずだから。ゴメンね、臭くしちゃって」
「いいわよ、素敵なものを見せてもらったし、貴重な話を聞かせていただけたんだもの」
「これから夫にも見せないといけないし……1日だけの外出なので、帰らなくちゃ」
「そう、じゃ車で送って行くわ」

二人の母親が家に戻ると、アンモニアの匂いが室内に充満していて、何が起こったのかは誰にでも分かった。

「香奈ちゃん、ごめんね、臭くして……」

静江は、麻紀を連れてきたときと同じような姿にしてから、香奈の母親と共に出て行った。



■歩行器の中の麻紀

看護師のユカのところに、院長の木村から電話が掛かってきた。

「はい、わかりました。お連れいたします」

ユカは、そう返事をすると準備をはじめた。電話の内容は、麻紀を電車に乗せて連れてくるように、というものだった。車のほうが安全で早いし、便利ではあったが、院長命令なので、外出の為の指示をアレコレ出した。夕方の4時までに、麻紀を院長の所まで連れてゆかなければならなかった。

麻紀を乗せたワゴン車が、国道から十数メートル入った私鉄の人通りの少ない駅前に着いたのは、午後3時前だった。車には運転手のユミの他に、スーツ姿の看護師、ユカとアヤカ、そして麻紀が乗っていた。

「ユカ先輩、着きました。アヤカ、頑張ってね」

後部ハッチが開き、リフトが降りてきた。そこには、高さが80センチの円筒状の歩行器に収まった麻紀がいた。

歩行器の上部は麻紀のウエストと同じ高さで、麻紀のウエストを締めた革ベルトには4カ所ほど金具が付いていて、円筒状の歩行器とは、その金具で繋がっていた。麻紀が動けば歩行器の車輪も同じように動いた。

バランスの取りにくい麻紀にとっては必需品ではあったが、歩行器を見慣れていない一般の人には奇異に映り、何人もの通行人が一瞥して通り過ぎて行った。

歩行器の下部、地上15センチの位置にも円形のパイプがあり、上部の円形パイプとは3カ所で繋がっていて、麻紀が歩くのに邪魔にならない程度の空間が確保されていた。

そして下部のパイプを補強する目的で太いパイプが前後に通っていて、その中央には30センチ程のパイプが垂直に立っていた。麻紀の膝枷はそのパイプの先端に、短いロープで繋がれていた。それによって、極端な体重移動が出来なくなり、歩行器がより安定するようになっていた。

さらに左右の足首にも革枷が嵌められ、それぞれ20センチの長さの鎖で垂直に立ったパイプの根元に繋がれていた。つまり、腰、膝、足首と三重に歩行器と繋がっていた。そして黒のロングスカートが、それらすべての拘束を隠していた。

地上に降ろされると直ちにユカが歩行器の後ろに80センチ程のパイプを立てた。そのパイプの先端部分と先端から20センチほど下がった部分の2カ所に接続用の金具が付いていて、麻紀の頭部を包んでいるヘッドギアの頭頂部と首枷の後部に、その金具は取り付けられた。

つまり、麻紀の上半身も歩行器に固定されてしまい、体を前後はもちろん、左右にも動かすことは、ほとんど不可能となっていた。まっすぐ正面を向き、顔を心持ち上方に向けた姿勢しかとれなくなり、うつむいて他人の視線を避けようとすることさえ不可能となった。麻紀の醜い顔は、衆人に晒されるしかなかった。

口の中には特製の板状の猿轡が押し込まれ、左右の口元から延びたベルトが後頭部でしっかりと留められていた。外見からは、マウスピースを入れているようにしか見えなかった。

声帯を切除され、しかも奥歯に細工がされて舌を噛むことさえ出来ない麻紀には不要とさえ思われたが、舌の動きを封じ口の中一杯に広がった猿轡には、よだれを止め処もなく垂れ流させるという別の役割があった。

左の耳にはイヤホンが差し込まれ、ヘッドギアが額の刺青もイヤホンも隠していた。

たとえ麻紀の目が見えたとしても、頭が動かせない以上、自分の姿を確認することは出来なかった。首枷を隠すかのようによだれ掛けが巻かれ、首の後ろで留められた。そのよだれ掛けの裏側には、何カ所も安全ピンが付いていて、麻紀の洋服にしっかりと留めることが出来た。長さはバストが隠れるほどあり、風でよだれ掛けが舞い上がるようなことはなかった。麻紀を降ろした車が視界から消え去る頃には、はやくも麻紀の口元からよだれが落ち始めていた。

「ユカ先輩、麻紀ちゃんのよだれの出る量、多くないですか?」
「あら、気が付いた?」

ユカは、そういうとアヤカに麻紀の鼻空内を覗かせた。

鼻空内の奥が詰め物で塞がれ、口からしか呼吸は出来ないようになっていた。

「醜態をたっぷり見てもらおうと思って……いいアイデアでしょう」

「先輩って、悪魔の親戚ですよね。こんなによだれが流れ出ては、みんなが振り返って、麻紀ちゃんのこと見ますよ。それでなくても目立つのですから」
「この醜いお顔は、変えようがないし……みんなに見てもらうしかないでしょう」

調教のたまもの、と言ってしまえばそれまでなのだが、麻紀の体はユカが手にしている発信機から流れる、「右」「左」「止まれ」「進め」という音声通り動けるようになっていた。目が見えず、バランスが取りにくいので、初めは歩くことさえおっかなびっくりだったが、何時間もその状態で歩かされていると、だんだん恐怖心がなくなり、指示通り歩けるようになっていた。麻紀はマスクもサングラスも与えられず、素顔のまま電車に乗ることになった。

(続く)

関連記事

女装探求の宴「スナイパーSNS」マニア場外座談会 
ykic-p.gif
Mみどり 「おばかな写真を公開しておりますが、すべてセルフで撮ったものです。キャミと猿轡と拘束が大好きですので、趣味が合うという方がおられましたら、一声掛けてください。『奇譚クラブ』に体験小説 (カットは、室井亜砂路さん)を発表したのが、私の出発点、いえ、プチ自慢です。昔の話ですけどね」(「スナイパーSNS」Mみどり自己紹介欄より抜粋)
スナイパーSNS
 |