ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
じゃあ、どうしたら幸せになれるの!?
全国のこじらせ女子の心をわしづかみにした、雨宮まみの第二作。もてあましたくなる「女子」を語らせたら、この人!という5人を迎えての対談集。雨宮まみ+5人の女性が語る「こじらせ女子の幸せ」とは!?
 | 
確かに女は生きづらい。世の中には男たちが望む理想的な女性像というものが強固にあり、マスコミはそれに便乗する形でますます女を女の型に押し込める。ゆるふわだの、ワンピだの、細い足だのと愛される条件を突きつけ、若さと美しさだけを賞賛し、化粧をしなくても美人であることを要求し、老ければ叩き、整形すれば叩き、30過ぎて未婚なら叩き、離婚すれば叩く。
世の中に漠然と蔓延するこれら「いい女」という縛りに、一度たりとも振り回されたことがない女など、おそらくほとんど存在しないだろう。
それは、女が愛されることで幸せを感じる生き物だからであり、男は愛する女を見つけることに喜びを感じる生き物であるからだと思うのだ。
男たちが「こういう女がいい」と言えば、その条件から極力漏れないようにしようと頑張ってしまうのは、女の生存本能である。
ゆえに、女は誰しも女であることに悩んだことがあるはずなのだ。

さて本書は、普通の女の子になりそびれ、女としての自尊心を大きく損なわれた「こじらせ女子」を代表する雨宮まみが、同じように女であることに四苦八苦した経験のある女性5人と「愚痴り合ったりアドバイスを受けたり、どこを目指せばいいのか話し合ったりする」対談集だ。

最初に出てくる対談相手は、元AV女優で漫画家の峰なゆか。何で最初にこんな世間ズレしまくった人を持ってきてしまうのか、相乗効果でますます「こじらせ」を加速させてしまいそうな人選をするあたりがさすが「こじらせ女子」雨宮まみである。
峰「(略)そもそもAV女優って、まったくこじらせてないと思われてますし。」
雨宮「そうそう。どちらかというと自分のかわいさや美しさ、女性性を素直に受け入れて自信を持ってる人がやる仕事だと思われてるよね。(略)」
(本書 P19より)

という一般論の感覚からして、すでにズレている。
女性性を素直に受け入れられるほど歪みのない女性なら、結婚の対象から大きく外れるAV女優という職業は選択しないだろ、というのが一般的なイメージだと思うのだが、二人から見ると違うらしく、自らの考える一般論を否定する形で自身の過去を語りだす。
峰「地味なブスは、男が10人いたら10人無関心ですけど、勘違いしてエロい服とか着てるブスは、10人中9人からは嫌われても1人くらいはセックスしてもらえるんですよ! そのことに気がついたときは『すごい発見だ!』と思いましたね。(略)」
雨宮「(略)セックスさえできれば、勘違いの恥ずかしさなんて大したことじゃないですもんね。(略) 」
(本書 P28より)

このあたりで、「あ、私そこまでこじらせてないかも」と本を閉じてしまう読者が多いのではないかと心配になる。
いや、確かにわかるのだ。高校生にもなると、とにかくセックスって気持ちいいらしいっていう知識が入るから、恋愛は難しそうでもとりあえずセックスしてみたいと思うのはわかる。しかし、「セックスできればリア充だと思うこと自体が童貞の発想だって、最近になって気づいた。(P37)」というのはあまりにも極端だ。

そんな「こじらせ女子」雨宮まみとの対談相手は、ほかに著述家の湯山玲子、漫画家の能町みね子、元TBSアナウンサーの小島慶子、漫画家のおかざき真里と様々なタイプの女性たちである。

面白いのは、雨宮まみを筆頭に、こじらせ続行中の女性は、峰なゆか、能町みね子と20代、30代なのに対し、40歳を通過している湯山玲子、小島慶子、おかざき真里は、すでに女という縛りに悩む時代をとおりすぎて楽しく生きているところである。

パワフルに生きてきた湯山玲子は、女性らしさに関する分析も深く、ネガティブすぎる雨宮まみに対し「こんなことで女子をこじらせてどうすんの!(P60)」と説教をはじめる始末。
さらに恋愛に対するアドバイスが、
湯山「(略)自分がロマンチストだと思ってる人は、絶対海外で異文化の中で恋愛するといい。(略)」
「(略)言葉の異文化もあるけど、やっぱり宗教の異文化が最強だな。インドと中近東あたりがおすすめ。こうなったらブラジルのケチア族とかね。習俗のギャップがあるほどイイネ。」
(本書 P86より)

であり、なんだか難易度高すぎてついていけない。
さらに希望を与えることも忘れず、
湯山「30、40歳になると、周りにはどんどん経験積んだオモロい女が出てくるわけ。その中で、『なんで私が人気がない?』って悩まれてもさ、『アナタはそんなに美人でもないし、つまらない』って言うしかないよね。(略)」
(本書 P67より)

と、30代以降からの一発逆転方法を伝授してくれる。実に頼りになるお姉さんだ。

とはいえ、読後に妙な疲労感が残るのもこの本の特徴である。
雨宮まみが、いかに面倒臭くて重くてネガティブで、だけど努力して頑張ってるかを全身で叫んでいるような痛々しさを感じずにはいられないのだ。
そもそも、すでに著書を二冊も出して「こじらせ」経験を商売にしている以上、周りからの次作に対する期待がエネルギーとなって、「こじらせ」に磨きがかかってしまうのでは?と思うと、もはや読んでいるうちにお先真っ暗感が憑依してしまいそうになるのである。

いかんいかん!
こじらせ女子に共感して本書を手に取る女性は、雨宮まみの放つ波動に融合してどつぼにハマらないよう、くれぐれも気をつけてほしいものである。

文=東京ゆい

『だって、女子だもん!!: 雨宮まみ対談集(ポット出版)』著者=雨宮まみ他

著者=雨宮まみ他

価格:1300円+税
ISBN:978-4780801903
発売:2012年11月5日
出版社:ポット出版

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

『女子をこじらせて(ポット出版) 』 著者=雨宮まみ

tokyo_yui.jpg
東京ゆい 他人の人生を覗き見するのが趣味。聞き役なら、愚痴、ぼやき、自慢話、何でもこい。サブカル系と思われることが多いが、実際はサブカルをほとんど知らない。休日は動物と触れ合っていることが多い。
 | 
13.01.06更新 | レビュー  > 
文=東京ゆい |