Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
デカ乳房の五十路母(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.31(大洋図書)
街角美人妻コレクション(大洋図書)
CRAFT Vol.74(大洋図書)
3650 死刑囚小田島鐵男"モンスター"と呼ばれた殺人者との10年間(ミリオン出版)
少年は神の国に棲まう(大洋図書)
人妻覗き撮り(大洋図書)
悶えまぐわう中年女(ミリオン出版)
乱れ狂う絶頂妻DX(ミリオン出版)
giri giri Vol.20(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『東方花映塚 〜 Phantasmagoria of Flower view.』
発売元=上海アリス幻樂団
対応メディア:WIN-CD
定価:1470円
発売:2005年8月14日
2010 (C)opyright ZUN. All rights reserved.

special issue for Golden Week in 2010.
2010ゴールデンウィーク特別企画/WEBスナイパー総力特集

特集『東方Project』
序文 やっぱり東方が好き!!

同人による二次創作のみならず、商業媒体にも広がる「東方Project」の世界。その発祥はゲームながら、音楽、漫画、小説を始め、二次創作として生まれる作品群は新たな世界観を育みつつ、「東方Project」のイメージを拡大し続けています。現在では一言で説明するのが難しくなった「東方Project」。その魅力と現在も拡大し続ける作品群を紹介していく、WEBスナイパーGW特別企画!! 第一弾となる本日はまず、「東方Project」を中心としたニュースblog「星空亭」を運営する紡氏に、東方との出会いを素朴に語っていただきます。一人一人の邂逅から始まる、一つ一つの東方世界。これはすべての東方ファンのイマジネーションの彼方を目指す旅路の第一歩です。

「東方Project」は同人サークル上海アリス幻樂団様の作品です。
 | 
この企画を紹介頂いた際に書いてほしいと言われたことが「『東方Project』にはまったきっかけ」だった。てっきり、これから東方に入る人向けに概要的な説明をそれっぽく書くものかと思っていただけにやや面食らったが、しかし個人的な感想から入ったほうが導入としては確かに分かりやすいだろう。

というわけで、しばし私個人の昔語りにお付き合い頂きたい。

東方との出会いは2005年の秋口頃だろうか。大学の知人に見せてもらった花映塚が「初めて見た『東方Project』作品」になる。思い返せばそれ以前にも『Colorful PUREGIRL(株式会社ビブロス)』にて連載されていた東方香霖堂は読んでいたし、同人ショップで東方作品は目にしていたかもしれない。しかしながら、明確に「東方Project」という作品として認識したのは、この花映塚からとなる。記憶が確かならば、そこから数日もしない内に紅魔郷、妖々夢、永夜抄と続けて購入していたはずだ。

元来シューティングとは無縁だった私にとって、東方は未知の領域だった。

まず、弾幕が避けれない。easy(最も易しい難易度)ですら被弾する。3面を越えることができない(美鈴の弾幕が苦手だった)。パターン弾幕は仕組みが分からず突破できない、等々。早くもシューティングの洗礼を浴びることになる。

ここで挫けてしまい、気付けば東方はHDDの奥底に……とはならず、幸いにも継続してプレイすることができた。シューティングの基本「死んで覚える」の格言通りか、続けていく内に弾幕にも慣れていき、何とかNormalまではクリアできるようになっていった。

やや時間軸が前後するが、東方の二次創作との出会いについても触れておこう。

『東方Project』に触れたのが2005年の秋、翌年のFloweringNight2006(東方のアレンジライブイベント)には参加していたので、おそらく間の冬コミですでに東方同人誌を買っていたことになる。記憶が定かではないが、そのはずだ。その後、2006年春の第三回博麗神社例大祭から本格的に東方同人を買い漁るようになった。当時の例大祭会場は池袋サンシャインシティの一角。例大祭初参加の私にとって、オンリージャンル即売会とは思えない程の会場の熱気は衝撃的なものだった。

東方に触れるきっかけ、東方に惹かれる理由は人の数だけあるだろう。 

私自身、『東方Project』には何故ここまで惹かれたのか、いざそれを述べるとなるとどう言葉にしたものか悩んでしまう。

それは音楽だったかもしれない、キャラクターだったかもしれない、世界観だったかもしれないし、あるいはゲーム性だったかもしれない。

あるいは、それらの要素を引っくるめた「東方らしさ」とでも言うべき魅力に取り憑かれたのかもしれない。何とも漠然とした回答になってしまったが「東方が好き」という軸は今後も自分のなかでブレることはないだろう。

きっかけは些細なことだったが、それによって『東方Project』に触れることができたことを喜ばしく思う。
 
この度のWEBスナイパーの企画では、『東方Project』及びその二次創作周辺について特集されている。

詳細に関しては各記事に譲るとして、どの記事もこれから東方を知っていきたいと思う方にこそ読んでほしいものばかりである。

もし、この特集を読んで東方に興味を持ってくれたなら、また、今まで以上に東方を好きになってくれたのなら、一人の東方ファンとして望外の喜びである。

それでは、貴方に素敵な幻想郷ライフを。

文=紡

関連記事

2010春の連休特別企画
ばるぼら × 編集部〜対談:劇場版『涼宮ハルヒの消失』を振り返る
四日市 × 相馬俊樹〜対談:アニメ『聖痕のクェイサー』から学ぶおっぱいとキリスト教の秘密!!
ばるぼら x 四日市〜対談:「博麗神社例大祭」第7回 購入頒布物紹介!

関連リンク



 同人サークル「星空亭」主催。東方Project二次創作を中心に活動中。小説メインのサークルらしい。 また、即売会スタッフとしても活動している。東方作品を心の糧に日々を生きる。秘封倶楽部はもっと広まるべき
星空亭=http://hosizoratei.blog.shinobi.jp/
 | 
10.05.02更新 | 特集記事  >  東方Project
文=紡 |