女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
MERRY ART企画展【第二回】丘の上の秘宝の間~アートでできた秘宝館~ 開催!!
特選AVレビュー 『人気AV女優限定!無礼講すぎる大乱交合コン 四十路熟女編』(セレブの友)
特選AVレビュー『愛玩牝犬継承 喪色の前門肛門嬲り』(シネマジック)
特選AVレビュー『オイルボイン 競泳水着ぬるぬるエッチ 石川祐奈』(クリスタル映像)
人間の盾よろしく、もっとも弱そうな新卒みたいな職員を毎回、交渉担当として前面に押し出してくる厚生省の作戦がやばい 映画『ニッポン国VS泉南石綿村』公開中!!
特選AVレビュー『全身舐めほぐしヒーリングリップサロン/佐々木あき 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『私を犯した男が目の前で違う誰かを犯している』(BAZOOKA)
特選AVレビュー『私、脅迫されてます/優梨まいな』(光夜蝶)
特選AVレビュー『舐められざかり 河原かえで』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『旦那が観たら発狂するビデオ2』(S級素人)
特選AVレビュー『金粉縄奴隷 中里美穂』(ゴールドバグ/妄想族)
ゲームの勝ち負けの先に「負けた時に抱きしめてくれる婚約者がいることのほうが大事なのかもしれない」みたいな景色が見えてくる 映画『リビング ザ ゲーム』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【17】
特選AVレビュー『お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ... 八木あずさ』(タカラ映像)
特選AVレビュー『1日中愛に埋め尽くされたラブレズフィスト ~宮崎あやフィストレズ解禁~』(レズれ!)
特選AVレビュー『変態マゾ肛門おねだり淫語4』(クリスタル映像)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年3月号
特選AVレビュー『麗しのキャンペーンガールAGAIN 13』(HMJM)
Hajime Kinoko展『縄痕』開催-Exhibition "Rope Marks"開催!!
特選AVレビュー『慰安旅行ハプニング ずるずる乱交セックスに巻き込まれる社員の妻たち』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
超スケベなご近所ママBEST(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.34(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.11(ミリオン出版)
CRAFT Vol.76(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.15(ミリオン出版)
giri giri Vol.23(大洋図書)
俺の旅 2018年5月号(ミリオン出版)
のぞく!他人と交わり狂う妻(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
special issue for silver week 2011
2011シルバーウィーク特別企画/特集「女性向けAVの現在形」 
特集「女性向けAVの現在形」、AVレビュー編――一緒にいるだけでときめいてカラダと心が落ち着く、そんなサプリのような素敵なカレに癒されたいと彼方、騙されたと思って観てみませんか? 純真無垢な甘えん坊のカレや、生意気だけど本当はきちんと自分を見てくれているカレなど、様々なタイプのカレが仕事で疲れた彼方を癒す“‘年下男子”のオムニバスドラマです。
 | 
いったい、いったいキミたち、どんだけキスするんだっ……!? それが最初の10分間を観た率直な感想です。『恋するサプリ―年下のカレ―』は、サブタイトルの通り年下のカレとの恋愛関係を描いた3話からなるオムニバス作品。もちろん、年下と言ってもいろんな年下がいるワケで、そこはしっかりお好みに合わせた年下のカレが各種用意されているという心にくい構成になっております。

最初に登場するのはムーミン君演じる「甘えん坊な年下のカレ」。出版社勤務のライターの莉子(園田ユリア)と、ラブラブの休日を過ごす画家の悠馬(ムーミン)という設定で、寝起きから「チューしてくんないと起きない(ハート)」みたいな甘えっぷりを披露。キッチンへ行くのも、歯みがきに行くのも犬のようにあとをついてきて甘えまくり、おっぱいに顔を埋めてきます。たぶんこのへんでチューの回数が50回を越えたのではないかと思われるくらいチューしてます。

一緒にお風呂に入っていると、だんだんスイッチが入ってきてしまう2人。悠馬が莉子をバスタブの縁に座らせ、指入れながらクンニし始めます。感じてしまった莉子が、お返しをしようと悠馬を座らせると、すでにビンビンのモノがにょっきり……。「なんで笑ってるの?」「だってカワイイんだもん、反応が」なんて言いつつ、続きはベッドで昼下がりのラブラブセックスへとなだれ込みます。

甘えん坊の悠馬はベッドでも甘えん坊。「入れてよ」とおねだりしてきます。莉子が騎乗位でゆっくり挿入し、動き始め、だんだん快感に夢中になり、大胆な腰遣いになっていきます。悠馬もそれを見てたまらなくなったのか、正常位で激しく腰を遣ってきます。

女性向けAVで男性向けと違うのは、こういうシーンで快感をこらえる男の顔を映すこと。気持ち良くてたまらない、っていう顔を撮ってあるんですね。なんとなくこういうの見慣れてないんで、急に観ちゃうとなんだか恥ずかしくて思わず目をそらしてしまいそうになるんですが、確かにちょっと、薄目を開けて観たくなるもんでは、ありますよねぇ……。

2話目はだらしないOLの香織(倉木みお)と、しっかり者の颯太(月野帯人)の同棲カップル。酔っぱらっては服のまま寝てしまい、朝は寝坊していつも朝食は作ってもらうばっかり。しかも颯太の作るオムレツは絶品。そんな幸せな状況の中で香織は「なんでこんなしっかり者のイイ男が、私なんかとつきあってくれてるんだろう?」と不安を感じ始めます。

ある日、仕事のミスで落ち込んでいた香織は、いつものように優しくしてくれる颯太に「あたしのほうが年上なのに、全然ダメだね、ごめんね」とつい本音をポロリ。すると颯太は「なんで謝るの? いいんだよ、香織さんはオレの前でだけダメでいて」。あ、あの……ごめん泣いてもいいですか? 架空のセリフとはいえ泣かずにいられない! 画面が涙でかすんで思わず一時停止ボタンを押して涙を拭きました。こんなキザセリフに泣かされるなんて、どんだけ簡単な女なんだ!と思いますけど、心が求めてるんですよね、ウソでもいいから優しいセリフを……。

優しく服を脱がせ、月明かりの中でしっとりとしたセックス。キスしながら男性器を愛撫したり、コンドームをつけるシーンがあったり、激しすぎない普通の恋人同士のセックスが描かれます。「チューして」と甘えたり、「好きだよ」「あたしも」……パンパンパンパン! みたいな感じで盛り上がっておりました。

3話目は仕事も家庭も、とがんばったのにバツイチになってしまったキャリアウーマン・佐々木遥(森ななこ)と、見た目はカッコいいのに口の悪〜い部下の佐藤(一徹)の2人。会社でボーッとしている遥を見ては「離婚ボケですか?」「怒るとシワ増えますよ」とキツ〜い一言を投げてくる佐藤だが、何を思ったか遥を食事に誘ってくる。一瞬ドキドキした遥だったが、仕事が山積みで結局残業することに。一人で黙々と仕事をしていると、佐藤がビールを差し入れてきて「佐々木さん人に仕事振るのヘタすぎですよ」とさらにダメ出し。「佐々木さん、一人で突っ走るし、夢中になると周りが見えなくなるし、要領悪いし……そんなだからダンナさんに逃げられちゃうんですよ?」と、キツいながらも「あれっ? もしかしてすごく観察してる?」と思える、なんかこうラブの気配がする一言が。シルクラボはほんとこういう、ありそうでないようなかゆいところに手が届くキザなセリフを出してくるのが上手い!

酔っぱらった遥をおぶって家まで送った佐藤は、強引に家に上がり込み、2人はいい雰囲気に。つい気を許して本音を語る遥に「僕は本気ですよ」と真剣に迫ります。それまで抑えていた思いが溢れたかのように、キスしながらもどかしげにネクタイを外す佐藤。これが萌えポイントなんですよね、血を吐きそうなほどよくわかります! 普段は部下のクセに、ベッドでは(ソファですけど)意外に強引で恥ずかしがっても許してくれず、ネチっこく責めていくのがたまりません。

……と、見終えてみると、なんということでしょう。すっかり仕事の疲れが年下のカレで癒された気分になっているではないですか! もっと「こんな年下のカレがいるといいよな! うちにはそんなもんいねーよ!」とやさぐれた気分になるかと予想してたんですが、全然キュンと来ちゃって「私の佐藤は、佐藤はどこにいるの!?」と夜の街をさまよい歩いてしまいそうです。ホントうまい具合に、仕事ですさんだ女のハートの淋しさを愛とセックスで埋める内容になっているんですよね。仕事に疲れている女性の皆さんはだまされたと思って観てみてください。案外リフレッシュして「こんな恋が待ってるかもしれないし、爪でも塗って明日もがんばろう!」って思えるかもしれないですよ!

文=雨宮まみ

『恋するサプリ ─年下のカレ─ (SILK LABO)


監督:沢村優希
発売日:2011年9月8日
品番: SILK-011
収録時間: 115分
定価:4,179円(税抜)
レーベル:SILK LABO
販売元:ソフト・オン・デマンド

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

2011シルバーウィーク特別企画/特集「女性向けAVの現在形」 
アダルトレーベル「Juicy Diner」プロデューサー・藤井彩、監督・安藤ボン インタビュー 文=編集部
アダルトレーベル「SILK LABO」プロデューサー・牧野江里 インタビュー 文=雨宮まみ
女性向けアダルトメディアの歴史・彼女たちの欲望  文=安田理央
『オナ×MEN feat.沢井亮〜スーツが似合うイケメンサラリーマンを… (JUICY DINER)』文=遠藤遊佐 
『ファインダーの向こうに君がいた (SILK LABO)』 文=遠藤遊佐
『【生写真特典付き】first love 鈴木一徹 (h.m.p)』 文=早川舞
『オナ×MEN feat.ムーミン〜近所に住む“カワイイ男子生徒”を…(JUICY DINER)』 文=早川舞
関連リンク

SILH LABO

amamiyaphoto200.jpg 雨宮まみ エロ本を中心に活躍中のエロ・AVライター。1976年生まれ。2000年ワイレア出版入社、投稿系エロ雑誌の編集に携わる。2002年フリーライターとして独立。主にAV誌を中心に取材やレビューなどの執筆活動を続けている。また、弟に向けてAVを紹介するという形式のAVレビュー系ブログ「弟よ!」も話題に。

雨宮まみブログ=「弟よ!」

 |