ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 2 本家三行広告 1
最新記事20件
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第63回
杉浦則夫緊縛写真展『縄の磁場』開催!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年1月号
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
special issue for silver week 2011
2011シルバーウィーク特別企画/特集「女性向けAVの現在形」 
特集「女性向けAVの現在形」、AVレビュー編――工事現場から帰ってきたガテン系男子を、休憩室で襲う謎めいた美女。鍛え上げられた厚い胸板をねっちりと撫で回し、“断わりにくいセクハラ”を徐々に過激にしていく一部始終――。卑猥な言葉責めに戸惑いながらも快感に抗しきれず、ついに自らモノをしごきだしてしまう男の表情とは……。
 | 
2011年7月にリリースを開始したばかりの女性向けAVレーベル・Juicy Diner。リリース前から公式サイトでは「『女性向け』だからと言って、ただ甘いだけ。なんて、一切ありません」と、女の欲望にガッツリ向き合うで〜!な姿勢を見せていて、楽しみにしておりました。

Juicy Dinerのウリは「オナ×MEN」。男のオナニーシーンを見せるのか? 気持ちイイ顔とかを観るものなのか?と想像してましたが、これが思ったのとはかなり違う方向性でした。

まず、今回の作品に登場するのは「たくましい"ガテン系筋肉男子"」の服部さん。ネットの男優募集に応募し、男優になってもう7年が経つとか。最初はこの服部さんへのインタビューシーンから始まります。「男優になる前は工場で働いてて、経験人数はそんなないッスね。プライベートだと50人ぐらいじゃないですか?」。いや、それ、多くないですか?とツッコまれてもさわやかに「撮影だけだと、千人は越えてるんじゃないですかね」と答えています。見た目はヒゲに金のチェーンのネックレスとイカチー感じですが、言葉遣いもキチンとしてるし見た目によらずオラオラ系ではないのかも?という印象。

「オナニーのオカズは?」という質問には「自分の出たAVですね。他の人が出てるAV観ると、だいたいの男優は知り合いなんで、興奮できないんですよ(笑)。自分が気持ち良かったセックスを思い出しながら観てます」という新鮮な答えが。
しかし、よくあるAVの冒頭インタビュー「経験人数は?」「この仕事はどうして始めたの?」なんていう質問も、女性が男性にしていると全然印象が違うものですね〜。

インタビューシーンが終わると、服部さんが"ガテン男子"に扮したミニドラマシーンへ。仕事が終わって汗を拭い、顔を洗っている服部さんのガッチリした身体が映ります。ここからオナニーに行くのか?と思いきや、なんとそこに女性が通りかかります。

「今日はもうあがりですか?」と、何気ない普通の会話をしながら、なんだか普通じゃない距離に近づいてくる女性。「いつもシャワー浴びないんですか? 汗のにおい……」とうっとり汗をクンクン。「触っていいですか? 筋肉フェチなんで」と、拒みにくい逆セクハラでガンガン距離を縮めてTシャツの上から筋肉触りまくり「Tシャツの上からだとよくわかんないんで、直接触っていいですか?」と、よくわからないことを言い出す始末。こういう「理屈としてはおかしいんだけど、拒めないセリフ」ってAVの定番ですけど、女→男っていうのは新鮮です。さらにポケットに手を突っ込んで「あ〜、何か入ってる!」……。そ、それは、もしかして……。そうか、女が男に痴女る場合は、ポッケに手を入れるんですね。

戸惑いつつされるがままの服部さんを階段に連れ出し、Tシャツを濡らして乳首スケスケ状態にしてねっとり愛撫したり、脱がせてソフトタッチで感じさせていくと、服部さんはしきりに唇を舐めながら快感をこらえている様子。「私の言うコト聞いてくれる?」と言われて、つい「ハイ」と返事をしてしまいます。ズボンを脱ぐと、白いブリーフにはすでに濡れジミが。「これは何?」「ガマン汁です」「こんなに出るもんなの?」なんて言葉責めされてるうちに、もうガマンできなくなった服部さん、自分でブリーフの上から触り始めてしまいます。

そう、これがオナ×MENなんですね〜。ガマンできないところまで追い込んで、恥ずかしいのにオナニーしてしまうところを観るという。確かに、好みの男性をセクハラして、嫌がってるのに感じちゃう状態になられたら……と思うと、ヤバいところに火がついてしまう感じがします。

服部さんのガッチリした胸板、肩や太い腕も見ごたえがありますし、興奮すると上唇を舐めるクセもなかなかセクシーでした。細かいところですが、惜しいのはモザイクの範囲が大きくてじゃっかん観づらいところですかねぇ。ここまで男性のカラダや反応を見せることにこだわっているメーカーさんなので、ソコが見えにくいのが、少し惜しく感じてしまいました。射精はバッチリ見えたんですけどね。

かなり生々しい感じなので、AVに慣れていない女性の中には少し抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、ウソっぽい部分が少なくて反応はリアルに感じました。観ていると、ここまで積極的にはなれなくても、ちょっくら一押し男の人を口説いてみるか!みたいな攻めモードになれそうなのも楽しかったです。

文=雨宮まみ

『オナ×MEN feat.服部〜たくましい“ガテン系筋肉男子”の… (JUICY DINER)


公開日付:2011年7月26日
品番:ppv2308
収録時間: 55分
PPV価格:980円(税込)
制作:JUICY DINER
提供:パラダイステレビ LIVE+VOD

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

2011シルバーウィーク特別企画/特集「女性向けAVの現在形」 
アダルトレーベル「Juicy Diner」プロデューサー・藤井彩、監督・安藤ボン インタビュー 文=編集部
アダルトレーベル「SILK LABO」プロデューサー・牧野江里 インタビュー 文=雨宮まみ
女性向けアダルトメディアの歴史・彼女たちの欲望  文=安田理央
『オナ×MEN feat.沢井亮〜スーツが似合うイケメンサラリーマンを… (JUICY DINER)』 文=遠藤遊佐
『ファインダーの向こうに君がいた (SILK LABO)』 文=遠藤遊佐
『【生写真特典付き】first love 鈴木一徹 (h.m.p)』 文=早川舞
『オナ×MEN feat.ムーミン〜近所に住む“カワイイ男子生徒”を…(JUICY DINER)』 文=早川舞
関連リンク

JUICY DINER

amamiyaphoto200.jpg 雨宮まみ エロ本を中心に活躍中のエロ・AVライター。1976年生まれ。2000年ワイレア出版入社、投稿系エロ雑誌の編集に携わる。2002年フリーライターとして独立。主にAV誌を中心に取材やレビューなどの執筆活動を続けている。また、弟に向けてAVを紹介するという形式のAVレビュー系ブログ「弟よ!」も話題に。

雨宮まみブログ=「弟よ!」

 |