女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『はだかくびわ』

著者:みやはらみみかき
発売:2009年3月28日
出版社:ヒット出版社
special issue for Golden Week in 2012
2012ゴールデンウィーク特別企画/特集:セックス表現の現在形2012 
ロリコン漫画の不在形 文=さやわか
かつては秘匿されてきた性の営みがメディアと技術の発展で白日の下に晒されている現在、様々なジャンル・作品においてセックスはどのように表現されていくのでしょうか。これまでの描かれ方も含めて改めて検証していく連休特集企画――。第5弾は、大変な速さで状況を変えゆく「ロリコン漫画」の今について。変容し続けているロリコン文化はどこへ向かっているのか、その一端をさやわか氏に切り取って頂きます。
 | 
僕が今からロリコン漫画について話そう。

そんなものには興味がないという人、ちょっとまあ聞いてほしい。

『ななこSOS(1)』著者:吾妻ひでお 発売日:2005年3月9日 出版社:早川書房
『亜紀ファンタジー』著者:内山亜紀 発売日:1985年9月 出版社:司書房
「COMIC LO」2012年6月号 出版社:茜新社
そもそも70年代後半から80年代初頭にかけての、俗に言うロリコンブームにおいては、漫画は一大勢力を誇るメディアだった。そんなことはWEBスナイパーの読者諸兄におかれては常識だろうし、そうでない者でも吾妻ひでおや内山亜紀の名は知っているかもしれない。

現在はどうか。現在ではそもそもロリコンブームというもの自体が成立していない。2003年あたりから活況を呈した「萌え」を合い言葉にしたオタク文化は、当初ロリコンブームの歴史的な文脈に関連づけて語られることも多かったように思うが、ここまでアニメや漫画などのジャンルが一般化した今では、そうした主張もなりを潜めている。言い方を変えれば、ロリコンという価値観じたいが――そしてアティチュードとしてのオタクも――、一般化されたアニメや漫画などのカルチャーの中に取り込まれている。それは広大なポップカルチャーの中でフェティッシュの一種でしかない。

「ロリコン」とは何かということについてここでゆっくりと定義を考えていくことはしない。ただ、たとえば2010年にネットで大きな話題となった「非実在青少年」にまつわる議論などは、あるいは初音ミクなど変容を遂げるキャラクター文化について考える時には、かつてのロリコン文化によって培われた議論が多くの示唆を与えてくれる。そういう例は今なお多い。なぜなら、ロリコン文化は生身の身体を持たない、リアリズムに基づかない図画がセクシュアリティを喚起するということについての、非常にラディカルな例だからだ。というか、そのことが意識されたからこそ、このフェティシズムはブームとなり得たに違いない。

ただ繰り返すが、今日の日本のポップカルチャーにおいては、ロリコンはむしろ単に性嗜好に近づいている。ロリコン専門の漫画雑誌「COMIC LO」などは意見広告などによってオピニオンを掲げ、幼児性愛を扱うポルノへの偏見を払拭しようという態度を表明している。だがそれは慎重にして、ロリコン漫画がどんな優れた作品を描くかということには踏み込もうとしない。彼らは「表現の自由」について価値ある主張を成している。そして雑誌編集部は作品の送り手であるから、その先を語らずとも当然かもしれない。しかし、幼児性愛によって現代の漫画家が何を語り得て、我々は何を読みうるのか。それを誰もが語らなくていいという道理はない。

だが結果としていま「COMIC LO」は、ポルノという許されたカテゴリの中でロリコンを専門にしているという説明だけで多くの者が納得している。そしてさらに、私たちは「COMIC LO」という雑誌の存在によってのみ、作品の内実とは無関係に、今日におけるロリコン漫画を語り得たと思ってしまうことができる。そのとき、ロリコン文化はむしろ社会にとってほとんど隠蔽されている。

だから以下に、ふだん「COMIC LO」に載っていないような作家による、しかし今どきのロリコン漫画を紹介しようと思ったしだいである。言うまでもないことだが、僕は「COMIC LO」よりもこっちを読めと言いたいわけではない。ぜひ「COMIC LO」も読んでほしいし、ここに挙げた以外のロリコン漫画も読んでほしい。そして、作者が何を描いているのか、その表現をあなたにも面白がってほしい。同誌創刊の二年後、2004年に同じ茜新社から創刊され、多くのロリコン漫画を掲載して一時代を築きつつ、2012年4月号でわりとひっそり休刊した「COMIC RIN」のことを思いながら、僕はそう願っている。



■無道叡智『オトメマジックオーケストラ』(茜新社、2010)

『オトメマジックオーケストラ』

著者:無道叡智
発売:2011年7月28日
出版社:茜新社
 
p.49

無道叡智は「COMIC RIN」に多く作品を発表していた漫画家だ。『ロリレコ -性徴記録-』(茜新社、2009)あたりから、特徴的な少女の骨張った体つきを表現するデジタル作画の技術が洗練されてきた印象がある。尖った目尻が個性的な、わりとツンデレ的な女の子を描くことも多いかもしれない。単純に斜線を入れただけの赤面なども含めて、どちらかというと硬質な表現が多く、柔らかさが重視されることが多そうなロリコン漫画の中では目立って見える。

頻繁に器具や拘束具をも用いたハードな責めを見せる作家だが、どういうわけか作風はやけに明るいムードに包まれており、およそ悲惨とは言い難い、楽しくてエロい漫画になっている。オチも時にはバカバカしいほどあっさりしていてよい。

近年のエロ漫画では絶頂時に大量の描き文字と吹き出しを描いて喘ぎ声と淫猥な擬音を画面中にバラまく手法が増えているが、無道叡智もしばしばこうしたシーンを描く。女の子はほとんど描き文字と吹き出しの中に埋まってしまいながらエクスタシーを迎えているように見えることすらある。しかしそれがよい。この異常とも言える圧倒的な「情報」によって、読者は性的興奮を喚起させられている。そう思わせてくれる。

茜新社からは『ふたなりっ娘LOVE』などで描いた両性具有ものをまとめた『生えてるワタシとツいてる彼女』(2010)なども上梓しており、こちらはそうしたエクスタシー描写がふたなりという奇想と結びつき、かわいい絵柄とは裏腹の壮絶にダイナミックな絵を描く結果になっている。その手のが苦手な方にもおすすめ。


■緑のルーペ『イマコシステム』(茜新社、2010)

『イマコシステム』

著者:緑のルーペ
発売:2010年9月25日
出版社:茜新社
 
p.119

茜新社の「コミックTENMA」で『ガーデン』を連載中の緑のルーペ。今やどんどん絵がうまくなっていっている印象があるが、既刊となるとこちら。

ナイーブな少年少女がしばしばドラッグなどの酩酊状態からセックスに溺れていく、と書くと陵辱系エロ漫画としては意外とありがちなようにも読めてしまうが、この人の作品は何かすごい。彼らがドラッグに手を出すかどうかはライトに描かれてるし、そのせいで精神が破綻するかどうかもあっけないことのように思える。あるいはトラウマについても唐突に現われてみせる。それは正統的なエロ漫画にありがちなデカダンなドラマツルギーに則っていないようで、逆に則っているようで、とても面白い。

要するにここには、軽さによって生み出される、ある種の迫力がある。その感覚を一言で表わせば、単純だが「新しい」ということになるだろう。だがそれは緑のルーペに独特の新しさを指して言うわけではなく、どちらかというとエロ漫画以外のジャンルで今どきの若手がダークファンタジーやミステリなどを描く時のメンタリティに似ている。夢と現実が混乱して複雑化させられ、やがて情緒的なエンディングへと至るプロットなどにも似たものを感じる。

そうしたものを、緑のルーペは意図的に持ち込んでいるわけではなく、これはやはり世代的なものなのだと思う。エロ漫画の表現はある意味で先端的だが、よい意味で保守的な分野でもある。だからこそ、緑のルーペの新世代的にまっとうな表現は目立って見えるのだ。


■Low『マセガキッズ 放課後はこしふりタイム』(ジーウォーク、2010)

『マセガキッズ 放課後はこしふりタイム』

著者:Low
発売:2010年10月28日
出版社:ジーウォーク
 
p.60

僕は何にでも褒め言葉として「狂っている」と言うやつが嫌いだが、Lowのロリ漫画の良さは「狂っている」ことだと言ったほうがいいかもしれない。

Lowは主に「コミックムーグ」とか「コミックメガストア」系で描いている。その漫画に、異常なことをやってみせているというわかりやすさはない。だが、だんだん単行本のタイトルが明確におかしくなってきた。『発イク!ケロリズム ヒミツの中身はもうオトナ』(ジーウォーク、2012)とか『マセガキッズ 放課後はこしふりタイム』とか、これこそが売れるというのなら申し訳ないけど、個人的には何を考えて作っているのかよくわからない。表紙のデザインも何となく変わっている気がする。

Lowの作品に登場する少女は基本的にビッチだ。ただ淫乱なだけではなくて、少年少女はほとんどスナック菓子でも食べるような気安さで交わる。そこに性依存症的な暗さは全くないため、見方によってはほとんどエロく見えないかもしれない。しかし眉根を寄せた困り顔が個性的な絵柄はどこか平面的で、登場人物たちが前提としていることが怖いというような、物語上では語られない不気味さを感じてしまう。緑のルーペにも似たものを感じるが、Lowは、もっと、さらに乾いている。ポップの放つ狂気がある。

絵柄も異形である。パースもポーズもどこかおかしいし、子宮などの器官は科学教材のように図式的なのだ。ほとんど宇宙人のように不気味な子宮内を、Lowは熱意を持ってリアルに、時に三次元的に描く。その執拗さにも、やはり異常な凄みが見え隠れしている。


■無有利安『お兄ちゃんとにゃんにゃんにゃん』(茜新社、2012)

『お兄ちゃんとにゃんにゃんにゃん』

著者:無有利安
発売:2011年11月25日
出版社:茜新社
 
p.71


無有利安は今回紹介する中では最もいわゆる「ロリコン」的な作風の作家だと言っていいだろう。どちらかというとその絵柄は「ロリぷに」的なものに限りなく肉薄している。物語としてはほとんど和姦で、ハードなプレイは少ない。しかしセックス自体は構図としてダイナミックに描かれている。こうした作家が、「COMIC LO」でなくとも描くことは可能なのである。無有利安は「COMIC RIN」によく描いていた。

だがよく見るとこの絵は変わっていて、しばしば臀部が奇妙なほど強調されている。おしりを大きく描くというよりは、腰骨が発達している。あるいは胸部が必要以上に退化していると言うべきなのか。いずれにせよ女の子の体型は、必然的に寸胴ではなくAライン的になってくる。

この体型はリアリズムに基づいていないが、しかし我々に本物以上に幼児らしさを感じさせる。乳幼児を題材にしたロリエロ漫画ではしばしば、おなかがぽっこりと出た体型を描くことで「子供らしさ」を表現してきたが、無有利安はそれを「女の子」に変形している。紅葉の葉のように指先のひどく尖った掌なども含めて、それはロリコン漫画としては正しく畸形である。挿入時の擬音が「ぱこ! ぱこ!」だったりするところも何かすごい。


■ドバト『ロリビッチなう!!』(オークス、2010)

『ロリビッチなう!!』

著者:ドバト
発売:2010年2月25日
出版社:オークス
 
p.89


ドバトは最近「コミック阿吽」に描くことが多いようだ。彼は同人では『ひぐらし』『うみねこ』やSound Horizonなどの二次創作を行なっているが、商業作品では変態的で時にハードなセックスをひたすら明るくかわいらしく描く。

友達の兄と行為に及ぶセックス中毒の12歳とか、お兄ちゃんのために張り切って特製ハニーレモンを作ると言いつつ淫蜜を集めて肛門にレモンを5個入れている娘とか、いろいろと常識的じゃない女の子が登場するのだが、ドバトはそれを全力でかわいらしく描いてしまうのだ。不思議でならない。描かれている光景をかなり引いた目で見るとほとんどコメディだが、女の子自身はかわいらしい。ちなみに本人の弁によると「ロリが好きです。でもロリから血が出たりするのは苦手です」ということで、ビッチ的なキャラクターが多いのはそれが好きというよりは破瓜を描くのが好きじゃないということらしい。

こうした作風は、たとえば『キャノン先生トばしすぎ』(オークス、2007)が高く評価されたゴージャス宝田の近作にも近いものを感じる。もっと近い例を出すならば、ややマイナーなところで、くどうひさし(大道いむた)などだろうか。激しいセックスがなぜかオフビートな笑いにつながってしまうところが面白い。

絵的には、男性器を透明化した上で女性器を正面から覗き込むようなアングルを多く描く。クスコ拡張されたような、と言えばわかりやすいだろうか。これも近年ポピュラーな、性器断面図を描くパターンの亜種なのかもしれない。


■みやはらみみかき『はだかくびわ』(ヒット出版、2009)

『はだかくびわ』

著者:みやはらみみかき
発売:2009年3月28日
出版社:ヒット出版社
 
p.53


みやはらみみかきは単行本がまだ少ないが、頑張ってほしい作家の一人である。

彼は休刊してしまった「comic ino.」(ヒット出版)の系列の作家と言うことができるだろう。今でも同誌の作家を受け継いでいる「coic少女式」などで描いている。

みやはらみみかきは、記号化が進んだ少々懐かしいタイプの平面的な絵柄でロリキャラを描いている。エロ漫画は何らかのリアリズムが必要なので、こうした絵柄で描くのはなかなか難しいと思う。だが、彼の漫画が面白いのは、この絵のままでボディピアスや肛門拡張などの超ハードなプレイを描くことである。物語は「ひぎい!」という感じの陵辱ものもあるのだが、なんだか悲惨に見えない。しかしそれは瑕疵にはあらず、身体をオモチャにするということが、まさにオモチャのような絵で表現されるのだ。

不思議なおもしろみがある。ここにあるのはあらゆる意味でリアルな性ではない。現実の模倣ですらない。しかし、たとえば手首ほどの大きさになった乳首を描くような、絵的に誇張された人体改造を描くありがちなエロ漫画でもない。

そもそも作者が幼い年齢のキャラクターに陵辱したいからこそ、この絵が選ばれたかどうかもよくわからない。むしろ、作者の欲望は「キャラクターを責めること」のように見える。そうしたものが、なぜ人をエロい気分にさせるのだろう。それはかつてのロリコンブームから連なっている問題系だが、しかし、みやはらみみかきの表現は確実にその外部へと踏み出している。そのことがもっとも彼の作品で興奮を喚起させる部分だと言ってもいい。

文=さやわか

関連記事

2012ゴールデンウィーク特別企画/特集:セックス表現の現在形2012
ディス・イズ・ポルノ〜AV誕生30年をふり返って〜 文=安田理央
セックスを映画で観てみよう! 文=ターHELL穴トミヤ
さやわか ライター、編集者。漫画・アニメ・音楽・文学・ゲームなどジャンルに限らず批評活動を行なっている。2010年に西島大介との共著『西島大介のひらめき☆マンガ 学校』(講談社)を刊行。『ユリイカ』(青土社)、『ニュータイプ』(角川書店)、『BARFOUT!』(ブラウンズブックス)などで執筆。『クイック・ジャパン』(太田出版)ほかで連載中。
「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/
Twitter/someru
http://twitter.com/#!/someru
 |