本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
A tribute to Yukimura haruki
追悼 雪村春樹
卒業を間近に控えた女校生・由依は教師への密かな想いを告げ、次第に愛し合うようになってゆく。だが教師は由依の一途な想いを逆手に取り、SM調教師の許での淫らな奴隷教育を迫るのだった――。堕ちてゆく心の綾を克明かつ艶めかしく描いた、川奈由依のSM初挑戦作品。
 | 
「インモラル天使」は老舗SMメーカー、シネマジックによる制服女生徒SMのシリーズで、コスプレドラマ作品だ。同社でも人気のシリーズであり、雪村氏もいくつか監督として参加している。そのなかで筆者が取り上げるのは『インモラル天使23 川奈由衣』。雪村作品の初期に見られる特徴が、わかりやすく見て取れる秀作である。

物語は冒頭から、女生徒の由衣が募らせた教師への想いを手紙で伝えて、夜の教室での逢引からフェラチオ、セックスへと展開する。SMらしさのない情事の最中、男が言う。「そんなに俺のことが好きだったら、俺のために何でもできるか?」「先生のためだったら何でも......」「由衣の俺への愛の深さを試してみたいんだよ。いいか、あるところへ行って、俺のために、いろんなセックスを覚えてきて欲しいんだ、できるか?」
こうして由衣はとある場所へと向かう。そこには雪村氏演じる調教師が待ち構えていた。

というのが本作のプロットだ。教師への愛の代償として望まぬ調教をその身に受ける女生徒が、徐々に被虐の快楽を受け入れていく物語である。

怪しげな部屋に入ってきた由衣は自ら目隠しと手錠をして、部屋の中央に置かれた椅子へ腰掛け、何者かが訪れるのを待っている。すると唐突にポラロイドカメラのシャッター音が、そしてフラッシュが瞬き、調教師が現われると由衣へ縄をかけていく。

「先生がここに行けって言ったんです。愛を確かめるために......」「へえ。白いパンツはいてるんや。もう相当感じてるんやないか。いま感じてるんは、先生のこと想うて感じてんのか。それとも、これ(縄)がいいから感じてんのかなぁ」「先生のことを想って......」「ほうか。先生のこと想うて感じてくれてんのや。いつまで想うて感じるかなぁ。あとからゆっくり、感じてもらおか」

こうしたプロットを雪村氏はよく利用する。言うなれば支配と隷属の二重構造である。だが何も雪村氏だけのものではなく、アダルトコンテンツのドラマでは定番で、様々な作家が利用してきた。昨今よく見られる寝取られものはもちろん、恋人や夫婦と間男が登場すれば、この種の構造だ。

様々な作品で見られる構造なだけにそれぞれ見所は異なるが、本作の魅力は快楽を受け入れていく川奈由衣の描写にある。昨今のエロマンガやエロゲーでは快楽堕ちとも言われる堕ちものジャンルだが、その魅力の一端は、心では否定していても抗うことができない快楽を受け入れさせることで女性の尊厳を貶める、そこにエロティシズムを感じさせる点にある。そのため堕ちてしまった女性は酷く汚されたイメージと共に描かれる。エロマンガでのアヘ顔ダブルピースなどはその代表だろう。

だが本作の川奈由衣は美しい。そのスレンダーなスタイルはもちろん、慣れぬ縄の感触に吐息を漏らしながら身悶える姿。中盤、後手縛りで放置された由衣へゆっくりとズームインしていくロングショットがある。抑制された光の中で猿轡をはめられた表情。縄の感触に慣れていき、被虐の喜びがその身に刻まれつつあることを示すように、由衣の妄想のようなイメージカットが挟まれる。そこで縛られた由衣の身体を撫で回しているのは、彼女が恋焦がれる教師である。

近年筆者は、いやらしいとはどういうことだろうか、と考えることがよくある。日常的にアダルトコンテンツに触れていると、ただ裸の女性を見たところでエロいとは感じない。幸か不幸かはさておき、久しぶりに本作を観返して、雪村氏の考えるエロティシズムの一端を垣間見たように感じた。それは原初的な女性崇拝の印象に近い。被虐の快楽に堕ちて、打ち寄せる官能に耽溺している女性たち。雪村氏はその姿を美しく捉えることで、そんな彼女たちへの深い愛情を示しているように感じるのだ。

追悼企画の名のもとに、筆者が昔から好きだった雪村氏の作品をご紹介した。緊縛師としてだけではなく、映像作家として雪村氏の残した作品は数多い。この文章がそれらに触れる端緒となることを願って、氏への追悼とさせていただきたい。

文=五十嵐彰(WEBスナイパー運営責任者)

『インモラル天使23 川奈由依(シネマジック)

監督:雪村春樹
発売日:1996年5月31日
品番:VS-415
収録時間:60分
定価:15,300円(税抜)
メーカー:シネマジック

関連記事

【訃報】 雪村春樹さんが永眠されました

追悼 雪村春樹【1】雪村春樹監督作品レビュー『女校生緊縛授業 3 鈴木沙羅(シネマジック)』 文=沢木毅彦

追悼 雪村春樹【2】雪村春樹監督作品レビュー『インモラル天使27 三浦あいか(シネマジック)』 文=安田理央

追悼 雪村春樹【3】特別インタビュー 縛師・長田スティーブ 文=編集部

 |