女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
A tribute to Yukimura haruki
追悼 雪村春樹
戦後の混乱期、縄師、編集者、絵師、作家としてSM風俗史の中で強い光芒を放った美濃村晃。その嗜虐と美意識の世界を貴重な証言やインタビューを通じて多角的に追った濃密な実録映像!
 | 
雪村春樹監督による、伝説の縄師「美濃村晃」についてのドキュメンタリー。映画の冒頭、美濃村晃の幼い頃の思い出が語られる。「私は幼い頃、母親の縛られている姿を見てしまった......」、「戦争から帰ることができたら、好きなことをやろう、日本中の女の子を縛ろうと決めた......」。やがてタイトルと一緒に、扉の奥に垣間見える、縛られた女性のあられもない姿。ボイスオーバーで、美濃村晃のエロ事な思い出と、相手役を務める濡木痴夢男の質問がのってくる。エロい映像にオーディコメンタリー、なるほど本作こういう趣向で続いていくのか、と思っていたら木戸がツツーッと開き、2人はその場で喋ってる。なんと同録だった!という、そこに思わず笑ってしまった。
筆で太ももをなでたり、ハシで乳首をつまんだり、一方で「その責められ女郎っていうのは?」とか聞きながら、しまいには股間を手でグイグイいっている。女優はああっとか言って、しかしよどみなく続くインタビュー。たしかにこの女性の無視されてる感がエロいんだけど、画面の忙しさに笑いがとまらない。
たとえば何かを食べながら喋るのと、この状況は何が違うんだろうと考えてみると、やっぱり女優にああーん状態になってもらうには、これはやっぱり相手の反応を観察しなければいけない。これもコミニュケーションなわけです。一方で両名は、対談する相手とも喋らないといけないので、そこには相手と女優、同時に2人を相手に喋っているような無理さがある。その無理さをないものとしている感じがおもしろい。

やがて、今度は団鬼六や、編集者(櫻木徹郎)が出てきて、日本の戦後SM史についていの話になっていく。美濃村は縛り師でありながら、「奇譚クラブ」「風俗奇譚」「裏窓」など、戦後SM界を切り開く雑誌を出してきた人でもあった。それをどうやって実現させたか。また色々な縛り方がある中で、美濃村流の縛りの特徴とはなんなのか。
本作は、美濃村晃と濡木痴夢男のコンビで進んでいくんですが、縛られるシーンを見ていると、濡木痴夢男はひたすら女優を褒めている。「あゝ、きれいだねえ」の「あゝ」がもう辛抱たまらん感あふれていて、なかなか役者なわけです。一方の、縛られた女体を肴にいろいろ聞かれる美濃村晃は、質問に「うん、そうだね」とか答えてるんだけど、もう自分の歴史とかどうでもいいから、目の前の縛りに心が移ってる瞬間がときどきある。普通の大人にはちょっとない夢中さが、そこには映っている。
美濃村晃は喜多玲子という名義で、絵も描いていた。それをどう見るか「このつま先立ちなってるところが......」とか濡木痴夢男が講評しつつ、その絵を実際に再現しちゃおうというのが、本作ひとつ趣向になっている。柱に縛り付けられた女性が、襦袢をなんとか口に咥えて、あそこが見えないように耐えている。苦しげな表情、それを前にしてこれまた、濡木痴夢男と美濃村晃が始める会話がいい。
 どうする? 
 内腿なんかくすぐったらいいだろうね  
 きれいなおっぱい
 そうだね
 腕の食い込みがすごくいいでしょう
 若い女、全裸の片足釣り
 もう落ちるよ落ちるよ
 落としたら恥ずかしいぞー
 見えちゃうよ見えちゃうよ
 落ちるよ落ちるよ
 いい顔だいい顔だ
 あー見えた
 よかった
 これね、見えちゃった
美濃村晃の顔は誰かに似てると思ったのだが、水木しげるだろうか。何が共通してるのか、どちらも戦争で一回と言わず死にかけている。そうするとこういう顔になるのか!?その表情は「もう世間に、何憚ることねえぞ俺は」という安定感のなせる技という気がする。喋り方は、野坂昭如に似てるのではないか。滑舌が悪くそれでいて早口、そこには思いつくことを早く全部言ってしまいたい、言わなければそのチャンスが永遠に奪われてしまうというかのような性急さがある。それとも、ただ私にはオーラのある老人の顔がみんな一緒に見えてしまっているだけなのか。

この作品には一つ不思議な力が働いていて、たとえば縛られた女体、その太ももにかかった襦袢とかが、ツツーッと画面の外へ引っ張られて消えていく。スタッフがフレームの外から引っ張っているんでしょうが、これは歌舞伎の黒子ですね。高橋留美子の『うる星やつら』では、財閥の娘で日本の古き良き伝統を引き継ぐお嬢様(面堂了子)がいつも「黒子軍団」を引き連れているというギャグがあった。これは黒子の「いないつもりっていうか、いるじゃん!」という不自然さが笑えるところで、本作に時々出現する「不思議な力」も同様。「太ももの奥が見たい!」という夢中さが謎の力となって、黒子的に襦袢を画面の外に引っ張っていく。その無理さをないものとしている感じがやっぱりおもしろい。
一方で、山崎ナオコーラの『人のセックスを笑うな』という小説があって、それは人の夢中を笑うなということでしょう。夢中なあまり無理が生じているのは笑えるし、その夢中を笑うなとも言える。表裏一体となった無理さと夢中さ、その味をかみしめるドキュメンタリーとなっていました。

文=ターHELL穴トミヤ

『縄炎 ~美濃村晃の世界~(シネマジック)

監督:雪村春樹
制作:1989年
品番: VS-104
収録時間:60分
定価:15,300円(税抜)
メーカー:シネマジック

DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

【訃報】 雪村春樹さんが永眠されました

追悼 雪村春樹【1】雪村春樹監督作品レビュー『女校生緊縛授業 3 鈴木沙羅(シネマジック)』 文=沢木毅彦

追悼 雪村春樹【2】雪村春樹監督作品レビュー『インモラル天使27 三浦あいか(シネマジック)』 文=安田理央

追悼 雪村春樹【3】特別インタビュー 縛師・長田スティーブ 文=編集部

追悼 雪村春樹【4】雪村春樹監督作品レビュー『インモラル天使23 川奈由依(シネマジック)』 文=五十嵐彰

追悼 雪村春樹【5】特別インタビュー 大洋図書会長・小出英二 文=編集部

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |