本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
A tribute to Yukimura haruki
追悼 雪村春樹
貞操帯の代わりに......愛妻・美和子へ「浮気封じの股縄」を締めさせて日々出かけていく夫。だが、その股縄は美和子の欲望を鎮めるどころか、ますます淫らに火照らせるばかり。そんなある日、夫の仕向けた間男が風呂釜の修理と称して家へ上がり込み――。悩ましい焦らしの妙が光る雪村氏一流のSMドラマ。
 | 
もう何年もWEBスナイパーで原稿を書かせてもらっているのに、SMに疎く緊縛の世界のこともあまり知らない。そんな私だけれど、雪村春樹氏には若干の思い入れがある。きっかけとなったのは10年近く前、本サイトでレビューを書くために観た彼のドキュメンタリー映画『縛詩』だ。
『縛詩』の中の雪村春樹は、痛い・怖い・怪しい......という私が持っていた縄師のイメージとは違う、渋くてマイペースで気のいい大阪弁のおっちゃんだった。縄の世界を漂い、「女のおかげで生きている」と話す老年の縛師。その後作品に深く触れることも、実際にお会いする機会もなかったが、亡くなったと聞くとやはり寂しさを感じずにはいられない。

今回追悼レビューをすることになり、彼の監督したAV作品を物色して気づいたことがある。それは、多くの女にとって雪村春樹は理想の縄師なんじゃないかということだ。
数ある監督作品の中で私が特に好きなのは、ドラマがあってご本人が出演しているものだ。近所に住んでる怪しい縄師だったり、義理の娘を縄で手籠にするだらしない中年男だったり、年下の妻に貞操帯ならぬ貞操縄をかける夫だったり......そんなドラマチックなシチュエーションがあるとさらにいい。
耳元でエロティックな関西弁を囁きながらイジめてくれる、白髪まじりの初老の男。私のような老け好きにはもうそれだけでたまらないのだが、そんな彼の魅力と老練した緊縛技術がドッキングするとなんとも言えない味わいを醸しだす。
柔肌に食い込む縄は、一見責めているように見えて実は女を最高に美しく見せてくれるものだし、緊縛された体を優しく愛撫することも忘れない。
「責める」というより「かわいがる」という言葉のほうがしっくりくるのが雪村春樹の緊縛なのだ。

さて、前置きが長くなったが、今回はそんな彼の魅力を感じられる作品を選んでみた。
『雪村春樹全集22 山本美和子』だ。
今流行りの寝取られと緊縛プレイを絡めたドラマ風味の一本。ガチなマニアの方から見たら邪道に思われるかもしれないが、私みたいなエセM女からすると、ストーリーがあるぶんとっつきやすくリアリティ(?)もあって引き込まれる。
ヒロインを演じる山本美和子は、かなり年上の夫(雪村春樹)を持つ色っぽい人妻。嫉妬深い夫は、出かける前は貞操帯代わりの縄をかけるのを日課にしている。
一応「多情な妻が浮気をしないように」という建前なのだが、もちろんただ縛るだけじゃない。下着姿の妻の股間を箸でいじくりまわし、縛られて濡れてしまったアソコを見ては「やらしいなァ......舐めたろ」とペロペロ。もう、この縄掛け自体が趣味というかプレイである。しかもそこまでしておいて、満足させぬまま出かけてしまうんだから始末が悪い。

そこにやってくるのが風呂修理の職人・日比野達朗。夫に中途半端に焦らされて欲求不満の美和子は、ビンビンになったイチモツを見せつけられ、つい縄を切って不倫に及んでしまう。
我慢していた性欲のタガが外れ、獣のように喘いでしまう美和子。でもきっと、これも夫の差し金なのだ。その証拠に、帰ってきた夫は浮気がバレたらどうしようと半泣きの彼女を縛りあげ、そりゃもうねちねちといたぶるんである。
「......なんやァ。また縄が切れてるやないか」
「ごめんなさい......」
「何の『ごめんなさい』や。言うてみい」
怒号を浴びせるわけじゃなく、ただ足を大きく開かせたポーズで緊縛し妻のアソコを指や舌で点検する夫。
「あれ、いつもと違う匂いがしよるわ」「ここにグチュグチュグチュグチュ挿れよったんかァ」
言葉責めというより、言葉で愛撫してるようにしか思えない。
こうするためにわざと妻を焦らし、飢えた職人と引き合わせたに違いないのだ。そして嫉妬した夫にいたぶられる妻も、半泣きの顔とは裏腹に歓喜に震えているに違いない。

後半の、柱を使った緊縛もいい。
「荷物まとめて出てってもいいんやぞ」という夫に「ごめんなさい......ごめんなさい......」と許しを請う美和子。
雪村春樹はそんな彼女の体を「ほれ、見てみい。いやらしい形してるやないか......このおっぱいが悪いんやな」と言いながら緊縛し、足を開かせたポーズで柱に縛りつける。身動きできなくなった肉付きのいいアソコをペロッと舐めた中指でいやらしく弄ぶ。
女を責めながら、ときどきふと窓の外に視線を向けたりする余裕もたまらない。自分の欲望にまかせて責めているんじゃなく、女を悦ばせるために責めてあげている、そんな感じだ。

緊縛している最中もずっと囁き続け、愛撫し続ける雪村春樹。彼の縄に冷酷なSMのイメージはなく、逆に「よしよし」と可愛がっているようだ。
縄の型なんか知らなくても、濡れてしまう女はたくさんいるんじゃないだろうか。
こんなふうに縛ってもらえたらたまらないだろうな。そんなふうに思わせる1本だった。

文=遠藤遊佐


『雪村春樹全集22 山本美和子(赤ほたるいか/妄想族)

監督:雪村春樹
発売日:2012年11月13日
品番:AKHO-057
収録時間:120分
定価:4,104円
メーカー:赤ほたるいか/妄想族

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>
DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

【訃報】 雪村春樹さんが永眠されました

追悼 雪村春樹【1】雪村春樹監督作品レビュー『女校生緊縛授業 3 鈴木沙羅(シネマジック)』 文=沢木毅彦

追悼 雪村春樹【2】雪村春樹監督作品レビュー『インモラル天使27 三浦あいか(シネマジック)』 文=安田理央

追悼 雪村春樹【3】特別インタビュー 縛師・長田スティーブ 文=編集部

追悼 雪村春樹【4】雪村春樹監督作品レビュー『インモラル天使23 川奈由依(シネマジック)』 文=五十嵐彰

追悼 雪村春樹【5】特別インタビュー 大洋図書会長・小出英二 文=編集部

追悼 雪村春樹【6】雪村春樹監督作品レビュー 腰の襦袢がそっとフレームの外へと引っ張られていく、そこに働く謎の力は何なのか 『縄炎 ~美濃村晃の世界~(シネマジック)』 文=ターHELL穴トミヤ

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 |