本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER special contents
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
ジャニーズファンのみならず広く世間を震撼させた人気アイドルグループSMAP独立騒動についての寄稿「ジャニーズ事務所派閥騒動とはなんなのか SMAPファンの立場から」から丸2年、生粋の「ジャニオタ」であるトモコさんより「新しい地図」の始まりに寄せた新たなメッセージです。
 | 
鮮やか、だ。本当に鮮やかだった。

私たちSMAPファンが2017年前半をどんな気持ちで過ごしたかといえば、暗澹たる気持ちとしか言いようがない。2016年末、SMAPは活動を停止した。独立に向けての反乱を起こしたとされる4人はこのまま事務所に飼い殺しにされるのではないか、そういう不安でいっぱいだった。2016年から続いた様々な憶測、噂話、インターネットでの誹謗中傷、ファン同士の諍い、うんざりだ。もちろんあきらめずに活動している人たちもいた。それが朝日新聞や東京新聞に対する意見広告だったり、募金活動だったりした。私はそういう活動に参加できないでいた。あきらめとも違う。こんなことで彼らが終わるわけがないと思いながら、動けずにいた。いやあきらめていたのかもしれない。なにをあきらめていたのかはわからないけれど。大半のファンはそうだったんじゃないかと思う。大好きなものがなくなりそうなことを認めたくなかったのだ。

そして中居正広と木村拓哉が事務所に残ることになり、稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾が事務所を出ることになった。退所日は9/8。彼らのデビュー日の前日だ。その日は何事もなく過ぎた。そして9/22。私たちは「新しい地図」という単語を知った。ひとつの動画(https://www.youtube.com/watch?v=aZxTgMs1y7Y)から始まったそれは鮮やかだった。
逃げよう。
自分を縛りつけるものから。
ボーダーを超えよう。
塗り替えていこう。
自由と平和を愛し、
武器は、アイデアと愛嬌。
バカにされたっていい。
心をこめて、心を打つ。
さあ、風通しよくいこう。
私たちは、新しい地図。
ああ、彼らは彼らを縛り付けるものから逃げ出したんだ、と思った。「新しい地図」のやり方はかつてのSMAPを感じさせる。そしてそれはSMAPのマネージャーである飯島三智のやり方でもある。動画と同時に意見広告が載った朝日新聞と東京新聞にも「新しい地図」の広告が載った。既存媒体ではその2紙だけにしか広告は載らなかった。ファンに対しての感謝を感じさせる強烈なメッセージだ。彼らが一番鮮やかだった頃のSMAPを思い出す。かつての彼らはアイドルという呪縛から逃れようと必死だった。バラエティやコントへの進出、そしてアイドルのアルバムだというのに当時新進気鋭だったデザイナー佐藤可士和を起用した人物像が一切載っていないジャケット。歌番組が次々と終了する時代に産まれたアイドルだったSMAPは既存のアイドル像から逃げ出したのだ。いや逃げざるを得なかった。そして始まった「新しい地図」は同じようになにかから逃れようとするプロジェクトだ。だから応援したい。すごく応援したい。でもそれはSMAPを応援することじゃない。「新しい地図」を応援することだ。そして彼らはきっと勝利するだろう。そう思った。

続いて10/15にあげられた動画(https://www.youtube.com/watch?v=1qcn0Yrj6TI)は「こわくなんかない」と始まる。





私は彼らもやっぱり怖いんだと思った。怖いに決まっている。でもそこから彼らは逃げ出した。でもじゃあ中居正広は? 木村拓哉は? どうして逃げ出さないの? 逃げ出せないの? ねえSMAPはどうしてなくなってしまったの? SMAPファンの中にはSMAPはなくなっていない、という人がいる。でも私はそんなことを思っていない。SMAPはなくなってしまった。理由なんてどうでもいい。誰が悪いとかそういうこともどうでもいい。残ったふたりにはふたりの理由があるのだろう。それぞれ「新しい地図」に対してメッセージを発している。それは心温まると同時に胸が苦しくなるメッセージだ。

「新しい地図」は圧倒的に鮮やかだ。3人が楽しそうなのもいい。72時間テレビで見た様々な光景は私の胸を高鳴らせたし苦しくさせた。「新しい地図」の鮮やかさが逆に闇を際立たせる。だって「新しい地図」はSMAPじゃないもの。森且行が戻ってこようとそれはSMAPじゃない。なんなら森且行がいなくてもSMAPだ。伝わるだろうか、この気持ちが。「新しい地図」が始まったとしても、SMAPを失ってしまった穴が埋まるわけじゃない。かつて森且行がいなくなったときもSMAPはSMAPだった。私は森且行がいなくなって初めてのコンサートでそれを痛感し、同時にしばらくコンサートに行けなかったほどだった。あのコンサートのとき、森且行のパートを歌おうとした草なぎ剛が胸に手を当てて目を閉じそれから目を開いて歌い出したのを今でも覚えている。その傷は少しずつ癒えたけれど、あの2016年に傷ついた心は「新しい地図」ではまだ癒やされない。それほどまでにあの謝罪も、そのあとの報道も、ファンのいざこざも全部全部なぜあんなことが起きてしまったのか。彼ら自身だけではない、ファンが―――ファンである私たちが―――私がなぜこんなに傷つけられなければならなかったのか。だってアイドルって夢を与えてくれるものでしょう?

2016年1月。解散報道があった1/13、私の書いた記事がWEBスナイパーに載ったのが1/16、そして『SMAP×SMAP』で公共の電波を使って彼らが何に対して謝罪したのかわからない謝罪をしたのが1/18。あれから2年が経った。

私は「新しい地図」を応援している。でもそれはSMAPだからじゃない。私にSMAPを返して欲しい。いやみんなにSMAPを返してよ。でもきっと返ってこないんだ。何十年か先に返ってくるかもしれないと気休めを言う人がいる。でもそんな希望抱いたって悲しくなるだけだ。ねえ誰か。私に私の大切なものを返してください。

文=トモコ
関連記事

ジャニーズ事務所派閥騒動とはなんなのか SMAPファンの立場から

2010年代のジャニーズの楽しみ方をジャニオタに聞きに行く

トモコ:ジャニオタ 
「ユリイカ 2015年4月臨時増刊号 総特集◎2・5次元 -2次元から立ちあがる新たなエンターテインメント」に「ジャニーズという2.5次元」執筆
twitter/トモコ
 | 
18.01.16更新 | 特集記事
トモコ |