本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1980年8月号読者投稿小説
「悪魔の微笑」
作= 安曇野香平

屈辱の排泄、恥辱のデッサンに身をよじって抵抗する美人画学生・静香。身体各部へのフェティシズムを盛り込みながら、徹底的な羞恥責めを遂行するインモラルな行為の行く末は……。『S&Mスナイパー』1980年8月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全四回に分けてお届けしています。
 | 
【3】淫猥なデッサン

手首に巻いた縄を鴨居に繋げられて、静香は両腕を吊り上げられてしまった。利夫は静香の二の腕から腋の下を撫でさすった。

「手入れが悪いね……腋毛がブツブツ生えたままになってる」
「いやッ、さわらないで!」
「このふんだと、下のほうは臭いんだろうねェ。割れ目に垢がたまってたりして……」
「ひどいわ、余計なお世話じゃない、わたしもういや、家に帰してよ!」
「可愛がってもらおうってつもりなら、もう少し身だしなみってものを、わきまえなくちゃね」

利夫はカミソリを持ち出してきて、静香の腋の下を剃り始めた。

ジョリジョリと腋毛を刈り取る陰惨な音が、静香の耳に響いた。

「い……いや……」
「動かないほうがいいよ……暴れるから切れちゃったじゃないか」

利夫は血のついた中指を見せた。

「おとなしくしてれば、君の手入れの悪い身体をきれいにして、たっぷり楽しませてやるからさ」

なにをされるかわからない、と思いながらも静香は恐ろしさで動くこともできなかった。

「終わったよ。きれいになった……つぎは……」

カミソリがスリップの胸のあたりに当てられた。

「乱暴しないで……」

ピーッと甲高い音がして、スリップがふたつに裂けた。

「ああ……」
「なんだいこのブラジャーは……横が透けて見えるじゃないか」

両横にレースの花形がはめこまれているブラジャーを、利夫は興味深そうに見つめた。

「こんな飾りの付いたブラジャーなんか付けて、君も好きだねぇ……」
「やめて……やめてったら!」
「まん中に穴があいてる……普通はここにリボンなんか結んであるんだよな」

利夫はブラジャーの中央に開いている小さな楕円型の飾り穴にカミソリを入れて、胸の双丘の中心部を切り取りにかかった。

「もっとおもしろいブラジャーにしてあげるからね。動くなよ……切れちゃうぞ……」
「やだあっ、恥ずかしい、だめよ!」

布を切り取られたブラジャーから、はち切れそうな餅肌の双丘が露になった。

「君みたいな、いつもさわられたがっているような女には、こんなファツションがお似合いだよ」

両方の乳首を指でつままれて、ぐっと前に引っぱられた。

「痛いっ……」

しかし、指でコリコリと揉みしごかれると乳首は静香の意志に反して、張りを増し、ピンと突き出た形になった。

「もうコーフンしてるじゃないか」

絞り出されたように露出している双丘の、堅くなったピンクの突起を見て、静香は頭がぼうっとしてしまうほどの羞恥にかられた。

「こんどは下だ……」

利夫はパンティに眼をやった。

「それは……だめ……付けたままにして……お願い、おとなしくするから」
「君は身だしなみが悪いねえ……チリチリヘアが見えてるじゃないか」

股間に手が伸びてきて、はみ出した翳りの一本が抜き取られた。

「痛いっ!」
「すました顔をしているわりには、君のヘアはいやらしい形をしてるんだねぇ……長く折れ曲がってて……」

利夫はそれを、これ見よがしに静香の眼の前にかざした。

「やめてよーっ」

静香は大声でどなった。なんというひどい男なのだろう――普段から利夫を信頼しきっていただけに、裏切られたという気がして怒りがこみあげてきた。

しかし間もなく、怒りは羞恥に圧倒されることになった。利夫はパンティの、翳りを被う部分を、カミソリで丸く切り取り始めたのである。

「そ、そんなことしないで……お願い」

切り取った部分に指を入れて、利夫は翳りを引っ張り出し、櫛でそれを丹念に梳いた。

「毛まで立っちゃって……」

利夫の無情のひとことで、静香はもうこらえきれなくなり、声を上げて泣き出した。

「泣くってのは、コーランしてる証拠だよね……待ってなよ、いまにもっともっと楽しませてあげるからね」

記念に一枚、デッサンをしておこうと言って、利夫はノートを取り出して、ときどき静香の肢体をちらちらと見やりながら、作業を続ける。

やはりモデルがいいと、描く気が起きてくる、などと呟きながら、利夫の表情はだんだんと緊張していき、真剣そのものといった顔付きになった。

利夫は面白半分で、わたしの身体をもて遊んでいるのだ、と思っていた静香にはわけがわからなくなった。

「うまくいかない……だめだ……」

紙をちぎっては床に投げ捨て、利夫はしきりになにかを考えている様子である。

「これでせいいっぱいだ……」

完成したデッサンを、利夫はまったく気に入らないという面持で静香に見せた。

それでも、そのデッサンは恐ろしいほどに正確で、不気味な執念がこもっているようだった。ちらりと見せられた瞬間に、静香はごくりと生唾を飲んだ。切り取られたブラジャーから突き出た双丘の生々しさ――無数の翳りの一本一本が、まるで浮き出してでもくるようにリアルに描きこまれている。

静香は恥ずかしさで、死んでしまいたい衝動にかられた。

「小細工はだめだ。やはり素っ裸にして、浣腸したほうがいいな」

浣腸――静香は耳を疑った。裸身を晒しているだけでも耐えられなかったのに、この上そんなひどいことを……これだけひどい仕打ちをしておきながら、まだ飽き足らないのだろうかと、静香は恐れおののいたが、利夫は大事なのはこれからだといった様子である。

「邪魔だ」

利夫はブラジャーを、汚ないものでも剥がすようにむしり取った。

「きゃーっ」

パンティが、あけられた穴に両手をかけられて、ビリビリと左右に引き裂かれていく。

「やだーっ、やめてよーっ」
「なんだこんなもの、こうしてやる」

利夫は憎々しげに、むしり取ったパンティを畳に叩き付けた。

「浣腸だ……」

利夫は呟きながら鴨居から縄を外し、静香を肘かけ椅子に座らせて、足を頭につくほど上に曲げ、左右に広げて縛り付けた。

「や……だ……」

静香は括られた手を秘苑に当てて悶えたが、やがてその手も、椅子の後から廻された縄で頭の上に引っ張られてしまった。

「まる見えになったな……君はその恰好で、このピンクの蕾から身体の中の汚ないものを出してしまうわけだ、これで浣腸されてね」

利夫は頑丈そうなボール箱から、キラキラ光った透明ガラスの、巨大な注射器型の浣腸器を取り出した。

「ぬるぬるした腸の中の物を、人の見ている前で自分の身体から出すところを想像してみろよ……」

そう言いながら、また、

「これまではいろいろと体栽を取り繕って、しなくてもいい無理をしていたことも多かったろう。わたしはこんな汚ないものを身体の中に貯めこんでいたのです。ほんとうのわたしは男の人の見ている前で、糞尿を垂れ流してしまうような淫らな女なのです、と言いながら、俺の前で排泄してみろ。そうすれば今まで思ってもいなかったような楽な気分に浸れるぞ」

と利夫は独り言のように呟いた。

「変熊! あなたは人間じゃないわ……今まで信じていたわたしが馬鹿だったわ……」

静香は利夫の隠された異常な一面を垣間見たと感じて、恐れと落胆のために赤ん坊のように泣きじゃくった。

「君は何か、とんでもない思い違いをしているようだね」

利夫は肩をすぼめて、不思議でならないといった顔をした。

「俺はねえ、君を悦ばせてあげようとしてるんだぜ……もう少し色っぽい台詞のひとつも言ったらどうなんだい」
「ひどい……こんなにわたしをいじめておいて、まだからかい足りないの……あんまりだわ」
「な、なんだって? からかってる……なんてことをいうんだ」

こんどは利夫のほうが怒りだした。

「俺はアーティストだぞ……俺は女のほんとうの悦びの姿を、このキャンバスの上に描き出そうとしてるんだ。この100号キャンバスの上にだ!」

利夫はなにも描かれていない白いキャンバスをポンと拳で叩いた。

それからの利夫の説明は、静香にはもう、狂気としか思えないものだった。女の悦びは、死ぬほどの羞恥のなかでこそ燃え上がる。そのときの表情や身体の緊張のありさまを詳細に観察して、このキャンバスに描き込むつもりだ、というのである。

襖二枚ほどもある大キャンバスに、自分のはしたない姿が描かれる――静香は震え上がった。

デッサンでは教授も一目置くほどの利夫のことである。排泄する瞬間の、どんな些細な点もけっして見逃がしはしないだろう。実物以上にリアルな、恥ずかしい姿が永久に残ることになる。

「そ、そんなことしたって、なんにもならない筈よ……無駄なことだわ」

震えている静香のピンクの蕾に、グリセリンをなみなみと満した、200ccガラス浣腸器の嘴管がずぶりと埋め込まれた。

「ひいっ」

血も凍るばかりのおぞましい薬液が、どっと身体の中に流れて来た。

「や、やだあっ、浣腸なんてわたしいや、や……め……て……やだっ、冷たいっ」

嘴管を引き抜くと利夫は、パネルを下敷きにして、ノートとペンを取り、じっと静香の全裸の肢体を見つめた。

「この絵はおそらく、俺の最高傑作になるだろうな……できれば他人の手には渡したくないんだが……」

もう買い手はついているのだという。

「売り絵は売り絵でも、俺はいい加減に描いたことは一度もない……アーティストの精神がこもっているんだ」
「これを見ろ」

と言って利夫はノートの一頁を開いた。

足を無残に広げられた女が、秘口に男の怒脹を埋め込まれて排泄している。膨れ上がってパッタリと開花したアナルや、多量の汚物、だらしなく口を開いてよだれを流している女の表情などが、くっきりと写真よりも生生しく描かれてあった。

わたしも、こんなふうに……そう思うと静香は、気が狂ってしまいそうになった。いやだ、ぜったいにいやだ――しかし、気持ちとはうらはらに、便意はじわじわと確実に静香の腹部に押し寄せてきた。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室
【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】>>>【1月】>>>【2月】>>>【3月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
10.06.02更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |