ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
「未亡人との熱い日々」
告白= 三田村祐二(23歳)

29歳、女盛りの未亡人と体験した濃厚なSMプレイの日々――。大胆に責めること、受け入れられることの淫靡な悦びが華を咲かせ、やがて散っていくまでの刹那の思い出とは。『S&Mスナイパー』1980年11月号に掲載された読者体験手記を再編集の上で紹介します。年上の女性が見せる恥じらいと懐の深さに甘える若きS男性の胸の鼓動が、SMマニアの楽しみと孤独を表現しています。
 | 
【2】剃毛

ベージュのスカートを剥ぎ取ると、後は身につけているものといえば、パンティ一枚きりの妙子である。暑い盛りとあってパンストはつけていない。

スカートの色に合わせたのかベージュの薄いビキニパンティ一枚にされた妙子は、さらにその下肢をあぐらに組まされて仰向けにされている。もちろん私が卑猥な言葉と共に、無理矢理縛り上げたのである。

「ねえ、私をどうしようっていうの」

妙子が不安気な面持ちで私に尋ねる。

私はそんな妙子を見下ろしながら、ハサミを取り出して言った。

「奥さん、隣の部屋までならノーパンで帰っても平気だよな」

私の手元を見ていた妙子は、その言葉に狼狽した。

「な、何をしようっていうの」

驚きの声を上げる妙子。

だが、私は冷静な声になって、

「なあに、このハサミで最後の下着を切り裂くだけさ」

と言い放った。

「だ、だめよ。ハサミで切るなんていや」

妙子は言い続けたが、

「大声で奥さんの男遊びを喋り歩こうか

 という一言でおとなしくなった。

「ううっ、ひどいわ。こんなことになるなんて」

切な気に呻く妙子の声を心地よく耳にしながら、私は妙子のバンティをハサミで切り取った。

「奥さんは毛深いんだねえ。ここの毛の濃い女は好き者だっていうぜ。男とホテルにしけ込むのも無理ないねえ」

私は妙子に対して言葉で嬲り始めていた。

「いや、言わないで。三田村さん、見ないでぇ」

縄にいましめられた裸身を優美に悶えさせながら妙子が喘ぐ。そんな表情を楽しみながら私は、

「ふうん、見ちゃいけないの。それなら……」

と言い、妙子の女芯に手を伸ばして左右のラビアをかきひろげたり、木の芽の表皮をクルッとムキ上げて、指の腹で嬲ったリした。

「ああっ、いや。やめてよう」

切な気に喘ぐ妙子の表情は微妙な変化を見せており、ましてや女芯からは愛液すら湧き出させていた。

私はそれを元に妙子を責めた。

「奥さん、今下の口がどうなっているか言ってみな」
「かんにんして……そんなこと言えないわ」

拒否する妙子を見やりながら、私は次の責めの準備に取りかかっていた

私はT字型の安全カミソリとシェービングクリーム、それに濡れタオルを持って、妙子の側にすわり込んだ。

そして、彼女の恥丘を隠す春草を手でやわやわと弄びながら唐突に言った。

「奥さん、ここのおケケを剃り落とすぜ」
「な、何ですって」

妙子は、拒否よりも何よりも驚きが先に立ったらしい。

それはそうだろう。思春期以来、自分の体の一部として当然のごとく存在し続けた秘所の翳り。それを今突然剃り落とされるといってもピンとは来ないのだろう。

しかし、私が、

「じゃあ、始めるからな」

と言った時、初めて実感として受け止めた妙子は、

「いやーっ、いやよいや。絶対にダメ。それだけは許して。ね、私の肉体が欲しいのならあげますから」

火のついたように騒ぎ始めた。

その台詞を耳にした私は、

「ほーう、自分から犯してくれとは、淫乱な未亡人だぜ」

と言ったが、

(ちょっと抵抗があり過ぎるな)

とも思い、手拭いで妙子に猿ぐつわをかませたのであった。

手拭いで言葉を封じられた妙子は、

「うやっ、ううっ、むう……」

と、声にならぬ声で拒否し続けたが、私は、

「騒ぐと怪我をするぞ」

一声かけて、ハサミでまず短く刈り込み始めた。妙子は、シャキッ、シャキッというハサミの音に、翳りを落とされることを実感し、目に涙さえ浮かべながら猿ぐつわの下で小さく呻き続けていた。

「奥さん、いよいよカミソリによる剃毛式だよ。動くと大切な所に傷がつくから注意をするんだな」

一声かけて、シェービングクリームの上から丹念に毛を剃り落としていった。

妙子は、

「うくっ、うう……」

と呻きつつも、傷がつくという私の言葉に、じっと動かないでされるままにしていた。

全ての春草を剃り落した私は、濡れタオルできれいにそこを拭き取り、改めて、スベスベになった妙子の恥丘に見入った。

「きれいだぜ、奥さん。まるで童女のような愛らしさだ。それに、こうされちゃあ、男遊びもしばらく出来ないだろう」

言いながら私は、妙子の猿ぐつわを取ってやった。

「ひどいわ……本当にひどいわ」

泣きながら恨めし気に私を見る妙子を、

(可愛い)

と感じた私であった。それに涙を浮かべる様を見ていると、ちょっと可哀そうな気持ちも起こってきた。

しかし、だからといってそこまでで許すほど、私はお人好しではなかった。ペソをかいている妙子の上半身を抱き起こし、乳房をやわやわと揉みしだき、先端の乳首を指ではさんで嬲ったりたりした。

さらに、私が妙子にキスをすると、彼女は十分それに応じ、私が伸ばす舌を自らの口中でからめ取り、私の唾液をも喉を上下させて飲み込んだ。

気をよくした私は、妙子から離れると、あぐらに組ませて縛った足首の縄を、彼女の首に回してグイグイ引き絞り、足首が顔に近づいたところで縄止めを行なった。そして、そうした妙子を仰向けにころがしたのである。濃密な口づけを受けて、責めから解放されると思っていた妙子は、

「ああ、苦しいわ。まだ私をいじめるつもりなの」

と言って唇をかんだ。

そういうポーズに晒されると、女の秘所はムキ出しである。全て剃り落とされてツルツルになった恥丘、それ故くっきりと亀裂を見せる女のもう一つの顔。女体で最も敏感なボタンは、今や充血して、小指の先ほどまでにも大きくなって息づいている。

その下で左右にひろがるラビアは、さほどの色素沈着を見せずに、ヒクヒクと淫らに収縮している。

さらに、女芯のみならず、自らは目にすることの出来ない菊の蕾すらも天井を向けて、その様を露にしているのである。

およそ十五分ばかり、そうして言葉と指で女の秘所(もちろんアヌスも含めて)を嬲り続けた私も、下半身の誘惑には勝てず、妙子の直に回した縄と足首の細をほどいた。そして彼女の上におおいかぶさるようにして貫き、妙子の体内に自分の精をしたたかにほとばしらせたのである。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室
【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
10.01.20更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |