ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
マニア告白手記

穿たれたアヌス 第八回
―スナイパー1980年8月号より―


投稿=宇田島博子(20歳)
絵=石神よしはる

お姉さまは、私のアヌスをじっと見つめ、コネコネといじくるのです!
198008_title.jpg

スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
 | 

●アヌス奴隷

お姉さまはこうして、一日一日と乱暴になっていきました。

「博子は私のアヌス奴隷よね……」

そんなこともいうのです。

「私に奉仕するアヌス奴隷……」

ときに気が狂ったように、ケラケラと笑うことさえあります。私は鳥肌立って身震いしますが、しかしさいごにはいつも負けてしまいます。お姉さまのいうがまま、私はどんな淫らなポーズもとってしまうのです。

四つん這いになったり、トイレの便器にしゃがんだり、私は生きる人形と変わり果ててしまいました。こんなふうに責められると、あれほど敏感だった私の性感は異常に歪められていくのでした。

もはやふつうの愛技で、私は反応しなくなったのでした。たまにお姉さまがふつうの責めをしようとすると、

「お姉さま……」

私はハレンチにもお尻を突きだし、媚びるのでした。巨大な淫らな生物の私に、もはや人間の良識も理性もないのです。

「イヤね! また菊を責めてほしいの」

軽蔑した口調のお姉さまに、

「お願い……」

私はお尻を左右に振るのです。

「スケベね! 博子は……」

お姉さまはしかし、そんな私が可愛くて可愛くてならぬという表情で、ポンポンとお尻を叩くのです。
最近、お姉さまはローソクをプレイに使うようになりました。SMホテルにはローソクが何本も用意してあります。私たち以外の人も使ったらしく、床には蝋涙のあとがシミとなっています。

「博子、これ使おうか」

そういわれたとき私は恐怖に顔色を失いました。

「それだけは止めて……」

私は両手を合わせました。

「博子がイヤというと、よけい使ってみたいな……」

お姉さまはしなった手つきでローソクに火を点け、それを私のお尻に近づけます。メラメラと燃える焔が、お尻の柔らかな肉をかすめて、その熱さに私は悲鳴をあげます。

「あれっ……」

私の悲鳴はしかし、お姉さまにとって天国の楽の音のように、快く聞こえるふうでした。

「うふふ……博子の菊を焼きつくしてしまったら楽しいわ」

いやらしく笑って、ローソクの焔をこんどはアヌス近くに左右にうごかせるのです。

「きゃーっ……」
「アヌスのお毛々が焦げた……」

お姉さまは興奮していい、ますますその恐怖のプレイをつづけるのです。

「お願いです、ローソクだけはもう使わないでください」

なんどもなんども私は哀願しましたが、決して聞きいれてくれません。

「大丈夫だわ。こっちのお顔はどんなになっても見るのは私だけよ……」

くすくすと含み笑いして、私のアヌスを責めつづけます。たしかにそのとおりで、こんな恥ずかしいところを見られるのはお姉さま以外にないのです。そしてそのことが、不思議にも私にはえもいえぬ被虐の歓びに転化していくのでした。

もう自分はどうなってもいい……お姉さまのためにメチャメチャになって、青春も人生もどうなってもイイ……そんな感情におそわれてしまうのでした。

つい先日、私は久しぶりで郷里に帰省しました。

「博子、すっかりきれいになったね。幸福そうじゃないの」

なにも知らぬ郷里の両親はそういって嬉しそうなのです。私を東京の大学に入れ、学生専用マンションに入館させているという親の誇りが、私を見る目にあふれています。

「そうかしら……」

私はその視線を避けるように、そっとつぶやきます。皮肉にも私のアヌスは、お姉さまの弄虐で菊花の原型もないほど、メチャメチャにつぶれているのですが、私の顔は自分でもはっとするほどきれいなのです。

一年余りまえ、私の体重は四十五キロはあったのですが、現在は痩せて三十八キロしかありません。お姉さまのプレイで不要なゼイ肉がみんな削がれていったのです。

私はできたらもう、お姉さまと別れたいと思っています。これは理性のささやきですが、しかしその反面、私のお尻はお姉さまの責めを求めて、いまも燃えているのです。私はもうこのまま、正常な女性に戻れぬのでないかと心配で心配でたまりません。


前回に戻る 目次に戻る

mobile_qr.jpg S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!

http://sniper.jp/i/


関連記事

私は多情な悦虐人形
【1】
>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】>>>【7】
 | 
08.11.19更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス