Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第5話/ウキウキ温泉旅行の巻 ~前編~
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
未成年に出会おうとするカメラおじさんの細かい手口がいま明かされる! 映画『はらはらなのか。』公開中!!
特選AVレビュー『これが本場のMajor Lady's BOIN!! 大統領もびっくり!日米棒液摩擦(Mellow Moon)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】後編
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第54回
2ページまんが 酒場の女【6】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年4月号
特選AVレビュー『接吻ヨダレ飲まされ調教/通野未帆 (光夜蝶)』
純粋培養されたカルト家族出身の青年の唇にゴスガールの唇が触れた瞬間いままで積み重ねられてきた全ての書物・訓練・芸術が爆散するのがいい 映画『はじまりへの旅』公開中!!
特選AVレビュー『人間羞恥博覧会 奴隷パドック』(シネマジック)
特選AVレビュー 『Aカップ未満 -従順いいなりいもうと- つるつるぺったん娘 宮沢ゆかり(18)』(K-Tribe)
特選AVレビュー『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)
特選AVレビュー『制服美少女と性交 あまねめぐり(ドリームチケット)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】前編
特選AVレビュー『キスで理性が崩壊!(ラハイナ東海)』
特選AVレビュー 『経験人数たったの1人! 某有名大学でミスコン準グランプリに輝いた現役女子大生AVデビュー!!/橋口りおな (ワープエンタテインメント)』
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【10】「冬には不倫女が自殺する」
特選AVレビュー『AVアイドルどすけべ研究所 file.01 皆野あい(HMJM)』
絵を描く人々 第12回 日本・お絵描き・女の子
アクセスアップ
新刊情報
五十路密会 Vol.10(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.10(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2017年6月号(ミリオン出版)
蜜濡れ女ざかり Vol.4(大洋図書)
着衣巨乳のお姉さん(大洋図書)
淫らにまぐわう夜這い(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年6月号(大洋図書)
BITTER 2017年6月号(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.28(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.8(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_05_TOP.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第1回「牧瀬茜」【5】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=牧瀬茜

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、いよいよ牧瀬茜さんの最終回!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

たぶんどこかで自分は生きていていいのだろうか?って
考えているからなんだと思います
dancing_girls_05_01.jpg


ダンスのレッスン

デビューしてから6年が経ったころ、牧瀬茜は小さなスランプに直面していた。踊り子はダンスが上手である必要はない。レッスンを誰かに強制されることもないし、たとえミスをしたとしても誰に怒られるわけでもない。しかし自分のイメージ通りに踊れるようになりたいと思った牧瀬茜は、ダンス教室に通うようになった。

「今、私が習っている先生は、精神面をとても重視する方です。カラダの軸とか中心について教えてくれるんですけれど、それはヨガとか気功に似ている部分があるんです。心に抱えてる問題とダイレクトに繋がっていて。例えば私は、自分を隠して生きてきた時期が長かったから、育てなきゃいけないことが育っていなかった。つまり心に核がないんですね。だから物事を決めるときにも自分の中に正しさがない。基準がないんです。だから踊りにも芯がないのかなって」

コンプレックスを一つ一つ克服してきた牧瀬茜だったが、避けて通ってきたものは、カラダの動きに全て表れていた。心の奥底では未だ解消されていない問題が潜んでいたということだ。そして、それに直面できたことは、新たな一歩でもあった。

「思い通りに動かせないものが多すぎることがわかったんです。例えばバレエの基本姿勢で腕を水平に伸ばしたとき、先生が“手首の力を抜いて”と言います。え、手首だけ力を抜くってどうすればいいんだろう?って。そのとき私、手首がどこにあるかすら意識できないんです。指一本一本までピンと張りつめていて、固まってしまっている。そんなこと簡単に出来ちゃう人もいるんですけど、私は生き方が固すぎるんでしょうか(笑)。力がほどよく抜ければ、逆に生き方も変わるし、そこを意識して踊ることができれば、心にも芯ができるのかな。踊るということは、自分の内面と向き合うことでもあると思うようになったんです」

ひとつひとつ目の前にあることと真剣に向かい合う。そんなある意味不器用な牧瀬茜は、今も人生を模索している。

「今日も私は一つ後悔してることがあって、ダンスのレッスンに行って、一人の女の子が『牧瀬さんすごい足綺麗だねー』って言ってくれたんです。そこで私は『うん、ありがとう』って素直に言えない。なんか自分の欠点を指摘しなきゃ気がすまないんです。で、私は、『でも私の足シミだらけなの』とか言っちゃって、言ったあと、『あ、またやってしまった』と思って後悔する。相手が褒めてくれたのに、でもねってことを言っちゃうんですよね。これもやっぱり自分でコントロール出来てないカラダの部分と同じなんです。心の問題なんですね。そういう心が踊りにも表れているような気がするんです。例えば踊りが小さくなってしまうとか」

自分を細かく分析している牧瀬茜には、無駄な経験など一つもないこうした些細なことでさえも今後の役に立てようとしているのだ。

「もしも自分が、全て開放されて、そういうノウハウが習得できたら、誰かに伝えていかなきゃいけないことなんだなって思います。今の自分にはとうてい無理なんで、かなり時間がかかることだとは思うんですけどね」

dancing_girls_05_03.JPG

dancing_girls_05_04.jpg

dancing_girls_05_05.jpg
そんな牧瀬茜の口からは、「癒し」「生きがい」「夢を与える」というような言葉が頻繁に出てくる。人のために何かしたいという願望が、言葉の端々に溢れていた。

「それはすごく自覚していて、たぶんどこかで自分は生きていていいのだろうか?って考えているからなんだと思います。教員を目指していたときも、そこに生きがいを求めていたと思うんですよ。でもそれもダメで、自分は極潰しだなって。今は、踊り子をやっていて、喜んでくれる人がいるからそれが生きがいなんですけど。それと同時に、牧瀬茜ではない、本当の自分は必要とされているのだろうか、という想いもあって。本当の自分とステージでの自分をリンクさせていかないと、この先、仕事を辞めた時に、生きる自信を失いかねないですしね(笑)」

一見、暗い話のように感じるが、牧瀬茜からは自信が伺えた。自分に厳しくて、絶対に妥協を許さない。負の面を直視できる人間は、そういない。目をつぶって生きることは簡単だが、それを選ばなかった牧瀬茜は、今だって充分に、人に癒しと夢を与えている。

「70〜80歳の方からファンレターを頂くことがあるんです。月一回ストリップを見に来てくれて『僕の生活の支えになってます』とか言われたりすると、ジ〜ンときちゃう。ああ、本当にこの仕事は悪くないなあって。人に喜んでもらえることで、自分も癒されているんです」

初めてストリップを見たときの衝撃、「開放感に溢れている」と感じたその第一印象は、今になって心と身体で感じている。最初の直感は、真実を物語っていたのだ。

前回に戻る 目次に戻る

makise_akane01.jpg
Makise Akane x Inbe Kawori★

牧瀬茜
1998年7月1日デビュー。若松劇場所属。愛称は“ガマグチ茜”。9年間というキャリアは踊り子のなかで中堅クラスにあたる。同人誌『ZOWV』誌上にて散文的な詩やエッセイとイラストを、また隔月刊誌『裏ネタJACK(ダイアプレス)』に四コマコミック「性活だより」を連載中。劇場・郡山ミュージックの館内には自身が撮影した作品を常時展示中など、ステージ以外にも活動の場を広げている。
撮影=インベカヲリ★
モデル=牧瀬茜

関連リンク

牧瀬茜
インベカヲリ★

関連記事

ジョウジ川上55歳の決意  ストリップと共に生きた興行師の30年
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】


インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
07.12.01更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー