本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
よろめき 2019年3月号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年3月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.28(大洋図書)
花と蜜 2019年3月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.45(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ(大洋図書)
昼下がりの淫乱アパート妻(大洋図書)
アダルトアテンダント(大洋図書)
愚か者ワンゲルナイト(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫
番外編 船橋ストリップシアター若松劇場 【2】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、番外編として、踊り子たちを陰で支えるストリップ劇場をご紹介です!

前回に戻る 目次に戻る
 | 

劇場の表側へまわると、ロビーに大量のリボンが置いてあった。近くにリボンさんがいる。しばらく待ち伏せすると、30歳を少し過ぎたくらいの男性が現れた。

「リボン歴は2年半くらいですかね。それまでは一ストリップファンでしたよ。フラっと観にいって、こういう世界もあるんだって知って、気付けばこんな風になってました。最初に追いかけてた姐さんが引退するときに、何かしてあげたいなって思って、リボンをやったんですよ。それがきっかけですね」

ストリップ劇場に行くと、一度は目にするのが、このリボンさんだ。踊り子がポーズを切るタイミングに合わせて客席からリボンを投げる。たいがいは踊り子のファンだ。

「練習はしましたね。リボンを掴むときはこう、投げるときはこうって大まかに師匠に伝授されて。師匠とは劇場で知り合いました」

そういってリボンを掴んでみせる。いっぺんに片手で9本。反対の手でリボンの先を掴む。まるで野球選手のように素早く投げるポーズをキメてくれた。カッコイイですね。

「12本投げする人も結構いますよ。私は本当に未熟者ですから、9本が限界です」


リボンを投げるときのフォーム

9本投げは、3本×3本を片手で持つ

投げ終わったリボンは、また元の形に巻き直す。機械を使うと、あっという間に元に戻った。
以下、リボンさんとの一問一答。

――すごいすごい! この“リボン巻き機”は自分で作るんですか?

「これはスターバックスで売ってるミルクフォーマーなんですよ。ヘッド部分を外して軸を差して円盤を入れる。関西に住んでるストリップファンの方がこの軸部分を開発したんですね。日本で使われてるこの軸の7割8割がその人から買ったものじゃないかな」

――それはどこで買えるんですか?

「委託販売してるのを買うか、知人から譲り受けるかしてね。これはちなみに貰ったやつ」



リボン巻き機を使えば、数秒で元通り



先端に軸と円盤を挿して使う


――いろんな色のリボンが並んでますが、これは決まってるんですか?

「ベッドショーのときに投げるのは基本的に白。これは暗黙の了解ですね。ベッドショーでは踊り子さんの近くで投げることが多いので、目立ち過ぎないほうがいいんですよ。逆にオープンショーのときは賑やかしなので、華やかな色を添えるんです」

――銘柄は決まっていたりするんですか?

「定番なのはGラインってやつですね。今日持ってきてるやつがそうです。包装用品で売ってます。でもこれ、買ってすぐに使えるわけじゃないんですよ。新しいリボンだとカミソリみたいに皮膚が切れちゃうんです。だからハサミの背でしごいたり、定規に挟んでしごいたりして、表面を擦るんですね。それで柔らかくしてから初めて使える。手間はかかってますよ」

――リボンを投げるに当たって難しいことってなんですか?

「えっと、一番難しいのは、お客さんにかけないことですね」

――そこまで気を遣ってるんですか!

「基本的に踊り子さんにかけない、お客さんに被らないっていうのは、大事なんです。それでもどうしても場内が混んでるとか、引くのが失敗して被ったときなんかは、すみませんでしたって謝る。謝らない人もいるけど、そうすると、「誰々についてるリボンはマナーがなってない」とか陰口言われちゃうんで」

――タンバリンはやらないんですか?

「私はタンバはやらないですね。昔やってみたけど、リズム感があんまりよくないみたいで。リズム感がないと、踊り子さんがリズム外して迷惑かけるんですよ。調子狂うって人が結構いて。リボンよりタンバのほうが素質が必要ですね。リボンは練習すればなんとかなるけど、タンバはリズム感ないとね」

――リボンさんとして加わる魅力ってなんですか?

「参加してるって意識もありますし。リボンが飛んでると嬉しいっていう踊り子さんもいるんで、そういう意味で応援につながるかなっていうのもありますね。ただ、どうしても踊り子さんに付きまとっちゃうようなリボンさんも時々いるので、そういう風にならないように気をつけてます」

――好きな踊り子さんが引退しちゃったときってどんな気持ちなんですか?

「頭が真っ白になりますね」

――好きな踊り子さんってどんなタイプですか?

「『ここまで頑張ることないのに』ってくらい、頑張るところをみせられると、ああ応援したいなって思います。可愛いとか、肌が綺麗ってだけだと『いいね』で終わっちゃいますからね。やっぱり応援も、お金と時間が掛かるので」

――一番遠くだと、どこの劇場まで応援に行きました?

「福岡県。いや、大分の別府かな。東京のファンが、大阪に行くっていうのは、そんなに遠距離ってほどでもないんですよ。北は札幌から、西は北九州、別府まで」

――いろんな劇場を見てきた方からすると、若松劇場はどういう印象ですか?

「バラエティにとんだ踊り子さんが乗るので、そういう意味で楽しい劇場ですよね」

――ちょっと古めかしい雰囲気もいいし。

「ああ、やっぱりねえ、最新の設備っていうよりは、レトロな感じのほうがこの業界的には合ってると思いますね」

――ストリップ劇場がどんどん潰れていってる現状に対してはどう思います?

「残念ですね。ある意味、日本の文化だと思うんですよ。警察ももっと他に取り締まるべきものがあるだろうと思いますよ。あと、ぶっちゃけ摘発とか入ると、踊り子さんが親バレする可能性もあるので、それがすごく可哀相だと思いますね。他の踊り子さん達だって、いつ自分がガサ入れで引っ張られるかって不安を抱えながら過ごすわけだから、気の毒だなって思います」

饒舌なリボンさんは、最後まで丁寧に質問に答えてくれた。ファン同士が行きかう場内では、高度なコミュニケーション能力が必要なのだろう。ストリップの客席にも、一つのドラマがあるのだ。




リボンさんの道具一式
リボンを並べるトレーと、使用後に入れる洗濯ネット



(続く)

前回に戻る 目次に戻る

Wakamatsu Theater x Inbe Kawori★
wakamtsu_prof.jpg

取材協力=船橋ストリップシアター若松劇場

千葉県船橋市本町2-17-27
\x87\x84047-432-0767

船橋駅より徒歩7分

座席100席

駐車場無料

開演時間■11:30〜23:30
※1日4回公演入れ替えなし

料金■平常5,000円/早朝13時まで3,500円

公演時間

1st 11:30〜14:30
2nd 14:35〜17:30
3rd 17:35〜20:30
4th 20:35〜23:30

4/21-30の出演予定

詩田笑子
一愛遥
蒼井夏恋
西園寺瞳
鈴木りん
麻吹ルキア

※出演者の詳細については
劇場までお問い合わせ下さい


関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
片瀬永遠 【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】




インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.04.26更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー