本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

Criticism series by Murakami Yuichi;Philosophy of "bishojo" game
連載「美少女ゲームの哲学」
第八章 美少女ゲームの音楽的テキスト【2】

様々なメディアミックスによってコンテンツが生まれている昨今、改めて注目されている作品たちがある。美少女ゲーム。識者によってすでに臨界点さえ指摘された、かつて可能性に満ちていた旧態のメディア作品。だがそうした認識は変わらないままなのか。傍流による結実がなければ光は当たらないのか。そもそも我々は美少女ゲームをどれほど理解しているのか――。巨大な風景の歴史と可能性をいま一度検証する、村上裕一氏の批評シリーズ連載。
 | 
この点から『かまいたちの夜』を振り返ることは示唆的である。この作品には、『弟切草』に比べれば多様な人物が登場するため、あたかも人物のテーマソングらしきものが存在する。しかし、『同級生』や『雫』と比べれば、それが全く異質なものであることが分かる。例えば、大阪人の会社経営者である香山誠一には演歌調の音楽が、その妻である春子にはトレンディーな音楽がいっけんテーマソング的に設定されている。しかし、実際にはそれは人物の固有性を示すものとは言いがたい。むしろ、大阪人の経営者だとか、エロティックな美人妻といった、記号のための楽曲である。したがって作中で別な人物中心のシーンに使い回されることもあった。このことは、『かまいたちの夜』の人物が影絵で表現されていることとパラレルな事実だろう。解像度も低く、ここにおける影という表現は固有性からはほど遠い。実際、固有名的であるというより、『かまいたちの夜』の人物は、類型的もしくは機能的に配置されているという感じが拭えない。それは三人称的な本質が『弟切草』と変わらないからであり、影絵とはそのための擬制だったのである。他方で、恋愛ゲームにおけるキャラクターテーマソングは固有名的である。他の人物のために使い回されるということは基本的にありえない。

恋愛という価値が組み込まれた結果、美少女ゲームがヒロインを対象とする物語として構成されるようになったことは既に確認した。一人称的な音楽による一人称的な物語。そこでは、当時のサウンドノベルとは異なり、男性主人公と同一化することでより本質的な感情移入がなされるようになった。こうしてキャラクターテーマソング以外の音楽の役割も、畢竟、以後の作品では変わるようになった。

三人称的な音楽観においては、楽曲は普遍的な意味を担う。他方、一人称的な音楽観においては、楽曲は個別的に振る舞う。もちろん、この二つの関係は、音楽それ自体が独立して存在している以上はくっきりと区別できるものではない。結果として、音楽が乗る物語との関係性によってそういう振る舞いを見せているということにしか過ぎないのかもしれない。しかし、いずれにせよ、意表を突いて驚かせるようなごく短期の「サウンド」的効果ではなく、より長期的である種の納得を背景に感情移入を施す効果が、この一人称的な世界でなされているのは確かである。

その傍証としてノベルゲームに用いられる曲には名曲が多く、ユーザーからの評価も高いところがある。たとえば『アトラク=ナクア』(アリスソフト、1997)の「Going on」や『雫』の「瑠璃子」、『痕』の「ためいき」などはよく言及される(※120)。ちょうど当時がPCのマルチメディア化の過渡期だったことを鑑みても、ノベルゲームの音楽的評価は相対的に高かった。

中でも重要な画期としての意義を持つのはボーカル曲の登場時期である。1996年前後からボーカル曲を搭載したゲームが登場し始めた。しかし、詩という形で意味内容を構成しなければならないボーカル曲が本質的な意味を持つのは、やはり物語と組んでのものだっただろう。たとえば、1997年に綺羅星のように輝いた二つの作品がある。一つは『To Heart』、もう一つは『Piaキャロットへようこそ!!2』である。後に後者の作画スタッフであったみつみ美里と甘露樹がLeafに合流して『To Heart2』を作ることを考えれば示唆的だとしか言うことができない取り合わせの二作品だが、エロゲー批評空間での調査によると、前者は「歌がいい」タグに64点がついているのに対して、後者は11点である。すなわち、少なくともシミュレーションゲームだった後者は、そこまで楽曲というものを重視していなかったということであろう。もちろん、会社のカラー的な違いというものはあったかもしれない。Leafは明らかに音楽的な優越があった。そして、そのようなメーカーが業界を牽引していくことになったのである。

では音楽的な優越とは何なのか。それは単に音楽的な体制が整っていたかどうかだけの問題なのか。むろんそうではない。それは作品を物語として、それも美少女ゲーム的なものとして捉えているかどうかの差異として現われる。その違いを吟味するために、ここで先の二作品の楽曲の歌詞を少し見てみよう。

『Piaキャロットへようこそ!!2』のOP曲である「GO!GO!ウェイトレス」はこのような歌詞から始まる。
ぐるぐる今日も目が回る いつものこと 気にしてないけど
短いスカートひらひら なんだかふわふわしてきちゃう
みんなにも分けてあげる タフでハデな明るい未来
少しくらいミスをしても愛嬌
許してほしいの
忙しいのよ 手が離せないの今は
済んだこと 今更
どうにもならない
眠たくっても 疲れてても 止まらない
ほら そこのキミも もう
のんびり出来なくなってる
見れば分かる通り、女性一人称を通じた、圧倒的な能天気さである。それは、1997年に出たといいながら、むしろバブル期のメンタリティなのではないかという疑いを持たせるほどである(※122)。楽曲を聞いてみればその感想はさらに強まる。合唱曲の体で軽々と歌われるそのニュアンスはおニャン子クラブを彷彿とさせる。しかし、ウェイトレスとのエッチな恋愛をすることを求めるゲームにおいてはそれはまったく真っ当な指定であっただろう。

これに対して『To Heart』のOP曲である「Brand-New Heart」はどうだろうか。
Brand-New Heart 今ここから始まる
胸の中の鼓動が聞こえる
Come To Heart 可能性を信じて
君に送る テレパシー

それなりの悩みも抱いて 迷いも消えなくて
この星の上で何か 求め探し続けて
耳を澄ませば 教えてくれたね
痛みも悲しみも 全てなくしてくれる Oh 奇跡
曲といい歌詞といい、ぐっと歌謡曲調ではあるのだが、歌っているのも声優ではなく歌手であるという点で本格的であり、妙に純朴で真面目なイメージが描かれているように思えないだろうか。テレパシーという言葉を用いながら、分かり合いたいというメッセージが強く打ち出されている。しかも「星」というあまりにも大仰な舞台を設定することで、その広大な世界の中でたった一人の「君」に届けたいというニュアンスを強めている。これはまさに美少女ゲームの倫理であるし、ひそやかに「奇跡」という言葉が呟かれていることも傾聴に値する(※124)

もちろん、前者は前者でウェイトレスの率直な心情を歌っているのかもしれないが、後者の方が深刻そうであることは確かだろう。その深刻さも、大人から見れば甘っちょろい、少年少女の深刻さである。しかし、そのような心情を歌いだしたからこそ、美少女ゲームは今に残る物語を生み出すようになったのではないか。

文=村上裕一

※120  たとえばエロゲー批評空間を見ると『雫』には「BGMがいい」タグに35点がついている。「シナリオがいい」が39点であるのを鑑みるに、これは相応の高得点だと考えられる。ちなみに『痕』は62点、『アトラク=ナクア』は135点、少し後だが『AIR』は393点だ。ただしこれはそもそも評価をつけた人間の母集団の違いに強く依存しているので、そのまま作品ごとに比較できるわけではない。とはいえ他方『同級生』は2点である。

※121 「GO!GO!ウェイトレス」作詞:金杉肇・吉田文/作曲:REICO
収録作品『Piaキャロットへようこそ!!2』(カクテルソフト、1997)

※122 みつみ美里たちがLeafに移籍してから第一作となった『こみっくパ~ティ~』のOPもほとんど同じようなテンションの歌詞だったことは面白い符号かもしれない。実際こちらはノベルゲームではなく同人誌制作シミュレーションであった。しかしながら、この作品は妙にドラマがしっかりしており、一種の感動作品として捉えられているところもあり、実際OPもどこか感動的で、EDに至っては単純に名曲となっている始末なので、やはりメーカーのスタイルというものの存在感が大きいという結論になるのかもしれない。

※123 「Brand-New Heart」作詞:NEKO/作曲:中上和英
収録作品『To Heart』(Leaf、1997)

※124 この基本は現代においても変わらない。たとえば『ひぐらしのなく頃に』はゆたかなBGMを内蔵しているが、むしろ、無音の状態や、それに準ずるような風の音のほうにこそ、多くのプレイヤーは強い印象を持っているだろう。なぜなら、そこにサスペンスがあるからである。


第一章 恋愛というシステム
第ニ章 地下の風景
第三章 探偵小説的磁場
第四章 動画のエロス
第五章 臨界点の再点検
補遺
第六章 ノベルゲームにとって進化とは何か
第七章 ノベル・ゲーム・未来―― 『魔法使いの夜』から考える
第八章 美少女ゲームの音楽的テキスト

村上裕一 批評家。デビュー作『ゴーストの条件』(講談社BOX)絶賛発売中!最近の仕事だと『ビジュアルノベルの星霜圏』(BLACKPAST)の責任編集、ユリイカ『総特集†魔法少女まどか☆マギカ』(青土社)に寄稿+インタビュー司会、『メガストア』2月号のタカヒロインタビューなど。もうすぐ出る仕事だと『Gian-ism Vol.2』(エンターブレイン)で座談会に出席したり司会進行したりなど。またニコニコ動画でロングランのラジオ番組「おばけゴースト」をやっています。http://d.hatena.ne.jp/obakeghost/ WEBスナイパーでは連載「美少女ゲームの哲学」とラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」をやっています。よろしくね!
twitter/村上裕一
 | 
12.07.01更新 | WEBスナイパー  >  美少女ゲームの哲学
文=村上裕一 |