本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑サスペンションで吊られる、「痛みを見世物にする」ペインソリューションのメンバー。

2014.9.13 Sat at SHINJUKU FACE
2013年9月13日(土)東京「新宿FACE」にて開催
長らく闇に封印されていた「見てはいけない物」のオンパレード。魑魅魍魎たちが一夜の邂逅を求めて、皆様を禁断の世界に誘います――。あらゆる身体パフォーマンスが集うと言われる禁断の情念の祭典。都会の変態夢遊病者が集う大人のパーティーの模様を、今年も早川舞さんにレポートして頂きます!!

取材協力=サディスティックサーカス運営事務局
 | 
昨年10周年を迎えたサディスティックサーカス(以下SC)。2ケタ台最初となった今年は、さらにパワーアップして、2日連続の開催となりました。

SCとは何かご存じない方のために軽く説明しておきましょう。「大人のトラウマ」をテーマに一晩のうちに入れ替わり立ち代わり演者たちが出演し、めくるめくショーを見せてくれる、それがSCです。

ショーといってもただのショーではありません。フェティッシュやアンダーグラウンド色の強いものを中心に構成され、エロありグロあり耽美あり......といった感じ。とはいえ、既存の枠にはめようとしても「ちょっと違うような気がする」というパフォーマンスも多く、「何が何だかわからないけどスゴイ」と圧倒され、自分の中でそれまで築いてきた価値観を揺さぶられるのもSCの特長といえます。まさにサーカスです。

開場は例年と同じく新宿・FACE。ここは本来プロレスの舞台なので、360度すべてが正面になります。
今回は1日目であるAプログラムのほうにお邪魔しました。

毎年目立つフェティッシュ・ゴシック色強めのファッションの人々は、今回は少なかったように感じました。Aプログラムが22時30分終了なのに対し、翌日のBプログラムはがっつり朝までなので、皆さん力を蓄えているのかもしれません。ああいう格好するのって意外と体力使いますからね......。

Aプログラムの出演者はこちら。
■戸川純
■バーバラ村田
■山田広野(MC)
■くるくるシルク
■BBG48
■ペインソリューション
■フープ東京 AYUMI
■ラッキーヘル
■奈加あきら

......の予定だったのですが、ラッキーヘルが体調不良のため在住国・フィンランドからの出国禁止を言い渡されたらしく、急遽、翌日出演予定だったスカオフが代わりを勤めることに。肉を食べて当たったらしいです。あるんですね、そういうこと。

↑開演前の会場内にはSCのロゴが。ここに次の出演者の名前が映し出される仕様。


戸川純

客席に座って開演を待っていると、何の前触れもなく戸川純さんのライブが始まりました。バンドメンバーが次々ステージに立ち、最後に真ん中に用意された椅子に80年代のアイドルみたいな格好――水色のフリフリのワンピースに花のついた麦わら帽子――をした戸川純さんが座ります。
私は戸川純さんについては特にファン!ということもなく、一般の方と同様、どころかおそらくそれ以下の知識しか持っていませんでした。そういうわけでライブを拝見したのも初めてだったのですが、パワーと表現力に圧倒されました。
まず1曲目、「バーバラセクサロイド」。ハスキーとも違う、少年みたいな声の彼女の歌は、ところどころ音程をはずしています。ただ音程をはずすというよりは、踏み外す、逸脱していると感じるはずし方です。その逸脱にとてつもない生命力がみなぎっています。
と思いきや、曲が変わるたびに野太く、切なく、柔らかくと次々と多彩な表現が顔を出し......いやしかし、そこには単なる表現以上のものがありました。曲が変わるたびにこれもまた戸川純という人そのものなんだと訴えかけられるような、切羽詰まった力強さ。
一発目からいきなり魂を持っていかれました。今度ライブ行こう。


■バーバラ村田

次に登場したのはパントマイムのバーバラ村田。
まずは舞台ではなく客席にスポットが当たります。そこにいたのはうさぎの頭をかぶった獣頭人身のナニカ。このうさぎがまた妙にリアル。一歩間違えれば「怖い」にもなりそうで、妖しさを一層引き立てています。
うさぎがそのかぶりものを取るとかわいらしい少女の姿に。客席を回る途中でコートをつけた仮面を受け取り、ソレと一緒に舞台に上がります。バーバラさんは舞台の上で、ソレのコートの片腕に自らの腕を通すことで、まるで男女2人でダンスをしているようなパントマイムを披露。下半身は1人なのに上半身は2人に見えるところも妖艶です。
ミュゼット風のレトロな雰囲気のBGMが多く、舞台は誰かが昔見た夢の中を覗いているかのよう。パントマイムの最後には夢の終わりを告げるかのような鳩時計の音が響き、仮面がなくなってコートだけになった「相手」とくるくると激しく踊ります。
気がつくと少女はコートを持って1人で舞台に立っていました。今までのことは全部夢(?)と思っていると、肩に小鳥が。その小鳥が彼女の手の中で何枚ものハンカチに変わり、最後の1枚には観客に向けた「thank you」の字が。
少女は再びうさぎの頭をかぶって退場。またどこかに夢を見に、あるいは見せに行くのでしょう。

↑目を凝らしていないと本当に二人いるのではと錯覚してしまいそうな流麗な動き。


■くるくるシルク

SCではすっかりおなじみになった、3人の漢(おとこ)による大道芸集団。2002年の第1回から登場している常連です。
今回は台所用品を駆使して音響効果を工夫した中国雑技団風味。タライを棒の上で回す、真鍮のコップでジャグリング、そのコップの上で不安定な体勢をとりながらさらにジャグリング、おたまでやっぱりジャグリングなどなど。鎧のように体にボールやらお盆やらを装着しているのは、芸の最中で道具をそれに当てて音を出すためでした。お鍋でつくった小さな銅鑼もじゃんじゃん打ち鳴らします。
やっぱり音が鳴るとテンションが上がりますね。スカっとするような小気味よさを終始覚えながら鑑賞しました。楽しかった!

↑キッチン用品を使ったコミカルな大道芸。アルミや真鍮ならではの音も楽しめた。


■BBG48

「うんこ、うんこ、うんこがしたい! うんこ、うんこ、うんこがしたい!」
そんな歌詞を叫びながら舞台に飛び出してきたのはBBG48の面々。白いブラウスにネクタイ、タータンチェックのプリーツミニスカートという記号化されたアイドルの格好なのに、見てはいけないものを見てしまった感はこれまでの中でいきなりMAXです。歌の途中で口からうんこが出てくるし。
一曲目「うんこがしたい」の後のMCによると、BBGとは分倍河原(ぶばいがわ)のことで、ゴキブリコンビナート発の美少女ユニットとのこと。「きつい」「きたない」「危険」の3Kで客席を恐怖に叩き落とす演劇集団・ゴキブリコンビナート発の上、曲名が「食べ頃よ」「クリックしてね」「ゴミ漁りの歌」「野方」などとなれば、その凄まじさはご想像いただけるのではないかと思います。が、たぶん想像より数倍凄まじいです。
ラストの1曲、舞台いっぱいにまき散らかされたゴミの中で「とにかくでっかいちんぽくれ!」とシャウトしていた彼女たちの姿を私はずっと忘れな......というか、しばらく口ずさんでしまって困りました。

↑メジャーからはもっとも遠いところにいる、エクストリームすぎるアイドル集団。


■ペインソリューション

さて、次はこちらもSCではすっかりおなじみとなった感のあるペインソリューション。北欧はノルウェーからやってきた「痛み」を見世物にする集団で、これまでも体じゅうを刺したり切ったり、電球食べたり針山の上に横たわったり、その針山の針をじわじわと一本ずつ抜いていったり、客席を「いやぁぁぁ、ちょ、やめ! 痛いから! いたたたたたた!!」の渦に巻き込んできました。今の世の中、これだけ客席からの共感を得られるパフォーマンスってそうそうないんじゃないでしょうか。
今回は翌日も出演するせいか時間は短め。が、内容はがっつりサスペンション。サスペンションというのは皮膚に直接フックを刺して、その針で体を持ち上げるパフォーマンスのことです。
ヘッドマスター(白いスーツの人)がプリンセス・オブ・スカー(女子)の肩甲骨下から始めてお尻の下、脛とフックを刺していき、それをロープにくくりつけます。マニアック(女装男子)がロープを引くとふわりと浮くプリンセス。
さらにヒドイのは、これだけでも痛い(多分)のに、ロープを一本一本切っていくところ。つまりそれだけ一箇所にかかる荷重が増えるわけで、最後には肩甲骨下の一本になっていました。皮膚が......伸びちゃよぅ......!
最後はいつものように「痛いの、楽しかった!」とでもいわんばかりの笑顔でにっこり笑って舞台を後にしたプリンセスたちでした。

↑痛みの代表選手的プレイであるサスペンションは今回ももちろん披露(ニコニコしつつ)。

↑プログラムAではプリンセスが活躍。写真では見えないものの、かなりの流血だった。


■フープ東京 AYUMI

この方もSCには何度か登場しています。ただのフープではなく電飾のフープを回すところが、暗い舞台に映え、またAYUMIさんの肉体を妖しく照らし上げて美しいのですが、これまではクライマックス近くになって登場させていたこの電飾フープを今回は最初から披露。
前半はフープを体で回すだけでなく、手先だけで回す技も見せてくれました。だんだん本数が増えていくフープは最終的には球体のような形になり、彼女の手の上でくるくると回ります。フープを肩から腕に乗せて、翼のように見せるパフォーマンスも見事でした。
が、本領はやはり後半。巨大な電飾フープを乳首のピアスに羽根飾りを通しながら回し、仮面をかぶりながら回し......と、きれいなのに奇妙な悪夢のような風景が最終的にはできあがりました。

↑乳首のピアスもショーに取り入れつつ、大きなフープを華麗に繰って観客席を魅了。


■スカオフ

本来出演する予定だったラッキーヘルの代打として登場したスカオフ。SCへの登場は初めてなので、よくよくプログラムを読んでみましたが、「人類固有の肉欲・哲学・神話などの定義を再構築して可視化するほか、(略)無機物との融合を企み、......」うん、とりあえず見よう。
赤いバラを手にして客席から登場した全頭マスクの男が、同じく客席にいた白いワンピースの女性を手招きして2人で舞台に上がります。食卓に向かい合った2人は、各々食べるのではなく、口移ししあう形で食事を始めます。ひゃあああフェティッシュだ......。やがて男性はプレゼントらしいネックレスを取り出すのですが、女性の首に掛けてあげるのではなく、両肩に針を刺し、そこに鎖を掛けます。ひゃあああフェティッシュだ......。
2人はしばらくイチャイチャしていているのですが、やがて男性が女性を殴り始め、針を刺し、咀嚼したバラを吐きかけ、女性の体に隠していた生肉をむしゃむしゃ食べ始め(たぶんこれ、内臓ということでしょう)、最後は動かなくなった女性を大きなビニール袋に詰めてしまいます。
男は登場したときのように、皮手袋をはめてバラを持って退場。生や生産ではなく、死や破滅や無意味に向かうエロス。この舞台ではそれが表現されていました。

↑病室のような雰囲気も漂う食卓で食事をする二人。だが、ただの食事ではなく......

↑食事をする側だったはずの女。最後は食い散らかされ、袋に詰められて棄てられていく。


■奈加あきら

Aプログラムのトリを飾ったのは縄師の奈加あきらさん。以前奈加さんには別件のインタビューで、「自分のショーは、緊縛をショーとして見せるのではなく、自身とモデルとの素のやりとりを鑑賞者に眺めてもらうつもりでやっている」と伺ったことがありますが、そのスタイルは変わっていないようです。
舞台には仰々しい仕掛けはなく、竹が一本天井から吊られているだけ。奈加さんはその下で、襦袢姿の女性にゆっくりと縄を掛けていきます。その手つきは決して早くも力んでもいません。それでいながら空気が緊張しているのが客席にも伝わってきます。縄がきしむ音やモデルさんの息遣いが、こちらにまで届いてきそうです。
私は奈加さんのショーを拝見するときにいつも、「あぁ、わかるなぁ」と共感してしまう彼のポーズ、勝手に「奈加ポーズ」と呼んでいるポーズがあるのですが、奈加さんはキリのいいところまで縛ると一旦離れて、座って、まじまじとモデルさんを覗きこむんですね。自分が納得のいく形で絡め取ったものを満足げに眺めている、そんな感じです。緊縛好きには同時に写真好きも多いのですが、これはたぶん同じ心情から来ているのではないかと思います。捕えたら、眺めたいですよ、それは。第三者的な視線を持つことで一層、「自分が捕えたのだ」と実感できますから。
やがて女性は吊り上げられ、鞭で打たれました。鞭の間にすすり泣きの声が混じります。下ろされ、縄をほどかれていくと、その声はさらに大きくなりました。解放感と同時に、今まで身も心もすべて預けていた奈加さんから放たれてしまった寂しさが、彼女の声の中にはありました。最後に2人が抱き合うと、会場は大きな拍手で包まれました。

↑縄がかけられていくにつれ、モデルの表情が妖艶に歪んでいく。

↑恍惚を隠さないモデルとは対照的に、奈加氏は黙々と熱のこもった縄をかけ続ける。


こうして終わったSC2014のAプログラム。これまでのオールナイトと比べるとあっさりした感はありましたが、翌日につなげていくことを考えればちょうどいい濃さだったと思います。
来年も2回になるのか、これまでのようにオールナイトにすべてを突っ込むのか。個人的にはさんざん騒ぎ倒して一晩ですべてが終わる空しさや切なさが好きなので、1回こっきりのオールナイト希望ですが......。
まだまだわかりませんが、告知を楽しみに待つことにします。

文=早川舞

関連サイト

「SADISTIC CIRCUS」公式サイト

関連記事

異端の祭典「サディスティックサーカス2013」レポート!!
2013年9月15日(日) 東京「新宿FACE」にて開催
異端の祭典「サディスティックサーカス2012~10年目の大逆襲!~」レポート!!
2012年9月29日(土) 新宿FACEにて開催
異端の祭典「サディスティックサーカス2011」レポート!!
2011.10.2.Sun at club 「WAREHOUSE」 
異端の祭典「サディスティックサーカス2010」レポート!!
2010.04.17 Sat at Shibuya O-EAST.

早川舞
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
早川舞ブログ=「早川舞ブログ」
「SEXLESS」ブログ=「we are SEXLES
 | 
14.10.13更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
早川舞 |