ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『BUBKA』1998年1月号 毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第21回


取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『BUBKA』1998年1月号/コアマガジン
 | 

<< 前回の記事を読む

『危ない1号』3巻の発売後の青山の目立った活動といえば、江古田フライング・ティーポットでのイベント「フラミンゴ・フォーエバー」(1997年10月19日)への出演、『別冊宝島345 雑誌狂時代!』(1997年11月15日/宝島社)でこれまでの危ない雑誌の歴史を語る永山薫との対談「アンダーグラウンドでいこう!」、『エロ本のほん』(1997年12月20日/ワニマガジン社)へ自分のエロ歴史を書き下ろした「エロ雑誌とオナニーと私」などだろう。

ロフトプラスワンで行なわれた『エロ本のほん』のイベントには出演もしており(1997年12月27日「緊急決定!エロ本サミット開催」)、これが表舞台で名前と姿を現わした最後ではないかと思う。雑誌メディア上でも『BUBKA』1998年1月号の山野一に関するミニコラム「“偉大なるゲスマンガの金字塔” 元「危ない1号」編集長・青山正明氏かく語りき」を最後に、しばらく姿を消す。この『BUBKA』から『危ない1号』4巻(1999年9月20日)までのあいだ、一体何をしていたのかは疑問に残るところだが、何人かに聞いても「連絡が取れなかった」「引きこもって何もしていなかったんじゃ」という答えばかりだった。もちろん4巻の編集はあっただろうが、企画が立てられてから8カ月何もせず、実質2カ月で作られたというから、空白期間は本当に寝てすごしていたのかもしれない。

その『危ない1号』4巻は「青山正明全仕事」と銘打ち、『Hey! Buddy』『Crash』『BACHELOR』誌でのライフ・ワーク的連載「フレッシュ・ペーパー」をまとめた、青山の人生を総括する分厚い一冊だ。もちろん80年代から書き散らした原稿の量は膨大であり、エッセンスを抽出した内容であるが、過去からこの時点までの一貫した態度が見て取れる。プロフィール兼編集後記には「94年11月に日本全国で症例50名前後という眼病疾患、奇病MPPEを患い、失明の恐怖を背負いこんで加速度的に“悟り”の境地へ。本書を最後に“路線変更”を決意……と、まあ、そんなこたぁ、どうでもいいか……」とあり、眼の病気を患ったことへの不安が読み取れる。実際、2000年春に創刊した雑誌『Title』(後期のオシャレ路線を知っている人には判りづらいが、リニューアル前は『サイゾー』に似た妙な雑誌だった)で仕事をする予定があったものの、それを理由に降りてしまったという。

その後も表舞台への登場は断片的だった。清野栄一『地の果てのダンス』(1999年10月15日/メディアワークス)へのレイヴに関するアンケート回答、『創』1999年12月号での軽いインタビュー(パン工場で働いている、との話が出てくる)などだろうか。どちらも明るい未来への希望という印象はなく、何かから逃避しているような、そんな姿勢が透けていた。

次回の記事を読む >>


『パンゲア』 山野一
1993年12月10日初版/青林堂

『パンゲア』山野一
『BUBKA』1998年1月号によれば、青山が山野一の作品に最初に触れたのは80年代半ば、山野の最初の単行本『夢の島で逢いましょう』(青林堂)だという。「僕は山野一なる漫画家の才能に完全に惚れてしまった。僕の頭の中では、山野一氏と根本敬氏は、ゲス漫画家の双璧である」。それ以来、大正屋出版時代に編集していたマンガ誌、『エキセントリック』最終号、『危ない1号』でのインタビューなど、何かにつけて仕事をしている。特に『パンゲア』に収録された作品「Closed Magic Circle」(初出はビデオ出版『月刊HEN』1991年11月号)には、そのものズバリ「青山」という名のキャラクターが登場。フリークスと気持ち良さそうにセックスしている。

『地の果てのダンス』 清野栄一
1999年10月15日初版/メディアワークス

『地の果てのダンス』清野栄一
1995年に『デッドエンド・スカイ』で第81回文學界新人賞を受賞した作家による、レイヴ・カルチャーを取り上げた体験的小説(本作以前にも共著で『RAVE TRAVELLER〜踊る旅人』(太田出版)がある)。木村重樹との往復書簡も興味深いが、巻末のアンケートは更に興味深く、アンダーグラウンドなDJ達や近田春夫など著名人に混じって青山正明も回答。曰く「繰り返せば飽きがくるのはパーティーもテクノも同じで、はじめのうちは楽しいことばっかりだったのですが、もうそういうのも飽きてきたというのが現状です。今は、パーティーをオーガナイズしたり音を作ったりするほうに関心は向かってます」。実現していたら、一体どんな音になったのだろうか。

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】


man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.08.24更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界