本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『kocorono』bloodthirsty butchers

発売:1996年10月23日
レーベル:キングレコード
special issue for the summer vacation 2011
2011夏休み特別企画/特集「大人の学究へ向けて」 
日本のエモのお勉強 90年代・青春編 文=四日市
今年の夏の特別企画はWEBスナイパーの豪華著者陣による、大人の研鑽に必要な名作・傑作のプレゼン祭り! 夏休みのまとまった時間に改めて、あるいはもう一度触れておきたい作品群をジャンル不問で紹介していただきます。第六弾はエヴァンゲリオン研究家の四日市さんによる日本のエモのお勉強です。エモコアとも呼ばれるこの音楽ジャンルは80年代にワシントンDCで産声を上げたとされていますが、本日ご紹介いただくのは日本のエモ。初めての方もそうじゃない方も必見です!
 | 
■エモって一体なんなのよ?

「エモ」という音楽ジャンルが何を指し示しているのか今となっては非常に曖昧だが、振り返ってみても明確だったことなど一度もない。メジャーな名前をあげるとエルレガーデン、9mm Parabellum Bullet、NATURE LIVING、岸田教団だって「エモ」で括ることができるだろう。定義がないのだから自由に生きろ。

しかしじゃあ、極めて自由と言いつつも、言葉があるのだから指し示す具象は存在する。「エモ」は現象の名前だったものがジャンルの名前に遷移していった、と言うのが筆者の考えだ。エモの起源は、1980年代頃にワシントンDCで活動していたイアン・マッケイがMinor ThreatからFugaziへと移り変わる過程のその周辺の盛り上がりを評してスラッシャー誌がエモコアと呼んだ。とあるシーンを指して呼んだのだからニュアンスとしては「下北系」に近い感じだろうか。彼らの音楽は、ハードコア・パンクに属するラウドな音を試行しながらメロディーも重視していた。そのメロディは哀愁に富み、また歌詞の内容も厭世的なものが多かった。これがジャンルとしても「エモ」のイメージを創り上げていく。おそらく「エモ」と言う名付け自体は消費しやすくしようとするメディアの意図ではあったのだろう。しかしその名付けによって広く知られ、消費された彼らの音楽スタイルはWeezerによって完成され「エモ」はムーブメントから音楽ジャンルを指す言葉に変化していった。成り立ちとしてはグランジと同じ。ファッションと関連付けて語られるあたりもグランジと同じ。エモの代表格でもあるSunny Day Real Estateの所属レーベルはSub Popなのでグランジと同じ。


『In circles』Sunny Day Real Estate


なんとなく(笑)な扱いされるのもグランジと同じ。エモのレッテルを貼られるとみんな嫌がるのもグランジと同じ。あれ、れ……?

■日本のエモ、札幌

さて「エモ」がムーブメントであるならば「エモ」のエイリアスは時と場所を限定してしまい、日本に存在しようはずもない。「JawbreakerとかSunny Day Real EstateとかWeezerとかJimmy Eas WorldとかGet Up Kidsとかになんかよく似たバンド」と言う意味のジャンルとしての「エモ」であればあげようもあるが、元祖エモは日本にはないのか。いや、エモは日本も含めて動いていたシーンだ。日本には日本のエモシーンが存在する。1990年代当時、そのクオリティやシーンに所属するバンドの多彩さ、言葉にしようのない何か同じものを持っているように見えるバンド群が存在し、まさに「日本のDC」と呼ばれた土地、札幌である。今回は夏休みの自由研究ということで、1990年代札幌シーンを彩ったバンドをエモという括りから紹介していく。もちろん、紹介されているバンドはどれも「エモ」と呼ばれると怒る(ファンも)。


『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』eastern youth
『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』eastern youth

発売:1998年6月21日
レーベル:トイズファクトリー



札幌のエモといえば、後にエモと呼ばれるバンドにも多大なる影響を与えた彼らの存在は偉大だ。「激情系」と呼ばれるにふさわしい絶叫とシューゲイザーの影響を感じさせるギターが特徴だが、ライブにいくとむしろタイトなのにやたらと音のでかいドラムにびっくりする。Oiや、Husker Duなどをルーツとしており、彼らの影響力はOiのバンドはもちろん、ASIAN KUNG-FU GENERATIONなど様々なジャンルに及んでいる。余談だが、シンガーソングライターマニアの山下達郎はラジオで彼らの曲を流し、ライブに行ったことがあると発言している。


『Dostevsky Groove』fOUL
『Dostevsky Groove』fOUL

発売:1997年10月21日
レーベル:インディペンデントレーベル



NUKEY PIKESやGOD'S GUTSと共に「ネオハードコアテイルズ」というライブシリーズを盛り上げていたTHE BEYONDSを解散後、ヴォーカル・谷口健が、COPASS GRINDERZの大地大介、WE ARE THE WORLDの平松学と始めたバンド。fOULほど説明のしようのないバンドも珍しい。なんともユニークな朗々と歌い上げる禅問答のような歌詞に豊かな曲展開。筆者は初めてfOULを聴いた時「全く良さがわからん。だが、必ずハマる日が来る」という謎の直感を刺激され、一度だけ聞き厳重に封をし半年に一度聴いて自分の感性を試していたが、ライブを見てハマった。2005年3月、無期限の活動停止を宣言。


『either way you want』NAHT
『either way you want』NAHT

発売:2000年11月22日
レーベル:インディペンデントレーベル



2011年現在、いきなり聞かせて「ああ、エモだな」と思ってもらえるのはNAHTだろう。FUGAZIの来日で前座を務め、以降、積極的に「エモ」シーンのバンドを招牌、国内外にわたってサポートし続けた。ツインギター編成から、ヴァイオリンを加えた大所帯に移り、また日本語詞の導入やシンセサイザーの導入などポストロックのアプローチを牽引した。音だけでなく活動全体が重要なバンド。2003年に活動停止、2005年に活動再開したが、2009年に解散を宣言。


『kocorono』bloodthirsty butchers
『kocorono』bloodthirsty butchers

発売:1996年10月23日
レーベル:キングレコード



日本のエモの代表作と言われる名盤「kocorono」。三人編成、スリーピースの三角形=△(サンカク)で活動を続けていたが、2003年、元NUMBER GIRLのギタリスト・田渕ひさ子が加入し四人編成になる。 独特、というより超越した日本語センスに、完全オリジナルなギターコードとソングライティングが特徴。BECK、イアン・マッケイ、向井秀徳など尊敬の意を評すミュージシャンが多く、ミュージシャンズミュージシャンと言われたりもする。正直、国宝だと思う。


『ハ・ル・カ・カ・ナ・タ』MOGA THE ¥5
『ハ・ル・カ・カ・ナ・タ』MOGA THE ¥5

発売:2000年8月23日
レーベル:PiZZA OF DEATH RECORD



ビートパンクバンドであり、1980年代後半にガーリックボーイズらと共に新宿ロフトや下北沢シェルターを彩った元祖メロコアDouble Bogysのヴォーカル・エスカルゴを中心に1995年に結成されたバンド。疾走感と言うには早すぎる曲展開、アルバムを通して聴いても15分だったりする超短期決戦型。2011年、解散を宣言。


『極東最前線』V.A
『極東最前線』V.A

発売:2000年7月16日
レーベル:インディペンデントレーベル



eastern youth主催のライブ企画のタイトルであり、彼らの周りのシーンを切り取ったオムニバスアルバム。fOUL、NAHT、MOGA THE ¥5はもちろん、今やテレビCMにも出演する怒髪天の大名曲「サムライブルー」、メロディックハードコアからはHUSKING BEE、独自のサイケデリックを追求するD.M.B.Q、言わずもがなのNUMBER GIRLなど、札幌で生まれたシーンが東京で遂げたものが詰められている。


『揺ラシ続ケル』COWPERS
『揺ラシ続ケル』COWPERS

発売:2000年7月26日
レーベル:ミュージックマイン



某誌に「ひきこもりのCOPASS GRINDERZ」と形容されたりもした、轟音オルタナバンド。1992年にギターボーカル竹林現動を中心に結成された。後にTHE FIX(Cowpersのメンバー、200MPHのドラム・ヘラ、またBONESCRATCH、NEXT STYLE、the carnival of dark-splitの故・カンノ氏を擁した伝説のバンド。ink-driveから一枚だけ音源が出ている)、Spiral Chordへと前進していく。2001年、解散。


『KIWIROLL ANTHOLOGY I』KIWIROLL

『KIWIROLL ANTHOLOGY I』KIWIROLL

発売:2008年12月19日
レーベル:インディペンデントレーベル



94年結成。これまで紹介してきたバンドに影響を受けた世代。エモらしい哀愁のある聴きやすいメロディかと思えば転調、変拍子を繰り返す激情ヴォーカルが特徴。THE LOCUSTなど、サンディエゴのバンドにこうした特殊なバンドが多く、彼らも比較されることが多かった。2004年、解散。ヴォーカルのエビナはDischarming manとして活動を継続している。

語り残したバンドは多いが、キーワードだけでも残しておく。the carnival of dark-split、BONESCRATCH、NEXT STYLE、bufferins、AEROSCREAM……。00年代移行、シーンとしての「エモ」はジャンルとしての「エモ」になり、やがてポストロック、カオティックやスクリーモへと分化していく。NINE DAYS WONDER、battles、envy、THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT、kurala、3cm tour、killie、heaven in her arms……。


文=四日市

関連記事

2011夏休み特別企画/特集「大人の学究へ向けて」
ライトノベルのどくしょかんそうぶん 文=村上裕一
エコな夏はやっぱりマンガ! 『美味しんぼ』の究極のたしなみ方 文=遠藤遊佐
三丁目じゃない戦後の東京 文=伊丹直行
「痛い恋愛」が陽に灼けた素肌にヒリヒリ沁みる五冊 文=雨宮まみ
夏の短夜に観る「ヒーマニストムービー!」大全 文=ターHELL穴トミヤ
日本のエモのお勉強 90年代・青春編 文=四日市
夏休み課題図書「怖い児童文学」 文=さやわか
人形と欲望とワタシ 文=永山薫
ykic-p.gif
四日市 エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 |