女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
「エネマ・レイプ 隣室の受浣者」
告白= 逸木登志夫(仮名)

背徳の告白手記『太陽と赤いハイヒール』を寄稿をした逸木登志夫氏が再登場。美貌の肉感熟女に強制浣腸を施し、羞恥快楽の彼方へと連れ去るもう一つのエネマ・レイプ体験とは……。『S&Mスナイパー』1981年9月号に掲載された読者投稿を再編集の上で紹介。浣腸プレイが生んだ情念と愛欲の日々、切なくも哀しい結末へ至るインモラル・ドラマを全四回に分けて掲載しています。
 | 
エネマ・クロス

ほとんどの女性がそうであるように、佐代子もまた、便秘しがちであった。私に施浣されて以来、次第に浣腸願望が昂まってきたのか「この頃、出えへんのえ」などと暗に浣腸をせがむ態度を取るようになってきたものであった。

彼女は大柄で乳房の形もよく、全裸になると私がそれまで相手にした女性と比べて一番のプロポーションであったと今でも思っている。

その肉体美に目をつけた私は、施浣してからさまざまなポーズをとらせたりして観賞するのを楽しんだ。次第にこみあげてくる排泄感を懸命に堪えてあえぐ豊満な女体はなかなかの見物であって、下手なストリップを見るよりはるかな満足感を私に与えたものであった。

今から思えば彼女は完全なM性の女であって、責められる喜びを味わっていたものと考えられる。その頃の私は、女体エネマ責めに関するいろいろな方法を考えだしていて、その中の一つにエネマ・クロス(エネマはりつけ、または浣腸十字架)というのがあった。これを佐代子にしばしば用いて興じたものである。

これは初心者を相手に施浣して次第にエネマの魅力にひきずりこむ有力な方法の一つであるので、よきパートナーを得られた方は是非行なってみられるとよいと思う。

私は、これを次第に施浣されるのを心持ちにするようになった彼女に試してみた。

体温程度に温めた浣腸液を30ccの浣腸器に吸い上げ、一回注入する(一回を一本という)。彼女の姿勢は全裸で両腕を左右に広げた形に仰臥し、膝を曲げて開股したものだ。お尻の下に枕か座布団を敷いて高くしてやるとよい。

次第に時間が経過してくると、辛さに泣き出しそうな表情で首を左右に振ってもだえるようになる。また、二本注入してこの十字架押さえをし、しばらく経ってから、受浣姿勢をとらせて三本目を一気に注入する。するとちょうど架刑された女囚が槍で突かれた時の様な苦悶の表情を呈し、思わず「アーツ、かんにんや……」と悲鳴をあげるのだ。私の嗜虐感は大いに満足する。

以上はトイレに行くことを許可する時のものであり、わざとトイレに行かせず部屋の中で排泄させる際はあらかじめ容器を準備しておく。それも心理的効果を狙って佐代子の目の届かぬ所にかくしておくのである。

そして三本目の注入後、何も言わないでいると、今日はプレイされないのだと考えてすぐトイレに立とうと起き上がり急いで戸口に行こうとする。そんな彼女の腰に抱きついて引き戻し、手早くエネマクロスの体勢にもちこむ。そしてトイレは許さないと宣告し、膝を立てて開股させ、枕などを敷いてお尻を高くさせ、アナルにチリ紙を当てて私の膝頭でしっかりと押さえる。

彼女の両手は大の字に開かされ、手首は私にしっかりと押さえられている。

タイムが経過するにつれて、「もうあかんし、洩らしそうやし……」と、脂汗をうかべてもだえる女体を観賞しながら「まだまだ耐え切れる。アナルを引きしめて!」と命じ排泄許可をなかなか与えないのである。

誰でも承知しているように排泄感の辛さには波があり、波の頂上を懸命にこらえ切ると、すーっと楽になる。そしてまた、次の辛さの波がひたひたと寄せてくるのである。

この波と次の波の間隔が次第に狭まり、ついにゼロとなった時、受浣者はついにいても立ってもいらなくなって排泄するのである。私が女性によく言ったように、浣腸の際に充分に規定の時間を耐え切ることが出来ないのであれば、ある程度は予めトレーニングをしておくように心掛けるべきである。

佐代子とプレイした際にも充分耐えきらせ「あっ! あっ!出そうや、もう出そうやし……。かんにんやていうてるやんか」と泣き出しそうになっている彼女に、私は愛の誓いをするように命じ、「うち(私)は心からあんたの女、あんたの愛の奴隷」と言うのをはっきり聞いてから、初めて体をはなしたものであった。

私がエネマプレイを行なった女性達の中には、男性経験の多い者もいたが、ことさら私が愛されたのは、「この人には体を許しているばかりでなくエネマも許している」と彼女達が考えたからであろう。

女性心理の内面に他の男性より一歩踏みこんだ私に「あんただけは忘れよう思うたかて忘れられへんわ」と、言わせるのである。

(続く)

関連記事

台風と赤いハイヒール
【1】>>>【2】>>>【3】

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室>>>【9月】>>>【10月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
09.11.22更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |