女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1981年8月号 読者投稿小説
「悦虐天使の初体験」
作= 可児一朗

実母の浮気現場を目撃してしまった少女が自覚した変態性癖。ショックの中で秘裂に指を這わせてしまう彼女が妄想し始めるアブノーマル快楽の世界、そして現実に迫り来る貞操の危機とは……。『S&Mスナイパー』1981年8月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全6回に分けてお届けします。
 | 
【1】母の変態痴態

沙知子は、重い足取りで我が家へ向かっていた。

陽は、まだ高かった。しかし、彼女には午後の陽射しは苦痛に感じられた。

この日、沙知子は躯の具合がおもわしくなく、その理由で学校を早退したのだった。

沙知子は、ある県立高校の一年に通っていた。沙知子は高校生活に大きな期待を抱いていた。だが、その期待も入学早々に裏切られてしまった。

沙知子ら新一年生は、入学試験の成績によってクラス分けされた。彼女は成績のいいクラスになったものの、一緒に入学した友人たちの多くとは別々になってしまった。

そのうえ、生徒たちのほとんどは、いわゆる点取り虫で、暇さえあれば参考書を開いている始末だった。

沙知子の描いた高校生活は、こんなに暗いものではなかった。多くの友人を作り、クラブ活動に青春のエネルギーを燃やすことだった。

しかし、現実には全く逆の高校生活が待っていたのである。

沙知子は毎日が憂鬱だった。時には今の高校を選んだことに後悔さえした。

足を引きずるように勝手口の扉を開け、台所の上がり口に腰を下ろした沙知子は、大きく溜息をついた。

すると、廊下の奥から物音がした。物音に混じって何やら話し声も聞こえた。

(男の人の声だわ。……お客さんかしら?)

声の主は茶の間にいるようだった。

沙知子は、しばらくして茶の間の様子が妙なのに気づいた。そして、部屋の前に立って、初めて尋常でないことを知った。

茶の間には間違いなく男がいた。しかし、その男の声は聞き憶えのないものだったし、それよりも沙知子を驚かせたのは母の苦しそうな声だった。

「いやです。やめて下さい!」
「ああ、もう勘弁して下さい」

母は恐怖にかられた声で助けを求めていた。沙知子は足がすくむのを感じた。

(強盗だわ! 誰れかを呼ばなくちゃ。でもお母さんが)

沙知子は迷った。人を呼べば母がどうなるか分からなかった。強盗は刃物で母をおどしているに違いなかった。

沙知子は決断のつかぬまま、恐る恐るふすまに穴を開け、中をのぞいてみた。

茶の間に強盗はいなかった。しかし、沙知子には余りに衡撃が大い光景があった。

茶の間では目を覆いたくなるような痴態が繰り広げられていた。

沙知子は我が目を疑った。今、自分の目には、母が素っ裸で見知らぬ男の前にあられもない姿でいるのが映っていた。母は両腕を縄で縛り上げられ、女の最も大切な所をもてあそばれていた。

沙知子は動くことが出来なかった。声をあげようにも、余りの驚きで声が出るべくもなかった。秘所を嬲られ喘いでいる母を喰い入るように見つめているだけだった。

「そ、そこはやめて。ああ、そんな恥ずかしい所を……」
「笑わせるな。そんな心にもないことを言ってもいいのか。フフフ、躯は正直なもんだぜ。お前のここはもうグショ濡れだ」
「いや……」

男はもてあそんでいた指を母の眼前に持っていった。

指は窓から差し込む陽の光にキラキラと輝いた。雫が指をつたって母の唇に落ちた。

「なめてみな。お前のここの蜜だ」
「いやよ! そんな汚いもの……」

ところが、そう言う母は唇に落ちた雫を、その途端になめてしまっていた。

「汚い? 自分のものがどうして汚ない? つべこべ言わずになめるんだよ」

男は強引に指を突っ込んだ。

「ウググゥ、苫しい!」

お構いなしに男はのどもとまで指を入れた。

「どうだ自分の蜜の味は?」

男はようやく指を抜いた。母の胸は大きく波打ち、よだれが頬をつたった。

「ん? もっと欲しい? よし、今度は俺のジュースを御馳走してやろう。ただし少し水っぽいジュースだがな」

男は母の髪をわしづかみにすると、手に握った自分のモノを唇に圧しつけた。

「な、何をするの?」
「もっと欲しいとお前が言ったから、俺のジュースをやろうというのさ」
「わたし言いません!」
「俺には聞こえたんだよ。さっさと口を開きな」

母は顔をそむけた。

「嫌か? 嫌ならこうだ」

男は力まかせに母の乳首をつねった。

「ヒィー!」

男は何度も乳首をつねった。

「わ、分かりました。言う通りにしますから、やさしくして下さい」

男の口もとが笑った。

「駄目だな。逆らった罰に……、丁度いい、この洗濯バサミで乳首を飾ってやる」
「い、いや、いやよ! お願いだからやめて下さい!」

沙知子は思わず部屋に飛び込んで行きそうになったが、その躯はピクリとも動こうとはしなかった。男は母の訴えに耳をかそうともせず洗濯バサミを手にした。

「ヒィー! 痛い! もう許して。お願いですから勘弁して下さい。何でもしますから許して下さい」
「初めからそう言えばよかったんだよ。ほれ、口を開けな」

母は観念したように口を開いた。すると、男のそれは待ちかねたかのように、荒々しく口内に侵入した。

「グウ、ウググ」
「歯を立てるんじゃないぞ」

男のものはのどを激しく突き上げた。その度に母の悲鳴にならない声を、沙知子は聞いた。

突然、男は放尿した。

母を鼻をつままれ、顔を振って逃れようとしたが、口には勢いよく尿が流れ込んだ。

「俺の特製ジュースだ。ほら、ほら、まだ出るぞ。いいか、こぼすんじゃないぞ」
「グウ、ゴボゴポ、ウググウゥ」

こらえ切れずに母は尿を飲まずにはいられなかった。

沙知子は、見知らぬ男に凌辱される母を喰い入るように見つめていた。一体どのくらいの時が経ったろうか。母への暴行は、脳髄をするどく突き刺すような衝撃を沙知子に与えた。

そのうちに、男は最後の性的欲求を満たすと母の躯を離れ、その側に横たわった。

「今日はすごかったわ。自分がどうなるのか分からなかったほどよ」
「フフ、そうか。今度は気がふれちまうくらいのをやってやる」
「まあ、こわい。ねえ、次はいつ来て下さるの?」

こう尋ねた母の声は男に甘えていた。

「近いうちにな。それよりも亭主のほうは大丈夫か? まさかばれてはいないだろうな」
「だいじょうぶ。あんな伝書鳩の亭主に何が分かるもんですか。セックスも義務と考えている人なんだから。わたしが好きなのはあなただけよ。ねえ、捨てたりしないでね」
「ああ、捨てたりなんかするものか」

男は意味ありげな笑いを浮かべ、母の乳首を指ではじいた。

「痛いわ」

男はさっさと服を着始めた。

「おい、そろそろ娘が帰って来る頃じゃないか? こんな恰好を見られたらえらいことだぞ」
「そ、そうね」

沙知子は忍び足で勝手口に戻った。そして音をたてぬよう扉を閉めると、近所の公園まで一目散で駆け出した。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室
【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】>>>【1月】>>>【2月】>>>【3月】>>>【4月】>>>【5月】>>>【6月】>>>【7月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
10.10.06更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |