本家三行広告 2 worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
「エネマレイプ 手芸店の女」
告白= 逸木登志夫(仮名)

エネマレイプの実体験記『太陽と赤いハイヒール』『隣室の受浣者』を寄稿をした逸木登志夫氏が、尚も秘蔵していた禁断の記憶について書く背徳告白第3弾。手芸店で働く肉感ボディの未亡人は、いかにしてエネマレイパーの餌食となったのか……。『S&Mスナイパー』1982年5月号に掲載された読者投稿を再編集の上で全四回に分けて掲載しています。
 | 
【3】実行の日

八月に入って丁度具合いよく、奥さんが子供達をつれて第二日曜頃に大津の実家に泊まりがけで行くということを聞いた。琵琶湖で遊ぶのだということである。私はその日の来るのが待ち遠しくて仕方なく、京都特有のむし暑さも忘れて、生け贄を弄ぶ描の目つきで恵美子のむっちりした肢体を盗み見ては静かに時を待っていた。

二、八の月は世間一般でも閑になるように、普段電話の多いこの店も日曜となれば御多聞に洩れずガランとしている。当番になった人は一日中ほとんど何もせず、ダラダラと五時までいるだけである。

主人は何分にも立居が不自由なため階下には下りてこないし、それでも何かの時に家人が不在では困ると思ってか、主人の姉という老婦人が来て泊まりこんだものの、結構なことにその人も三階に上ったきりであった。

その日、少し早目に来て、辺りをぶらぶらした私は、九時半頃を見計らって店内に入っていった。私を見てびっくりしたような顔の彼女に、私は「あんた初めてなんやろ。なんぼ閑でも、心配や思て来てみたんやで」と言い、見せかけ程度に少しだけする心算で伝票の整理などを始めたのである。


もう、その頃は私に何かと相談ごとをしたりするようになっていたので、彼女は私と二人きりになったのが嬉しいらしく、「今日は、なんにもすることてあらへんし、手伝うたげるわ」とこまごまと手助けをしてくれるのであった。

私が彼女を倉庫につれこんだのは、だるく眠くなる二時過ぎの頃であった。「ちょっと二階の刺繍の布切るし、来てくれへんか」と彼女を二回へ誘い出したのである。そうして私はいきなり後ろから恵美子を抱きしめて、激しくうなじを吸った。

「あっ! なにするんえ!」

不意をつかれた彼女が慌てて立上ろうとするところを、私はすかさず引き寄せて、そのむっちりした腰をしっかり抱いたまま反物の上に横倒しにした。そして耳元に、

「恵美ちゃん、ずーっと以前から好きやったんや、あんたかて、ぼくの気持わかってるんやろ」

と熱っぽくささやくと、強引に仰向かせて、わななく唇を奪ったのである。

色白の彼女は顔から首筋、そして二の腕まで真赤になり、はっ、はっと息を乱しながら、

「ま、待ってえな、こんな、こんなところで、嫌……いやや」

と、あえぎ声をあげて身もだえしたのであったが、私はなおも攻撃の手をゆるめず、乳房をやわやわと揉みしだき、

「忘れてた男の肌、思い出させたげようて言うてるんやで」

とスカートの中に手をのばし、一気にパンティをずり下ろしたのであった。

そして、なおも逃がれようともがく恵美子の目の前に、例のピンク色の容器をポケットから取り出してポンと置いたのである。

それが目に入った時、身体をいどまれているものとばかり思っていた彼女は、ハッと驚きの表情を浮べたが、私はかまわす彼女の腰を強く押さえると同時に、手早く容器の先端を濡らし、お尻の割れ目にあてがった。そしてそのまま嘴管をアナルに押し当て、一気にすべり込ませたのであった。

まさか、エネマをされるなどとは考えもつかなかった恵美子は、

「あー! そんなんせんといてえな」

と泣き声をあげたが、私は、

「恵美ちゃんは、時々これしてるんやろ、ちゃーんと知ってるんやで」

と彼女の顔をうかがいながら一息に容器を握りつぶしたものである。

私は既に九人もの女性をエネマレイプ(強姦)した経験があるから、充分なれたものである。往々にして失敗する人は、注入の際にアナルを覗こうとして女性を押さえた手をゆるめる。だから跳ね起きられてしまうのである。

実際にする時には、嘴管の先端を女性の尾てい骨のくぼみにあてがい、そのまま前方にずらせばなんなくアナルに入ってしまう。

施浣されると知った時から、注入直後、そして排泄感の起こる時等々、女性の表情が驚き、抵抗、虚脱感、苦悶と刻々変化していくのを見つめるのがエネマレイバーの喜びである。私は、その時も恵美子の表情を楽しむのように、ぐったりと放心した彼女から容器を抜きとると、「もう入ったしな」と勝ち誇ったように言い、「一つだけでは足らんさかいな」と、さらにもう一本注入したのであった。

もう、その時、彼女は諦め切ったように、身動きせずハッハッと息をはずませているだけであったが、やがて次第にこみあげてくる辛さに美しい眉をしかめ、

「なんで浣腸みたいなんしたんえ? うちは、あんたがどうしてもて言うんやったら、許す気やったんえ」

と、私に押さえつけられたまま泣き出し、

「もう、御不浄に行かせて」

と、身体をふるわせ始めたのであった。

私は急いで彼女を抱き起こすと、ティッシュで強くアナルを押さえてやりながら、彼女を階下のトイレに連れて行った。

最近の女性たちは泣き声をあげても実際に泣いたりはしないものだが、恵美子の場合は既に泣きじゃくっているので、いささか勝手が違ってさすがにトイレの中に入る気もせず、私は外で耳を澄ませていた。すると呟き声や排泄音、水洗の音等々が次々と聞こえ、やがてぐったり放心したような顔の彼女がトイレの戸を開けて出て来たのであった。

その肩をかかえるようにして、手を洗ってやりながら、

「辛かったやろ。もう、こんなことしてしもたんやしな、悪いようにはせえへんさかいな」

と、再び二階に連れて上った。

しかしそのまま身体を重ねようとすると、どうしてもこんなところでは嫌だと言う。

「もう、こんなんされたんやさかい、許すことは許すけど、やっぱり、ちゃんとしたとこでないと、あかんのと違うやろか」

と蚊のなくような声で言うのである。

彼女の言うちゃんとしたところとは、ベッドなり、夜具のあるところであるらしい。そうでなければ、いやしくも身を任せることは出来ないという古風な考え方であった。

しかし私にとっては、どうしても今ここで印を取っておかなければならないのである

こんなことは経験のない人には説明しても理解出来ないことかも知れないが、ここで手をゆるめては往々にして「あとで必ず許すから」という女の言葉にだまされて逃げられてしまうことになる。

恵美子の場合は変心することはないとしても、私はこのままでは男が立たないとばかり、

「恵美ちゃん、悪いけどな、形だけでも身体合わさせてえな。そして今夜帰りにどっか行こう」

と強引に彼女を納得させ、お尻を高く上げさせた後背位の姿勢で両手をうしろに伸ばさせると、小指をからませあって、ゆっくりと身体を密着させて愛の体位をとったのであった。

さて、その日の夕方、京都駅付近で食事をした私たちはタクシーを飛ばして東山安井のホテル街に行き、とうとう完全に行く所まで行くことになった。そしてその後は日を決めて逢い引きをくり返すことになった。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室
【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】>>>【1月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
10.02.24更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |