ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
アクセスアップ
新刊情報
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
俺の旅 2018年7月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年7月号(ミリオン出版)
別冊投稿キングDVD 2018年7月号(ワイレア出版)
花と蜜 2018年7月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.41(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season2
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるコラム、シーズン2は「お金」にまつわるアレコレです。
 | 
お金の話が大好きです。

気がつくと、立ち上げる予定のない飲食店のことや、来るはずがないAV女優志望の女の子の話で盛り上がってしまいます。飲食店の賃料やメニューの価格設定、女の子の年齢や性格、売り出し方まで、それは真剣に話し合うのです。
重要なのは、どうしたらみんなが嫌な思いをせずに儲けられるか。その方法を考えるのが、この話の醍醐味なのです。でも、お金を使うかどうかはまた別の話。それ以前に、この話し合いの結果を実行したことはありません。

私が生まれたのは、バブルが弾けて跡形もなく消え去った1993年です。日本は不景気なのが当たり前で、それを悲観したことはありません。それが普通だったので。
「100万円もらったら何したい?」と、たまに聞かれます。いずれもあまり親しくない人との会話が尽きた時です。私はその答えを思いつきません。親しくない人との会話が尽きることなんて、たくさんあるのに。

夢もありません。眠る時以外に夢を見たことはありません。
不景気のせいか、将来は安定した職業に就いたほうがいい気はしていて、公務員か銀行員になると信じていました。このふたつは、小学生の私が思いつく限りの安定している職業だったのです。16才で地下アイドルというファジーな仕事を始めてもなお、大学を卒業する直前までその考えは続きました。ただし、どんな公務員になるのか、銀行員が具体的にどういった仕事をするのか、詳しく考えることも知ることもありませんでした。

ゆとり世代のさとり世代なのです。
ただし、ぼんやりした性格だったので、気がついたら就活は終わっていて、大学も卒業していました。まだ何も始めていなかったリクルートサイトからは、サービス終了のメールが届きました。
地下アイドルを思春期のアイデンティティ(微塵もそんな風に思ったことはなかったけれど)から、本格的に職業にする選択を迫られたのです。そして気がつきました。私の正社員になる計画は、全く間に合っていなかったことに! というか、よく考えたら始まってすらいなかった!

400万円をかけて、しがないフリーランスになった私を編集さんは笑いました。思えば「とりあたまちゃん」の担当さんは、友人のいない学生生活を送っている時も、卒論執筆中も、明らかに就活に乗り遅れている時も、私の将来について適切なアドバイスをくれる唯一の大人でした。しかし、どこかで「こいつは就職とかダメそうだな」という眼差しで見られていたような気もします。
3月に、今月いっぱいまで学生でいることを許されている、実質無職の状態で会いに行ったら「お金に関しての文章を書いてみませんか」と提案されました。不景気育ちの新社会人が、どのようにお金を使うのか興味があります、と。

お金を使うことにあまり興味がないうえに、金銭感覚もごくごく普通なので断わろうと思ったのですが、よく考えたら金銭感覚に普通も何もないのです。これはいままで考えてもみなかったことでした。
思えば、さとり世代の見本のような私ですが、商魂たくましさはあります。その背景には、私の生まれ育った環境がありました。

私は祖父が経営している下北沢の酒屋に生まれました。店内は幼かった私にとって画期的な遊び場で、店番をする祖父や祖母の足元にしゃがみこんで、彼らが働く姿を見上げていました。
この祖母こそ、私と同じ酉年のとりあたまちゃんなのです。私も彼女もありとあらゆることをよく忘れます。彼女とふたりきりの神経衰弱ほど疲れるものはありません。まったく進まないのです。しかし「お金を貯めるのは大事なこと」だと教えてくれたのは、よく覚えています。その夜、私は薄くて丸い形状のものをかき集めて、部屋にあった貯金箱にいれました。自分で型紙を丸く切ったものもいれました。
幼稚園を卒園する前に、両親と弟とともに現在の家へ引っ越し、それから彼らとは暮らしていません。

その後、私も弟も小学校に進学しましたが、我が家ではお小遣い制度が成立しませんでした。同級生がもらっていることを知ると、とても羨ましくなりましたが、すぐに忘れました。とりあたまなので仕方ありません。学校に通わせてもらっているだけで十分に贅沢だろうというのが、私と弟の共通認識になったのです。
とはいえ、さすがに両親もそこまで考えてほしくて、お小遣いを渡さなかったわけではないと思います。多分、使い道がないのに渡しても仕方ないとか、それくらいの考えだったのでしょう。
しかし、私は勝手に商魂たくましくなり、高校生になったある日、領収書を探す父親に自分のもの貸したら、なんでそんなものを持っているんだと驚いた後に、「商人(あきんど)の子は商人だな」と呟いたのです。
この商人とは父親自身ではなく、祖父のことを指していました。私は何気ないこの一文をとても気に入りました。祖父母が大好きだからです。もうとっくに酒屋はなくなり、小忙しく働いているのは私のみになってはいましたが、血の繋がりをはっきり感じられました。

現在も実家住まいなので、焦って働く必要もないと言えばないのですが、せわしく働きまわっています。ぼうっとした性格のせいで就職はできなかったけれど、働かずにはいられない、不思議な新社会人のできあがりです。

お金の話が好きになるのは、また別のお話。

文=姫乃たま

関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan

姫乃たま 1993.2.12下北沢生まれ/日本の地下アイドル/アダルトライター/司会/女子大生
アイドルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」=http://ameblo.jp/love-himeno/
アダルトブログ「地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ」=http://himeeeno.hatenablog.com/
Twitter=https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
15.04.04更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |