本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season2
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるコラム、シーズン2は「お金」にまつわるアレコレです。
 | 
駆けっこでは万年ビリで、遠足に行けばクラスメイトの列からはぐれ、蟻の隊列を眺めているうちに友人がみんな帰宅していたりと、何かと動きの遅いマイペースな私ですが、アルバイトを始めるのだけは早かったです。
我が家にはお小遣いという制度がありませんでしたが、お年玉でのやりくりを困難に思ったことはなく、お金には困っていませんでした。思えば、職業体験や、実家の酒屋でのレジ打ちなど、労働好きな子どもだったのです。

高校の合格発表を確認したあと、帰りがけに立ち寄ったコンビニの求人を見て、すぐに面接を受けました。「高校生大歓迎」と書いてあったからです。
時給は850円で、給料は月末締めの手渡し。単調なレジ打ちと短時間の接客。コンビニでのアルバイトは好きでした。しかし私は給料のことをすっかり忘れていて、初任給を受け取ったのは、給料日から10日も過ぎた日でした。封筒の中には札が1枚と小銭が少し入っていました。働けばお金がもらえることは理解していましたが、自分の時間に金額がつくことと、年始以外の収入はやはり衝撃でした。
お父さんから「初任給は何に使うんだ」と聞かれたことと、お母さんが初任給で祖父母に買ったプレゼントの写真を見せられたのは覚えていますが、自分が初任給で何を買ったのかは忘れてしまいました。少しでも両親に恩は返したのでしょうか......。

天職だと思っていたコンビニですが、接客に精を出しすぎたせいか、1年ほど経った頃に本社のほうから声がかかり、派遣社員として営業職に引き抜かれました。時給はコンビニの倍を優に超えていましたが、積極性が大いに欠けていたため、あっという間にストレス性の胃腸炎になり辞めてしまいました。思えばこの時から私の胃腸はずっと弱いままです。

せっかくなので他業種で働こうと思いましたが、高校生を雇ってくれる会社は、想像よりもずっと少なく、コンビニを除くと飲食店しか残りませんでした。
同級生にはアパレル関係のアルバイトをしている子もいましたが、この頃に地下アイドルの活動を始めてしまったため、出勤時間が拘束されがちな職種に就くことはできませんでした。
仕方がないので、いくつかの適当な飲食店でアルバイトをしていると、楽屋なんかで「地下アイドルのほうが稼げるのに、アルバイト辞めないの?」と、よく言われました。その通りだったのですが、活動が多忙を極めるほど、私は以下のようなアルバイトにしがみつきました。

まず繁華街にある安いカラオケ屋さん。その頃にブラック企業という単語がもっと流行っていれば、まぎれもなくブラック企業でした。八つ当たりがてら社員から怒鳴られる朝礼があるので、15分早く出勤します。
常に人手不足だったので、繁忙期にはシフトをすべて会社に任せると、給料が数万円上乗せされる制度があり、任せると本当に容赦なく連日、長時間働かされるのでした。アルバイトの人たちはいつも顔面蒼白で、社員はいつも怒鳴っていました。私はマイペースなので、仕事はどう考えても遅かったのですが、接客を丁寧にする人がいなかったため、するすると昇給して、陰で「高給取り」と呼ばれていました。もちろん悪口です。
冷暖房の利きが弱いせいか、夏場はドリンクバーのジュースを室内で掛け合うギャルとギャル男が多発し、あくる日、乾いた糖分と群がる虫を掃除した後にバックヤードに戻ると、いつもの調子で怒鳴っていた社員が、アルバイトの男の子の足を蹴って骨折させてしまったのを見て、私の心も折れました。

その後も、バーやメイド喫茶、お好み焼き屋などで働いていましたが、水商売系は癖の強い人が多く人間関係が複雑で、普通の飲食店で働けば私の癖が強いせいで除籍されたりしました。
それでも途切れることなくアルバイト先を渡り歩いていた時、ふとテレビの仕事が舞い込み、ちょこっと映ったら帰りがけに万札を渡されました。万札を握った瞬間、胸がずんと重たくなるのを感じました。うすうす気がついていたのですが、そういう性格なのです。辛い思いをしてお金を稼ぐのがよくて、精神的に負荷のない仕事で稼ぐと、プラスマイナスをゼロにするかのように、気持ちが辛くなるのです。どうしてなのか、自分にもわからないのです。
そういえばこの頃、預金残高の3桁以下が端数になると嫌で、いつも手数料まで計算して、じゃらじゃらと小銭を引き出していました。これもまた、自分にもよくわかりません。

いまのところ最後のアルバイトは小さなビストロです。求人の張り紙に筆ペンで「根暗でも大丈夫です」と書かれていました。大学2年生のことです。
私はそこで、ワインの基礎知識と、お客様に合わせた接客と、食事の質と値段の関係を知りました。勉強も兼ねて外食にお金をかけるようになり、食事とサービスの価格を覚えていきました。この頃に築いた食事とサービスに対する相場は、私の価値観の中心になっています。
後期には地下アイドルとしての仕事が過密化し、ひと月まるまる休ませてもらうこともありましたが、店を辞めようとはしませんでした。卒業が近づいてくると、時々、店長が「社員になるか」と声をかけてくれました。

結局、私が社員になることはなく、過密化したスケジュールに押されるがまま、卒業を迎える前に小さなビストロを後にすることになりました。あの時、就職せずに大学から除籍となった日よりも、ずっと大きな決断をしたように感じます。
アルバイトは、地下アイドルの自分と、プライベートの自分のバランスを保つ重要な時間でした。私は単調に働くことが好きで、地下アイドルを生業にし始めたいまでも、ふとコンビニ店員に戻りたくなり、その時の気持ちにやはり収入は関係ないのです。

文=姫乃たま

関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan
とりあたまちゃんシーズン2
the toriatamachan season2

姫乃たま 1993.2.12下北沢生まれ/日本の地下アイドル/アダルトライター/司会
アイドルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」=http://ameblo.jp/love-himeno/
アダルトブログ「地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ」=http://himeeeno.hatenablog.com/
Twitter=https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
15.05.23更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |