女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第63回
杉浦則夫緊縛写真展『縄の磁場』開催!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年1月号
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
異端のAV監督・ゴールドマンが放つ待望の新作小説 毎週木曜日更新!
Interview with Love-Storyteller by Goldman [SEX・MINUS・LOVE-MACHINE]
数々の伝説に彩られた異端のAV監督・ゴールドマンによる書き下ろし小説第2弾! 金も地位も名声も手に入れたはずの美人恋愛小説家。しかし彼女には男運だけがなかった。その秘められたる理由とは――。一度ハマッたら二度と抜け出すことができない、対話形式で繰り広げられるエクストリームな愛の語らい!!
 | 
いつの時代においても、 女と男のセックスと恋愛に関する悩みは、 永遠に尽きることのない泉のようなものだが、 近代にあっては、 ことさら複雑で、 とても奇妙な味わいに満ちている。
それらは、 決して甘ったるいだけのものではなくて、 ベットリと舌の上にこびりついて離れない、 ひどく後味の悪いマーマレードみたいなものなのだ。
Goldman
第二章 恋愛小説家「幼少期・のぞきの衝撃」

小さい頃は、どんな子供でした?

「とにかく、人見知りで、おとなしい子でした」

でも、顔が可愛いから、わりとチヤホヤされたんじゃないんですか?

「いいえ、とにかく、引っ込み思案でしたから……」

どんな遊びをしましたか?

「そうですね。友だちも少なかったし、少女マンガばっかり読んでました」

それが、今の仕事につながってるんですかね?

「そうかもしれません。やたら、恋愛の話ばかりですからね、少女マンガは」
でも、その頃は、カレシとかいませんよね?

「もちろん、内向的で、男の子と話すことなんて、できなかったです」

それで、逆に想像力が豊かになった?

「そうですね。妄想恋愛ごっこしていました」

なんですか、それ?

「頭の中で、好きな男の子と、デートしまくるんです」

その男の子は、実際にいる子?

「同じ小学校の子や、芸能人とか、まあ、なんでもありなんです」

どんなデートをするの?

「一緒に遊園地に行ったり、湖のボートの上でキスするんです」

けっこう具体的なんですね。

「結婚して、ボロアパートで一緒に暮らす妄想も、けっこう好きでした」

なんで、わざわざボロアパートなの?

「家がわりと裕福だったんで、ビンボーに憧れていたんです」

どのくらい裕福だったの?

「父親がグループ会社の社長で、お家の庭の池に、鯉が200匹いました」

お手伝いさんとかも?

「そう、常時、三〜四名いました」

家族構成は?

「父・母・9つ離れた兄が一人です」

どんなお兄さん?

「兄は、私と違って、活発で、スポーツ万能でした」

じゃあ、女の子にも、モテた?

「そうですね。でも、今考えると、そのおかげで私の恋愛観がヘンになっちゃったのかも……」

どういうことですか?

「高校生になると兄さんは、いろんな女の子を部屋に連れて来るようになって」

それで?

「ある日、なんかヘンなうめき声みたいのがするので……」

お兄さんの部屋から?

「そう、それで、心配になって兄の部屋まで、そ〜っと覗きに行ってみたら……」

Hしてた?

「ううん、Hとは、ちょっと違う感じだった」

どういう風に違ってた?

「最初は女の子が、イジメられてるのかと思って、ビックリして……」

つらそうだったとか?

「そう、手を後ろに縛られて目かくしされた女の子が……」

女の子が?

「それまで見たこともなかった兄のグロテスクで巨大なオチンチンを……」

オチンチンを?

「おクチに突っ込まれて、ノドの奥まで苦しそうに、入れたり出したりされてたんです」

それは、いきなりビックリするよね。

「普段やさしい兄に、あんなモノがついてるだけでも、ビックリなのに……」

それはそうだ。

「でも、女の子は、それほどイヤそうでもなかったし……」

なかったし?

「なんか、おマタのワレメに、うねうね動く棒を突っ込まれていて……」

突っ込まれていて?

「子供心にも、気持ちよがってるのがわかっちゃいました」

それって、いくつの時?

「たしか、小学3年生くらいです」

早熟すぎるかも?

「それで、兄が突然、腰をガクガクさせて、『イクーッ!』って、叫んだんです」

叫んだ!

「すると女の子がむせんで、オチンチンを離したクチから……」

クチから?

「ドローッとした液体があふれ出して……」

あふれ出して?

「それと同時に、女の子のワレメのうねうね棒が抜けて……」

抜けて?

「そのワレメから、“シャーッ”って勢いよく、水みたいのが3mくらい飛び出たんです」

すごいね、それは!

「それで、本当にコワくなっちゃって、急いで自分の部屋に戻りました」

ショックだったでしょう?

「一晩中、泣きました。なぜか、涙が止まらなくて……」

両親には、話さなかったの?

「はい、そんなことしたら、兄が精神病院に入れられると思って」

目撃したのは、一度だけ?

「……」

何度も、見たんだ?

「やっぱり、兄は、私にとっては尊敬できる兄だったから……」

どういう意味?

「兄のやってることには、なにか深い意味があると思って……」

それで、何度も、のぞきに行ったと?

「そうです。兄は、いろんな女の子に同じようなことをしてました」

結局、深い意味があった?

「大人になった今は、兄の性癖が理解できますが……」

当時は?

「小学生の私には、とても理解なんてできようはずもなく……でも……」

でも?

「ある晩、決心して、始めたんです」

えっ、始めたって、なにを?

「練習することにしたんです。いざという時のために……」

えっ、だから、なにをです?

「オチンチンを、おクチに入れたり出したりするアレです」

つまり、フェラチオですね?

「そういうことです。それも、かなりハードなところを目指しました」

えっ、もしかすると、お兄さんのを?

「まさかっ! それって、犯罪行為じゃないですか!」

えっ、じゃあ、お父さんのを?

「それは、気色悪すぎます」

じゃあ、同級生のを?

「たぶん、小学生相手じゃ、練習しても実践で役に立たないでしょう」

それじゃあ、どうしたんですか?

「とりあえず、家からちょっと離れたスーパーに行って……」

わかった、バナナとか?

「バナナは、ちょっとやわらかすぎるので、本当はフランクフルトがよかったんだけど……」

ダメだったんですか?

「フランクフルトは加熱しないと、おなかこわしちゃいそうだったから……」

ちょっと心配ですね。

「ベストな選択が、魚肉ソーセージでした」

すばらしい!!

「常温で保存できるし、小学生が買っても怪しまれないし……」

そうですね、完璧です。

「それからというもの、学校から帰ると、必死になって毎日練習しました」

どういった目的だったんですか?

「もうちょっと大人になって、好きな人が現われた時に、困らないように」

そういう妄想も、始まっていたんですか?

「そうですね。かなり、妄想しちゃってました」

Hな子供だったということですかね?

「いいえ、Hというよりは、やはり恋に恋していたんでしょう」

好きなった人のオチンチンのためにと?

「その通りです。その気持ちは、今も全く変わっていません」

ちなみに、はじめて本物のオチンチンをなめたのは?

「19歳の春です」

じゃあ、ずいぶん長いこと、練習されてたんですね?

「はい、地道な作業は、得意なほうなので……」

ずっと、好きになるであろう人を妄想しながら?

「そういうことになりますね。やっぱり、愛がなくちゃ……」

ステキな女性の生き方ですね。

「ありがとうございます。お世辞でも、うれしいです」

最後に、練習のコツを教えていただけませんか?

「はい、やはり妄想だけでは、非現実的になりがちです」

非現実的?

「そうです。そうならないように、映像を使ったりするのをオススメします」

AVとかってことですか?

「AV観ながら真似したり、自分のしてるのをビデオに撮って見直したり」

あっ、それは、いいですね!

「自分のしゃぶってる映像は、一番勉強になりますね」

その撮ったビデオとかは、どうしてるんですか?

「銀行の夜間金庫に預けています」

銀行ですか?

「ええ、それが、一番安全です」

さすが、才女でいらっしゃる!

「いえいえ、それほどでも……」

それでは、男性との恋の話も、そろそろお聞きしましょう!

「はい、よろしくお願いします。お手やわらかに」

19歳の頃ですかね?

(続く)

関連記事

異端のAV監督・ゴールドマンが放つ衝撃の告白小説
セックス・ムーヴィー・ブルース
特別企画!
harrehare_index.jpg
異端のAV監督・ゴールドマンが来る!!

ゴールドマン 87年にアートビデオより「電撃バイブマン」で監督デビュー。その後、実験的な作品をリリースするなどAV業界に対して常に挑戦的な姿勢を持ち続ける。中でも89年に発表された60分ワンカットの8ミリビデオ作品「なま」は伝説級。近年はハメ撮りでの言わせ系淫語で独自の世界を展開。20年間で約1500人の女とハメ撮りし、300本以上のハメ撮り作品を制作してきたAV業界の巨頭。
 | 
11.12.22更新 | WEBスナイパー  >  セックス・マイナス・ラヴマシーン
文=ゴールドマン |