ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
アクセスアップ
新刊情報
ihr HertZ 2018年11月号(大洋図書)
ナンプレパーク&ファミリー 秋晴特別号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.9(ミリオン出版)
疼く母悶える嫁DX(ミリオン出版)
制服少女COLLECTION Vol.2(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2018年11月号(ワイレア出版)
MAZI! 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
短期集中連載・毎週金曜日更新!
7月10日(木)発売「花嫁崩壊」
完全ノベライゼーション!

〜母娘陵辱残酷絵巻〜【1】
「花嫁崩壊(大洋図書)」より
脚本=雪村春童
著者=芽撫純一郎
突如現われた暴漢者にあらんかぎりの辱めをうける母親。男達の果てしない鬼畜心はバージンロードを歩くはずだった結婚式前日の娘にも向けられていく。手塩にかけて育てた愛娘が目の前で壊されていく……。
鬼畜的凌辱ドラマAVの原作を、俊英のレイプマニアが完全ノベライゼーション! 凌辱小説の新鋭、処女作にて連載開始!
目次に戻る
 | 

Scene01 椿と茜




「あなたにお料理教えられるのも今日が最後ね」

軽やかにフライパンを返す茜の横顔を見つめ、椿が感慨深そうに言った。

一家の主は8年前に病気で他界。以来、母一人、娘一人で生きてきた。
45歳になった椿の顔には、保険会社で昼夜を問わず働いてきた疲れこそあるものの、女としての最後の艶が濃厚に滲んでいる。
滑らかなセミロングの髪は高校生時代からの自慢。切れ長の瞳は「クライアント殺し」とよく同僚にからかわれている。
スレンダーで引き締まったボディラインは、体力維持のために始めたジョギングの成果で今も崩れてはいなかった。

その気であれば、再婚のチャンスなどいくらでもあったに違いない。
しかし、今の椿には大切に育ててきた娘・茜の幸せだけがすべてだった。

茜は明日、結婚式を迎える。

「お嫁に行っても習いにくるよ。毎日くる。お母さんが暇になってボケたら大変だもの」

出来上がったチャーハンを皿に盛りつけながら茜が言った。

冗談めかして笑っているが、内心では心から自分を心配してくれているのだと椿には分かる。
22歳。他の家の子であればまだ親の気持ちなど知ろうともしないネンネだったかも知れない。
しかし今、「一丁上がり!」と胸を張って見せる娘の姿には、すでに母性すら感じさせる優しさと美しさが溢れていた。




――がんばってきてよかった。

今日までの苦労を思い、椿の目には薄っすらと涙すら浮かんでくるのだった。

「私は明日のために断食するね。だって、お腹がぽっこりしてたら『できちゃった婚』と勘違いされそうだもん。もう一回ドレス見てくるから、味の感想は後で教えてね」

茜はそう言うと、新婚生活のために買ったエプロンを脱いでカウンターの上に置き、キッチンを出て行った。
奥の部屋へと向かうフワフワとした足取りは幸せそのものだ。





二人が暮らすマンションの2DKは、駅からは遠いが、1フロアに一世帯の間取りで、プライバシーを守るのには適していた。
治安上、女だけの所帯だとはなるべく知られたくない。
詮索好きな隣人に家庭の事情を根掘り葉掘り聞かれたりするのも椿は嫌だった。
そんなわずらわしさがない分、いざという時の不安はあったが、週に一度は茜のフィアンセに泊まってもらうようにしていた。
今日も夜には挨拶を兼ねて顔を出してくれるはずだ。

――もしかすると、茜も私に挨拶を?

あり得そうなその光景を思い浮かべると、また目頭が熱くなってくる。

「ダメダメ、私が湿っぽくしちゃ!」

椿は茜が部屋に入ったのを確認して自分の頭を軽く小突いた。

この時、椿はまだ自分たちを待ち受けるトラブルを想像すらしていなかった。
真っ黒い、闇のような悪夢の導入部は、すでに自分自身の手で彩ってしまっていたというのに……。





「やっぱ白。ぜ〜んぶ純白がいいよね」

全身を映すことのできる大きな姿見の前で、茜は自分の下着姿を入念にチェックしていた。
レースのついた白いブラジャーはDカップのバストをぴっちりと包み、白いTバックのパンティは、張りのあるヒップの豊かさをますます際立たせていた。
母親の椿と違って、出るところはしっかり出ている。

前から、後ろから、ひとしきり自分の姿を眺めた茜は、ここだけは母親譲りの滑らかな髪をブラシで整えると、小さなティアラを箱から出して頭にのせ、もう一度鏡を見つめた。
黒目勝ちの大きな瞳、すっきり通った鼻筋、ぷるんとした肉厚の唇は父親譲りだ。






「下着姿にティアラって、ちょっとエッチかも。でも伸夫さんの前じゃまだ見せられないな」

勝手に妄想を膨らませ、頬を赤くしながら呟く。

小、中、高校と、茜はいつもクラスの中でアイドルのような扱いを受けてきた。
のぼせ上がってファンクラブを作る男子生徒もいたほどだったが、茜にとって当時から一番大切なのは母の椿に余計な心配をかけないことだった。
コギャルをしている友達のように、遊び半分で男の子と付き合うということが茜にはどうしてもできなかった。

高校を出て、生まれて初めて男女交際を経験した。
相手は真面目で身持ちの固い社会人だった。
そして明日、処女を捧げたその男の花嫁になる。

茜はクローゼットから大事そうにウェディングドレスを引き出すと、「お母さんありがとう」と、シルクの肌触りを噛み締めるように胸に押し当てた。
生地裏のタグには雑誌でしか見たことのない有名ブランドの名前が刺繍されている。
その高価なドレスを買うために母がどれだけの無理を重ねてくれたか……。

――絶対幸せになろう。

溢れる思いに笑顔を輝かせて鏡を見つめ直した時だった。

「ピンポン」

来客を告げるチャイムが鳴った。


(続く)

目次に戻る



『花嫁崩壊』

発売:7月10日
出演:持田茜
収録時間:110分
品番:KNSD-01
メーカー:大洋図書
ジャンル:SM・緊縛・凌辱
レーベル:キネマ浪漫
定価:5,040円

メーカーサイトで購入はこちら>>>

関連記事

奈津美・哀歌〜セーラー服淫肛羞恥地獄より
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】>>>【7】

junichirou.jpg 芽撫純一郎 1960年和歌山県生まれ。プロポーラーとして活躍後、セミリタイアして現在は飲食店経営。趣味として、凌辱系エンターテインメントAVの鑑賞と批評、文章作品の創作を行なう。尊敬する人は一休宗純。
 | 
08.07.04更新 | WEBスナイパー  >  官能小説