女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE May2010
「あぶらいふ」読者投稿連載!
インテリマニアが綴る大人のいろはカルタ
秘密教団「赤満講」が、生け贄となった哀れな少女たちを使って荒ぶる神々を鎮める背徳と暴虐の歳時記。ジャパニーズ・カルトの新境地、雑誌未公開ゾーンを公開中!!
 | 
【6の字吊るし】

メンスの血 木枯らしの中 朱(あけ)に散り
十一月は霜月と言われて、朝方には霜の降りることも珍しくありません。全裸にされて神邪の境内に引きずり出された生け贄には、恥ずかしさと同時に寒さにも耐えなければなりません。

十一月九日、青尿災には、四匹の少女が鬼神に供えられました。四匹とも真っ裸であることは言うまでもありませんが、全員が鳥居から吊るされ、しかもその高さは滑車により上下できるようになっています。一匹目の吉田留美(×六歳)は狸吊りで、両手両足を一つに縛ってぶら下げられています。もちろん陰部は大きく広げられて、信者が見ることも触れることも、あるいは少女の幼い割れ目にいろいろなもの、たとえば勃起した男根を突っ込んで甘いよがり声を楽しむことも出来るのです。




二匹目の生け贄、小林八重子(×五歳)は、Tの字吊るしです。両足を水平に開いて棒に固定し、ちょうど少女の口が信者の男根の位置に重なるようにセットされています。少女が涙ながらに皆様の珍寶をやわらかく口に含んでくれることでしょう。

三匹目の生け贄、中川理沙(×四歳)は駿河問いと言われる過酷な拷問を受けています。駿河問いとは、両手、両足を縛ってうつ伏せに吊るすもので、その苦しさはとても耐えられない上に、満幸は完全に露出し、しかもその高さはセックスしやすいように上げ下げされますから、何人もの凌辱に泣かなければならないのです。

しかし、一番残酷なのは四番目の生け贄、折田由美(×三歳)です。少女は「6の字吊るし」という拷問を受けています。両足を吊るした股の間に頭を入れた形がアラビア数字の6に似ているため、この名前がついています。前向きに頭を突っ込むのと、私の描いた絵のように背中を反らす格好で6の字を作るのがあります。言うまでもなく背面縛りの6の字吊るしは最も苦しい責めで、生け贄は若く柔らかい肉体でなければなりません。

由美チャンは素ッ裸で吊るされる恥ずかしさに加えて、ちょうどメンスの時期に当たっているため、本人の意思に関係なく経血が溢れ出てくるのを止めることが出来ないという惨めさがあります。さらに、晩秋の空はどんよりと曇り、木枯らしが吹き荒れて、哀れな素ッ裸の小娘たちを弄んでいます。とくに由美チャンは溢れ出したメンスの血を散らしながら、「もう止めてー、許してー」と泣くのでした。

さあ信者の皆様は、四匹の全裸少女たちの哀れな吊るし責めを堪能して下さい。生け贄たちは、寒さのために涙を流しながらも、鳥肌を立てぶるぶると震えています。少女の乳首を摘んで捩じ上げたり、陰核を剥き出して擦ったり、膣の中に太い枯れ枝を突っ込むなど意地の悪いいたずらを繰り返して生け贄の号泣を引き出せば、ついに堪りかねて失禁致します。その尿はぶら下げられた生け贄の顔に降りかかりますが、緊縛された少女たちは自分の小水を避けることも拭うこともできません。青尿鬼を喜ばすためには、こうして生け贄たちをもっと泣かさなければならないのです。

(続く)

関連記事

監禁シミュレーション・ノベル 女囚くみ子\x87U
【1】>>> 【2】>>>【3】>>> 【4】>>>【5】>>> 【6】>>>【7】

対談「WEBスナイパー」編集人×「あぶらいふ」扉絵師 今こそアブノーマルな性嗜好の渦巻きを編集せよ!

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 >>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】>>>【1月】>>>【2月】>>>【3月】>>>【4月】

濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【1】>>> 【2】>>>【3】>>> 【4】>>>【5】>>>【6】>>>【7】>>>【8】

芳野流人生相談 10代からの飲酒案内 【1】>>> 【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】>>>【7】>>>【8】

bouzu.jpg
大園喜八郎プロフィール
関西地方在住のマニア男性。詳細一切不明。ある日突然、「あぶらいふ」宛てに手作りのいろはカルタを送付。A4判の厚紙の表側は色鉛筆で描かれたカラーの絵、裏側にはワープロで打たれた文章が丁寧に貼り付けられている。内容は「赤満講」という架空の団体が伝える教えや珍奇な風習。ユーモアとエスプリが利いた力作である。
 |