ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
よろめき 2019年3月号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年3月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.28(大洋図書)
花と蜜 2019年3月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.45(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ(大洋図書)
昼下がりの淫乱アパート妻(大洋図書)
アダルトアテンダント(大洋図書)
愚か者ワンゲルナイト(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
A tribute to Dan Oniroku 
harrehare_index.jpg
団鬼六と『花と蛇』〜永遠の桃源郷へ 文=安田理央
harrehare_index.jpg
小野塚カホリが描く団鬼六の『美少年』〜底知れぬ私小説と漫画の深み 文=永山薫
harrehare_index.jpg
グチグチいってる男が思い切り女に捨てられる話が読みたい! グチグチした男は思い切り不幸になればいい! そんな話をグチグチした本人が書いている 団鬼六レビュー「鹿の園」 文=ターHELL穴トミヤ
harrehare_index.jpg
証言「私と団鬼六」〜谷ナオミの時代へ
harrehare_index.jpg
高スペックダメ人間の魅力を描いた傑作『真剣師 小池重明』 文=田口こくまろ
harrehare_index.jpg
『肉の顔役』に魅せられて 文=小林電人
harrehare_index.jpg
『鬼ゆり峠』〜女と女の終わらない性愛 文=花房観音
00.01.01更新 | 特集記事  >  追悼 団鬼六
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『鬼ゆり峠 上』(幻冬舎アウトロー文庫)
著者=団鬼六
発売日:2008年12月
出版社:幻冬舎

追悼 団鬼六
『鬼ゆり峠』〜女と女の終わらない性愛
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載。特集の最後飾っていただくのは「第一回団鬼六賞大賞」を受賞した作家・花房観音氏が語る『鬼ゆり峠』。同作に描かれる「女同士の絡み合い」に団鬼六作品の真髄を見出し、その魅力を伝えます。
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『肉の顔役 (上) 』(幻冬舎アウトロー文庫)
著者=団鬼六
発売日:1998年4月25日
出版社:幻冬舎

追悼 団鬼六
『肉の顔役』に魅せられて 
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第6弾は連載小説「赤い首輪」などでおなじみの小林電人氏が、熱心な団鬼六ファンの一人として語る『肉の顔役』の魅力。電人氏が「実用的」と評するその中身とは……。
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『真剣師 小池重明 』
著者=団鬼六
発売日:2011年5月28日
出版社:イースト・プレス

追悼 団鬼六
高スペックダメ人間の魅力を描いた傑作『真剣師 小池重明』
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第5弾は「やる夫がSM風俗に興味を持ったようです」でおなじみのライター・田口こくまろ氏が、異色の評伝『真剣師 小池重明』を紹介。官能とは別の角度から団鬼六氏の魅力を伝えます。
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『日活名作ロマンシリーズDVD-BOX 団鬼六×谷ナオミ選集 』
監督=小沼勝
発売日:2008年9月10日
販売元:ジェネオン エンタテインメント

追悼 団鬼六
証言「私と団鬼六」〜谷ナオミの時代へ
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第4弾では往年に団鬼六氏と交流のあった方々にお話を伺い、その頃の空気や団氏の人柄について、ささやかながら証言をいただきました。
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『美少年』(新潮文庫)
著者=団鬼六
発売日:1999年01月
出版社:新潮社

追悼 団鬼六
グチグチいってる男が思い切り女に捨てられる話が読みたい! グチグチした男は思い切り不幸になればいい! そんな話をグチグチした本人が書いている 団鬼六レビュー『鹿の園』
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第3弾は切れ味鋭い映画レビューでお馴染みのターHELL穴トミヤ氏が、新潮文庫『美少年』に収録された短編「鹿の園」を紹介。団鬼六作品の隠されたツボにスポットライトを当てていきます。
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『美少年』(JUNEコミックス ピアスシリーズ)
著者=小野塚カホリ
原作=団鬼六
発売日:2005年3月31日
出版社:マガジン・マガジン

追悼 団鬼六
小野塚カホリが描く団鬼六の『美少年』〜底知れぬ私小説と漫画の深み
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第2弾は漫画評論家・永山薫氏が、団鬼六氏の原作を小野塚カホリがコミカライズした『美少年』を紹介。描き出された登場人物を通して団鬼六作品の核へと迫ります。
11.06.18更新 | 特集記事  >  追悼 団鬼六
文=永山薫 |
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『花と蛇「上 調教篇」』
著者=団鬼六
発売日:1992年12月
出版社:太田出版

追悼 団鬼六
団鬼六と『花と蛇』〜永遠の桃源郷へ
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第1弾は『花と蛇』はなぜこんなにも愛されたのかというテーマを踏まえつつ、エロ系ライター安田理央氏に団鬼六氏のバイオグラフィを紹介していただきます。