女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
マニア告白手記

穿たれたアヌス 第六回
―スナイパー1980年8月号より―


投稿=宇田島博子(20歳)
絵=石神よしはる

お姉さまは、私のアヌスをじっと見つめ、コネコネといじくるのです!
198008_title.jpg

スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の読者告白手記をご紹介します。
 | 

●悪魔の光景

たとえばこの手記をかいている机のそばの女性週刊誌には、佐良直美とキャッシーのレズのことがかかれています。擬似ペニスを使っての、女同志のセックス……そんなペアは芸能界に限らず他の世界にもあるように思います。

でも、私たちは違うのです。私たちのあいだは、もはやレズといえなくなりました。それはもう、レズを超越したアブプレイだと思います。とても恥ずかしくて困るのですが、正直にありのままをかきます。

じつはこの春、新入館生が私たちのMハイツにはいってきたあとでした。二年生の私もやっと先輩になり、お姉さまは卒業まであと一年という、四年生となりました。卒業するとお姉さまは外国に本社のある大手商社に就職します。お姉さまの親戚の人がその会社の重役をしていて、そのコネで就職が内定していました。

「博子、もう一年ね、私たちも。だからこの一年はうんとハッスルしようよ」

お姉さまは男のような口調でいい、

「そんな哀しいこといわないで……別れるなんて、博子、イヤです……」

私は涙ぐんで訴えました。

「そのためにこの一年はもっともっと刺激のあるプレイをしようよ……」

お姉さまはそういって、あの電動こけしを私の恥ずかしい部分に当てたのでした。

「あっ……」

ヌメヌメした先端が触れてきた瞬間、私はまっ赤になりました。いつもと位置が違うのでした。いつもとは五センチほど後方なのです。

「どうしたの、博子……」
「お姉さま、位置が……」

私はお尻を電動こけしから引っこめるようにし、あえぎながらいいました。

「博子……愛してるのよ……」

青く蛇みたいに濡れたお姉さまの双眸が、じっと私を見つめました。ほとんど芯のうごかぬその眸のひかりを見て、私はある予感にぞっと身震いしました。

「お姉さま……」
「博子……」

お姉さまは決して、間違ったのでありません。それは意識的なものだったのです。

「あれっ……」

いやらしい先端が、私のアヌスに喰いこんできたとき私は叫びました。

「博子……こっちのバージンも、いただきたいのよ……」

お姉さまはそういい、私の口をふさぐようにキスし、手の力をつよめました。

「あっ……」

私の体内におぞましい器具は侵入してきたのです。それはいままでの感じとはまったく異質の、熱い砂をこじ入れたような感触、しいていうなら異次元の感覚といっていいものでした。

「博子……愛してる……」

私がはげしく拒否するので、お姉さまはいっそうつよく私をはがい締めにし、そのグリグリした先端をついに埋没してしまったのでした。

私はもう呼吸ができません。体じゅうの水分が蒸発し、血がなくなった感じでした。怖ろしい侵蝕はアヌスから直腸をとおり、背筋をつらぬき、脳天まで駈け抜けました。

その瞬間、私という人間は解体し、別の淫らな生物に変貌してしまったのです。ずっと昔、文学少女の私はフランツ・カフカという小説家の『変身』という小説を、翻訳で読んだことがあります。

その主人公はある日、突然、巨大なイモムシに変身してしまうのです。実直なサラリーマンだった主人公は、イモムシになって、もう会社員としてのスーツを着ることもできぬのでした。そのとき私はあまりの怖ろしさに、ぞっと戦慄したものです。

恥ずかしいアヌスに電動こけしの先端を、ふかぶかと埋めこまれた私は、そのとき人間でなくなったと思いました。アヌスと直腸だけの、巨大な円筒状の環形動物……そんな姿に私は変身していたのです。

「あ、あっ……」

私はえもいえぬ鈍重な、それだけに異形な快感に鳴咽しました。私は白い大ミミズのように、アヌスを中心に全身を淫らにうねらしていたのでした。

「博子……博子……」

いつのまにかお姉さまは私をうつ伏せにして、そのうえに反対むきにまたがっていたのでした。壁に嵌められた大鏡で、私はそのすざまじい姿を見つめていました。

お姉さまは両手でしっかと、私のアヌスにつながるものを握っていたのです。そしてあたかも男女のセックスの姿態のように、胸をのけぞらせ、自分の体も前後に揺すって私を責めていたのです。

それは悪魔の光景であり、地獄のシーンでした。私は悪夢の中の出来事のように、鏡の中を見つめていましたが、そのうちに視界がぼーっとうすれ、混濁していきました。やがて私の視界は黄濁色で埋まり、私は意識さえ失っていったのです。

(続く)

前回に戻る 目次に戻る

mobile_qr.jpg S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!

http://sniper.jp/i/


関連記事

私は多情な悦虐人形
【1】
>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】>>>【6】>>>【7】
 | 
08.11.05更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス