女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE January 2014
あぶらいふ読者投稿小説作品
共和国の思想改造所に送り込まれたA国人の「私」は、そこで思想教育を受けながら屈辱の体験を重ね、かつてない自分自身へと生まれ変わっていく――。あるマニア男性読者が想像する、硬質で冷たいサディズムの絶望と黒光りするエロス。
 | 
指を亜紀の体内に差し込みます。
途端、ひっ、という悲鳴とともに、
亜紀の括約筋がギリギリ締め付けます。
驚愕と屈辱が、
指先に伝わってきました。

【3】亜紀という女

亜紀と初めて会ったのは、この検診の時です。いつも通りに部屋に呼び込まれると、ベンチの上で若い女がうずくまっていました。全裸の丸まった四つん這いの姿勢です。その真正面から、レモンのような肛門に体温計を挿されています。

不審に思ったのは、この形のよい肛門の持ち主が、私同様剃毛されていたからです。

恥丘の真ん中にのぞいた女性器が隅々まではっきり見えました。看護婦は、面倒なので特別な収容犯しか剃毛しません。不思議に思っていると、例のボク看護婦が「肛門に力をこめて、体温計が抜けないようにしな!」と、A国語で声をかけて、不審の念は解けました。

私と同じA国人の女なのでした。

やはり、排尿・排便検査があり、その後、私と一つの浣腸器で浣腸されました。どうしようもありません。翳りをなくした人間同士、仲良くオマルをあてがわれて、横に並んで排泄しました。

放屁の証が立ちこめ、放尿の音が響きます。屈辱と羞恥で、顔を伏せてすすり泣いていたその横顔をちらりと覗き込むと、細作りなびっくりするほどの美人でした。

女の名前は亜紀と言いました。翌日から亜紀も、所長公室の使役作業に加わりました。私が力仕事、亜紀が台所仕事や縫い物です。

亜紀のおかげでリ婦長の手があいたので、監視がきつくなりました。使役作業でヘマをすると 遠慮なく物差しで尻をたたいて懲罰されます。亜紀も私もTバック1枚でしたので、物差しで尻を何度も叩かれると、猿のような真っ赤に腫れた尻になりました。

後で知ったのですが、亜紀は誘拐されて共和国へ連れて来られたのでした。この女は元々はA国の欧州美術専攻の留学生だったのです。欧州留学中に知り合ったA国人に誘われて共和国に来て、そのまま帰国できず、失踪扱いになってしまった人間でした。信用した友人に裏切られて、いつもめそめそ泣いていました。

そんな亜紀を見るたびに、リ婦長が苛立って、びしびし焼きを入れていました。足をがに股に開き、Tバックの尻を後ろに突き出した姿にさせて、ばんばん尻をたたくのです。亜紀はひいひい悲鳴を上げていました。

とうとうある日、リ婦長は爆発しました。

医務室で亜紀が検診姿勢で肛門検温されていました。そのとき、陰唇を開いて膣を検査しようとしたのか、婦長の指が亜紀の性器に触れたのです。

婦長にすれば何でもないことだったのでしょうが、

「ひ、いやっ」

亜紀はぶるっと腰をひねって、その指先を振り払いました。その振り払い方が邪険すぎたので、婦長がかっとしたのです。

「コノヤロ!」

婦長は亜紀の尻を平手ではたくと、抗う亜紀を医務室のベンチに縛り付けました。悲鳴をあげられないように口に猿グツワをかませて、両手両足をベンチの脚に固定したのです。

亜紀が暴れてベンチがひっくり返らないように、私に命じて亜紀の尻の上に跨がらせました。Tバックの私の尻が なめらかな肌に、かぶさります。

身動きを封じてしまうと、もがいている亜紀の臀たぶを、私の両手で広げさせました。白い尻のあわいから、ピンクの性器が剥き出しになります。左手を伸ばして、それを割り、剥き出た紅色の肉に 右手の2本指で潤滑油を塗り込むのです。

十分に塗り込み終わると、そのまま、ふしくれだった指を膣の中に挿入しました。

「気取ルト、承知シナイヨ」

婦長は膣を探ります。私が両手で広げている臀たぶの裂け目で、亜紀の肛門が、ひくっ、ひくっと、痙攣しているのが見えます。

「フン、あなるノ穴ガ、キミヲ、サソッテ、イルヨ、モンデ、ヤリナ」

婦長の指示で、震える亜紀のアヌスに触れてみました。汗で濡れた、こりこりした可愛いアヌスです。肉のすぼみの先を、指先で揉んでやります。

「ツッコメ!」

指を亜紀の体内に差し込みます。途端、ひっ、という悲鳴とともに、亜紀の括約筋がギリギリ締め付けます。驚愕と屈辱が、指先に伝わってきました。

「カキマワセ!」

婦長がじれったそうに叫びます。私は指を動かしました。軟らかい粘膜の中で、動かします。亜紀の膣の中の、婦長の指遣いが薄い肉越しにもそもそと伝わってきます。

やがて、ぐえっ、という押し殺した悲鳴とともに、亜紀の下腹で、ぴちゃっ、という湿った音が立ち、真っ白な躯がぐっと反るのがわかりました。体が潤ってしまったのです。

一度濡れだすと、もう止め処がありませんでした。婦長が指を遣うたびに、ぴちゃ、ぴちゃと、猫が水をなめるような音がし始めます。亜紀は口の猿ぐつわから、絞め殺されるような声を吐いています。

そのうちに亜紀は激しく号泣し始めました。情け容赦なく動く指の先で、これから我が躯に起きる事態を予感したからでしょう。躯が反っていき、しきりに尻をくねらします。全身の汗が跳ね散らかります。

どんなに意地を張っても無駄でした。亜紀が堅く瞑目したまま、全身を激しく痙攣させて昇りつめたのは、それからしばらくしてのことでした。

(続く)

関連記事

脳内調教ノベル「思想改造所」
思想改造所
SM冒険小説「変態寺」
変態寺
掌編変態小説「パンティ三兄弟」
パンティ三兄弟
超ハード人体改造マニア・ノベル「よだれ掛けをした少女」

緑川裕樹 詳細一切不明の投稿者。投稿方法はプリントアウトされた原稿の束を角1サイズの大きな封筒に入れて編集部宛に郵送。固い筆致と正確な語り口に怜悧な味があり、そっと潜ませたユーモアに大人の色気を香らせる謎の著者。
 | 
14.01.31更新 | あぶらいふ  >  思想改造所
緑川裕樹 |