ミストレスランド 1 worldcryptobinary 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's music review
彼女は周囲に熱狂と、異常さと、暴走とを煽り立てていく
青文字系雑誌での活躍や、女子中高生からの熱狂的な支持、また自由奔放なブログでも知られる彼女が中田ヤスタカプロデュースのミニアルバム『もしもし原宿』でメジャーデビュー。iTunesでも世界23カ国で配信され、全世界から注目を集める新たなイコン、きゃりーぱみゅぱみゅの作品をさやわか氏にレビューしていただきました。
 | 
きゃりーぱみゅぱみゅは、いわゆる「青文字系」雑誌のファッションスタイルを体現するような存在として世に認知されたと言っていいだろう。「男性受け」を狙うわけではない独自の「かわいい」という観点、アニメやマンガまで含めたポップカルチャーの要素を気軽に採用したストリート感あるカジュアル性などにその特徴はあるが、中でもこのたび、きゃりーが発売したミニアルバム『もしもし原宿』のタイトルにあるように、東京の原宿を拠点として考えていることは典型的なものだろう。

もっとも、原宿がファッションの拠点というのは今に始まったことではないし、「かわいい」という価値観が独自の発展を遂げた例は過去にもあった。たとえば、80年代からは『Olive』が、90年代からは『CUTiE』なども、そうした「かわいい」カルチャーを喧伝していたし、篠原ともえのようにタレント的な活動をする存在もきゃりーが初めてではない。つまり固有名として原宿が取り上げられること、あるいは個性的な「かわいい」価値観が注目されることには、今さらな感じがしないでもない。また「裏原系」などがここ数年で人気のピークを迎えて急激に衰退したことを鑑みると、そうした文化が取り上げられるのに機が熟しているという感もさほどない。

だがそれでも、きゃりーは何か先行する世代との違いを感じさせる。口元が裂けた不気味なジャケットや、白目をむいて倒れたり変顔や奇妙なポーズを見せるブックレット、ネットで話題となった「PON PON PON」のビデオのキッチュな意匠などについて、彼女はただ自分の好みだけを優先している。そこに「男性受け」を狙う意図はないが、しかし「女性受け」をも目指しているように見えない。あるいは、あえてエキセントリックなセンスを選ぶことで個性に見せかけるような屈折した自己主張があるわけでもない。きゃりーは「目玉とかグロいものが好きだ」とか「見る人によっては怖いと思う人もいると思うが、自分は好きだ」と言う。つまり男女を問わず、他の人がどう思うかではなく、彼女自身が単にそれをしたいのだ。彼女の「かわいい」価値観は多くのジャンルや方向性に彩られていびつにせり出しているようにも見えるが、その実すべてが彼女自身を基準にした素朴な選択性に支えられているという意味で平坦である。

中田ヤスタカはここ何年も、女性シンガーのために楽曲を作り続けてきた。彼はアイドルの楽曲を作るように歌い手の個性や内面をよく作品に反映させてきたはずだが、しかし彼のエレクトロニカと歌詞は純粋な音楽性を目指したもの、つまりいわば匿名性の高いものとしてよく語られている。しかし、彼の描く女性像の淡々とした調子とコケティッシュさの同居は、それが彼自身の音楽性の平坦さだというよりは、そうしたキャラクター性を描いたものだと思っていいのだろう。そしてそれはまさに、きゃりーの平坦さに相応しいように思う。

きゃりーはよく「キレそう」なのだと言う。たとえばCDデビューしたのがうれしくて「キレそう」になり、洋服がかわいくて「キレそう」になる。しかしそれは、決してキレたりはしないという彼女の冷静さについて言及するものになっている。彼女は周囲に熱狂と、異常さと、暴走とを煽り立てていく。それはやはり「かわいい」という名のもとにおいてなのだろう。しかし、それに乗ろうという意志の存在によって、彼女は既に冷静なのである。ビデオの中で、彼女は喜んで平坦な価値観の中にキャラクターとして身を置こうとしている。そこでキレて、身体を溢れ出させたりはしない。きゃりーは、26歳で結婚して、28歳ぐらいには子供を産みたいと決めているのだと言う。幸せな家庭がほしいのだと言う。もちろん、別に、今が幸せでないわけでもない。彼女はただ淡々とそうしたいし、そして、そうするのだ。僕は彼女がとても誇らしい。

文=さやわか



『もしもし原宿』(初回限定フォトブック仕様)
アーティスト=きゃりーぱみゅぱみゅ

価格:2,000円(税込)
ASIN:B0052VI2XY
発売:2011年8月17日
レーベル:ワーナーミュージック・ジャパン

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

第一章 ゼロ年代は「現場」の時代だった
第二章 ネット環境を黙殺するゼロ年代史
第三章 旧オタク的リアリズムと「状況」
第四章 事件は現場で起こっているのか
さやわか ライター、編集者。漫画・アニメ・音楽・文学・ゲームなどジャンルに限らず批評活動を行なっている。2010年に西島大介との共著『西島大介のひらめき☆マンガ 学校』(講談社)を刊行。『ユリイカ』(青土社)、『ニュータイプ』(角川書店)、『BARFOUT!』(ブラウンズブックス)などで執筆。『クイック・ジャパン』(太田出版)ほかで連載中。
「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/
Twitter/someru
http://twitter.com/#!/someru
 | 
11.08.28更新 | レビュー  >  音楽
文=さやわか |