Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
とりあたまちゃんシーズン4 日常 【1】「弟持ち長女は変わらない」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年5月号
特選AVレビュー 『調教される母 媚薬アクメ恍惚絶頂・還暦母 山本遥 』(Global Media Entertainment)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 水野朝陽』(ドリームチケット)
環境が色を作り、色が感覚を育てる/『フランスの色景 ―写真と色彩を巡る旅』編著=港千尋、三木学 (青幻舎) 文=大野左紀子
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【5】前編
骨の髄まで慈しむ女流縄の美学――羽月希が初めて本格緊縛に挑んだ永久保存版の記録映像!『~緊縛~ 8 蓬莱かすみ×羽月希』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『熟れたお尻 岐阜のどすけべ素人 羽島愛さん92センチ』(HMJM)
特選AVレビュー『女子校生の乳首健康診断2』(OFFICE K'S)
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【11】「おじいちゃんとおじいちゃん」
特選AVレビュー『ドSのKAORIをドMのセックス・モンスター初芽里奈が犯す。 』 (レズれ!)
特選AVレビュー『デカ乳輪×マゾ乳首 G乳M妻密室乳嬲り/月本愛 』(光夜蝶)
ここは種々様々な性癖に対応したマニアックな風俗店――変態快楽の殿堂『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(大洋図書)好評発売中!!
絵を描く人々 第13回 「欲しい絵」と「なりたい絵」
特選AVレビュー『時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し 篠宮千明』(STAR PARADISE)
ペロッ、この味は......、フジロックフェスティバル! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公開中!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【33】『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
エルミタージュ美術館のヒドい目にあいすぎ具合がいい! 映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』公開中!!
特選AVレビュー『通りすがりのAV女優 05 新春マグロビッチ全員巨乳編』(HMJM)
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第5話/ウキウキ温泉旅行の巻 ~前編~
アクセスアップ
新刊情報
BITTER 2017年7月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2017年7月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2017年7月号(大洋図書)
MAZI! 2017年7月号(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.64(ワイレア出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.5(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.8(大洋図書)
人妻寝取られ(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
I want to live up to 100 years
「長生きなんてしたくない」という人の気持ちがわからない――。「将来の夢は長生き」と公言する四十路のオナニーマエストロ・遠藤遊佐さんが綴る、"100まで生きたい"気持ちとリアルな"今"。マンガ家・市田さんのイラストも味わい深い、ゆるやかなスタンスで贈るライフコラムです。
 | 
■大人のミーハー

年が変わってすぐ誕生日が来た。44歳になった。
四捨五入でいけばギリギリ40だけど、アラフォーを自称するのもちょっと申し訳ない気がする。そんな立派な中年である。
30代の頃は一つ年をとるとそれなりに焦ったり落ち込んだりしたものだが、この年になると40も50もたいして変わりない気がしてくるから面白い。
欲望を整理できる程度には大人になったからか、それとも単に生命力が落ちてきたからなのか。いずれにしても、ここ数年は身悶えするほど欲しいものもなく穏やかな気持ちで毎日を過ごしていけている。それはとてもありがたいことだと思う。ありがたいことなのだけれど......。

最近になって、思うようになった。
もっと、何かに夢中になりたい。

私は元来ミーハーなタチで、これまでの人生の大半を熱狂の中で過ごしてきた。
小学校の頃は当時人気絶頂だったシブがき隊に夢中になり、ザ・ベストテンを毎週録画してテープが擦り切れるほど繰り返し観た。こんな充実した時間は初めてだと思った。少し大きくなってからも家賃を滞納して好きなバンドをおっかけたり、徹夜でチケットぴあに並んで入手困難な劇団の芝居を観たり......同年代の女の子が恋愛や仕事に打ち込むのを尻目に、そんなことにばかり時間とお金を費やした。
30代に突入すると、それにエロが加わった。スカパーのペイチャンネルで一日に何時間もAVを観、AVイベントに参加するため何度も上京を繰り返した。じわじわと増えていく借金も睡眠不足のままバイトに行くダルさも、平気だった。

それが、いつの頃からだろう。ミーハー心が徐々に薄れ始め、無理をしてでも楽しみたいという衝動がなくなってきた。
今の私には、おっかけするほど好きなタレントもいないし、徹夜で並びたいライブもない。テレビは一日中同じネタを繰り返すワイドショーを観てるのが一番落ち着く。映画も芝居もコンサートも、チケット取りで苦労するくらいならWOWOWで観ればいいやと思ってしまう。
うーむ、なんてつまらない人間になってしまったんだろうか。

そんな自分に焦りを感じて、思い切りミーハー心を発揮できる趣味を探そうと思ったこともある。
私が「大人の女がハマれる趣味」と聞いて、まず頭に浮かぶのはアニメと韓流とジャニーズだ(ずっとこの三つが「三種の神器」だったのだが、最近は宝塚にハマる女子が増えて「四種の神器」になってきた)。
周囲を見回してみると、四種の神器に熱中している女子は世間が思っているよりずっと多い。じゃあ私もそれに倣って......とチャレンジしてみたけれど、悲しいかな、そううまくはいかなかった。

妙齢女子がこの「四種の神器」に熱中する気持ちが、私はものすごくよくわかる。
アニメやジャニーズなんて子供じみた嗜好だと言う人もいるかもしれないが、それは大きな間違いだ。もちろん若いファンも多いけど、本気でハマろうと思ったら安くないチケットを何枚も取ったりグッズを揃えたりイベントに足を運んだり、けっこうな額のお金と労力が必要になる。日々仕事をしてお金を稼いでいる大人の女だからこそ手に入れられる楽しみだ。

大人の女のミーハー精神は、若い頃のそれとは少し違う。
大人になるとだんだん、人生なんてままならないことばかりで死ぬまでのヒマつぶしだってことが嫌でもわかってくる。だからこそ、お金と労力をつぎ込んででも一瞬の熱狂を手に入れようとする。一種の確信犯だ。
かくいう私にも覚えがある。
AVイベントに頻繁に足を運んでいた30代前半の頃、私には見たくないものや考えたくないことが今よりずっとたくさんあった。でも、ひと月かふた月に一回ハレの日があると思えば、退屈な日常にも耐えられた。逆に言えば、そうしないと大人の女なんてやっていられないのだ。
アニメや韓流やジャニーズや宝塚が人気なのは、安全で、安定していて、一緒にキャーキャー言える仲間がたくさんいるからだろう。ままならないことを忘れるためのミーハーなんだから、熱狂はしても自分の芯が揺らいでしまうようなものじゃ困る。傷つかない疑似恋愛。それが四種の神器なのだと思う。
「金にモノを言わせてチケットとってずるい!」なんて言うギャルも、いずれ知るだろう。子供みたいなミーハーおばさんたちも、コンサート会場の外ではきっと懸命に闘ってるんだってことを。

揺れまくりの30代を終え、今の私はニートを脱出し細々とではあるけれど仕事もできている。以前のように何かに熱狂することがなくなったのは、そうしなくても何とかやっていけるからだ。たぶん、それはいいことなんだろう。
なのに、ジャニーズのコンサートチケットが当たって大騒ぎしてる友達や、成田空港までヨン様をお出迎えに行ってるおばさま方を見ると、ときどき羨ましくてたまらなくなる。「楽しそうで、キラキラしてていいなあ。私もその熱狂に入れてよ!」と言いたくなる。
第一線で闘っていない私がこんなふうに思ってしまうのは、ないものねだりなんだろうか。
悩み、焦り、平凡な日常。そんなものをすべて忘れて一瞬の熱狂に癒される。彼女たちはキラキラしていてとても眩しい。

平穏で退屈な毎日にこのうえない安心感を感じているのに、ジャニーズや韓流でMPを回復させながら懸命に闘っている女たちのことを、どこかうらやましいと思ってしまう、そんな自分が、どきどき疎ましくてたまらない。
つけっぱなしのテレビからは、朝のワイドショーで観たのと同じニュースがまったく同じ映像で流れている。それをぼんやりと眺めながら、夕飯は何を作ろうかと考える。今日も夜はたぶん12時に寝て、明日の朝は6時半に起きて、明日の朝はまたワイドショーを観るんだろう。
落ち着くということは輝きを失うことなのかもしれない。ふと頭に浮かんだそんな言葉を、私は慌てて打ち消した。
まあ、こればっかりはなってみないとわからないけど。

文=遠藤遊佐




関連記事

100まで生きたい。
I want to live up to 100 years
遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

市田 ブログのコミック化や新書等で活躍するマンガ家。
著書に『家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています』(PHP研究所)、『日本霊異記』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など。
ウェブサイト=「http://urban.sakura.ne.jp」
 | 
15.02.14更新 | WEBスナイパー  >  100まで生きたい。
文=遠藤遊佐 | 市田 |