ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
よろめき 2019年3月号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年3月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.28(大洋図書)
花と蜜 2019年3月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.45(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ(大洋図書)
昼下がりの淫乱アパート妻(大洋図書)
アダルトアテンダント(大洋図書)
愚か者ワンゲルナイト(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season2
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるコラム、シーズン2。今回が最終回です。
 | 
夏の日。うだるような暑さの中、女三人、四畳半ほどのフローリングの上で、缶のハイボールを飲んでいました。ひとりは私、ひとりは高校時代の同級生。もうひとりは彼女の友人です。
なぜ私たちは床に座ってハイボールを飲んでいるのか。カンバスと油絵具に混ざって、ちょうど三脚、ベランダに押し込められた椅子を見ながら考えます。でも私たちは誰もそれを言い出しません。あまり気にしていないからです。私も考えるのをやめて、目の前のハイボールを飲みます。
そもそもこの部屋は少し変わっているのです。中身がくりぬかれたブラウン管が収納棚になっています。中にはVHSや、雑誌が。家主はひとつ年下の大学生で、同級生の知人(どういう関係なのか、つぶさに聞いたのにすっかり忘れてしまいました)です。

私たちは三人とも22歳でした。同級生に会うと、お互いに心の底からそう思って、変わってないね、と言い合います。しかし、同級生はもう高校生ではなくて、私も大学生ですらなくなっていて、彼女の友人は小さい頃に見ていた大人のお姉さんのようで、きっと自分もそう見えているんだろうと思うと、じんわりと違和感に似た驚きが広がります。
私は地下アイドルになって、いつの間にやら同級生もモデルになっていて、彼女の友人はカメラマンをしていました。一見、花形であるこれらの職業を、小さい頃から夢見ていた者はいません。敬語とフランクな口調が混ざった会話の中で、なんとなく、とか、なんでだろう、といった言葉が、アルコールと一緒に部屋の宙に浮いています。私も、地下アイドルという職業に対して、そういった曖昧な言葉しか思い浮かびません。自分にとっても合っている気もするし、もしかしたら他にもっと適した職業がある気もします。
久しぶりの同世代との遭遇でした。彼女たちも同じだったようです。私たちはなんとなく、いまの職業に就いて、そして同世代の人間と顔を合わせないまま、この職業が自分に合っているのか合っていないのか、ほかの同級生たちがなんの仕事をしているのかわからないまま、別々の場所で生きていました。しかし、私たちはいまの生活に概ね満足しているようでした。少なくともこの部屋の中では、三人ともそう見えます。けれど私は、高校生の自分にも、大学生の自分にも、コンビニでアルバイトをしている自分にも、地下アイドルの自分にも、いつでも概ね満足していました。

癖、でしょうか。生まれた時から不景気で、希望に満ちて発明された科学技術の思わぬ副作用や、怖い話をたくさん聞かされて、未来に恐怖と不安しかありませんでした。私はきっと貧困の中で、なにやら体に良くない化学物質がどろどろに溶けた海水に溺れて死ぬと思っていたのです。それも、はっきりと確信していました。想像の中で死んでしまう時の私は、たいてい若いままでした。子どもの頃。あの頃は考える時間が多すぎたのです。
私はいま、海水に溺れて死ぬはずの年齢になっていますが、供給過多のアイドル業界を泳ぎながら(それこそ溺れているのかもしれませんが)、それなりに生きています。実際に泳ぎ出してみると、考える時間は極端に少なくなり、もともと考え込みやすい性質の私は、素直にいまの生活に概ね満足せずにはいられません。

そのうち私は、考える時間も、比較できる同世代との関わりもあまり持たないまま、感覚だけで「とりあたまちゃん」という、自らの世代に関するコラムを書き始めました。シーズン2が始まった時、私はまだ大学生で、それから大学を卒業して、いよいよフリーランスの地下アイドルになり、私を商人(あきんど)にした商人の祖父は亡くなり、途中でこの連載のプロフィール写真が変わりました。この半年に起きたことは、それくらいです。

ハイボール三缶分の会話が尽き、カメラマンの彼女が思い出したように、同級生にフィルム代を請求していました。時に、お互いに仕事を発注し合っているようです。目の前でレシートと、フィルム代が交換されます。私たちは、働いていました。モデルと、カメラマンと、アイドルとして。
久しぶりの同世代との邂逅からは、しかし、九時五時で働いている同世代の生活を窺い知ることはできず、まったく異なった文化圏で生活する人と顔を合わせなくなったのは、ひとつ大人になった証拠のように感じます。私の就寝時間と起床時間はどんどんずれ込んでいます。相変わらずもっと自分に合っている仕事があるような気もしますが、いまは概ね満足していますし、きっと、九時五時で働く事務員になっても、パン屋さんになっても、私はきっと概ね満足すると思います。

文=姫乃たま

関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan
とりあたまちゃんシーズン2
the toriatamachan season2

姫乃たま 1993.2.12下北沢生まれ/日本の地下アイドル/アダルトライター/司会/女子大生
アイドルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」=http://ameblo.jp/love-himeno/
アダルトブログ「地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ」=http://himeeeno.hatenablog.com/
Twitter=https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
 | 
15.10.31更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |