本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season3
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるコラム、シーズン3は「わたしのすきなこと」にまつわるアレコレです。
 | 
パーティが好き。

VIPルームはサッカーゴールみたい。男の子達はそこに女の子を連れて行くことを勝ちだと思ってる。したり顔の男の子と、はしゃいでみせる女の子。私は頭の中で「シュート」って呟く。そういう渋谷の野蛮なクラブが好き。でも、そういうところに私の居場所はあまりないから、やっぱりターンテーブルのあるバーで、大人しそうな男の子達が幕間に演奏しているDJパーティの方が好き。でも私は踊りが上手くないから、ワインのおいしいレストランで知っている人と、それから知らない人と乾杯するほうが、もっと好き。薄明かりの空間たち。
あるいは、日が暮れはじめた赤坂から、青山通りを歩く。表参道につく頃には、すっかり暗くなっていて、ビルと、車のテールランプと、ショーウィンドウから漏れる明かりだけが、街の照明になる。それで私は簡単に、パーティに出席しているような気持ちになってしまう。でもそれは、いわゆるパーティじゃない。ただ、女がひとりで街を歩いているだけ。それくらいは、わかってる。

そもそも、本当のところ、私はパーティに出席したことがない。

小さい頃、絵本で読んだパーティは、本当は存在しない場所でやっていて、本当は存在しない人達がそこにいた。存在しない場所、存在しない人。私がたどり着けない世界。それでも私の心は、絵本の中のパーティに飛んだ。そうやっていまでも、本当のパーティは、参加できないものとして私の中にある。だから街を歩いているだけで、私の気持ちは華やいで、繊細な切なさで満たされる。本当はパーティではない、ただ街を歩いている私だけのパーティ。
それで、パーティを好きと言ったばかりだけど、現実のパーティにいる時の私は、実はそこまで楽しくない。お酒はおいしいし、みんな笑っているけれど、私はパーティと聞いただけで、期待してしまって、期待したものがその通りそこにはあって、なんだか少し憂鬱になってしまう。
絵本の中のパーティのような、華やかな、繊細な切なさに満ちた気持ちは、いつも不意にやってくる。予期していたパーティの途中よりも、住み慣れた東京の街を歩いている時や、暗い部屋でキャンドルを灯して、もう何度も読んだ本をもう一度読んでいる時やなんかに。

私は多分、パーティではなく、単に薄明かりの空間が好きだ。

私は母親が酒を飲む場に同席したがる子どもだった。酒の席は間接照明のダイニングだったり、かまくらの中(目の前をたぬきが横切って驚いた)だったりして、たいてい薄明かりだった。
母はよく酒を飲む人だ。それに辛いものが好きで、テーブルに置かれただけで目が痛くなるような料理を好んで食べた。内向的だった私は、そういう場で、なんでくっついてきたのかわからないほど大人しかったけれど、母の友人はみんな愉快で好きだった。同級生みたいに大きい声を出したりしないところも。何より知らない場所でも母がいれば安心なのが面白かった。

ある日の夜、夕ご飯を食べて、お風呂からあがると、喉が痛い気がした。まだあまり喉が痛くなったことのなかった私は、バスタオルで髪を押さえたまま、つばを飲み込んで、喉が痛いのを確かめては、少しずつ不安になった。
下唇を噛んで、母に「喉が痛い」と訴えた。母ならなんとかしてくれるだろうと思ったのだ。母は、私の部屋で夜景を見ていた。
私の部屋からは新宿の高層ビル群が見える。生まれの家は一階だったうえに、窓も少なかったので、引っ越してきた時はショックを受けて、大いにはしゃいだ。
ぬいぐるみや、キャラクターが描かれたメモ帳なんかが散らばっている四畳半で、母は椅子に座って夜景を見ていた。そして私に「おいで」と膝を叩いた。私は心底がっかりした。母が薬や体温計を持っていないことは明らかだったから。渋々、母の膝の上に乗った。そしてただ抱きしめられて「大丈夫」と言われた時、喉の痛みはひいた。当然のように。四畳半は暗いままで、高層ビルの明かりだけが部屋を照らしていた。

その何年か後、部屋の目の前にいくつかのマンションが建って、夜景は半分ほどのスケールになった。私は好きな時に自分で新宿まで出向いて、いくらでも夜景を見られるようになったので、時々期待して出向いて、期待したものがその通りそこにあって、勝手に少し憂鬱になったりしている。母が私の部屋から夜景を見ていたのは、私の記憶の中であの日だけだ。
パーティは依然として、参加できないものとして私の中にある。喉の痛みがひいた不思議なあの日も、もう参加できない日として私の中にある。それでも時々、薄明かりの空間が不意にあの日に繋がって、華やかで、繊細な切なさに満たされる。それを期待して、私はパーティに出向く。

文=姫乃たま

関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan
とりあたまちゃんシーズン2
the toriatamachan season2
とりあたまちゃんシーズン3
the toriatamachan season3

姫乃たま 1993.2.12下北沢生まれ/日本の地下アイドル/アダルトライター/司会/女子大生
アイドルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」=http://ameblo.jp/love-himeno/
アダルトブログ「地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ」=http://himeeeno.hatenablog.com/
Twitter=https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
16.04.09更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |