女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
よろめき 2019年3月号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年3月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.28(大洋図書)
花と蜜 2019年3月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.45(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ(大洋図書)
昼下がりの淫乱アパート妻(大洋図書)
アダルトアテンダント(大洋図書)
愚か者ワンゲルナイト(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
月一更新
the toriatamachan season3
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実――。女子のリアルを見つめるコラム、シーズン3は「わたしのすきなこと」にまつわるアレコレです。
 | 
時々、「人に迷惑をかけないように早く死にたい」と言われる。私がそれを言わせているのか、言われたことを気にしすぎているのか、そういう風に考えている人が多いのか、そういう人を呼び寄せているのかはわからない。ただ、そう言ってくるのはたいてい大切な人で、私はいつも途方もなく悲しい気持ちになって、一生どうにもならない迷子になったような感じがする。
私はその言葉の意味を完全に理解することはできないけれど、仲が良いから打ち明けたんだよという柔らかくて悲しい雰囲気だけは感じて、いつも何も言えないまま、爪のささくれのあたりをこっそり引っ掻く。

私はだいたいのことが人より良くなかった。
足は遅いし、体型は歪だし、いつも悲しかったし、考え方も変だった。
今でも、やっぱりだいたいのことは人より良くないと思う。

私にとって家族は、数少ない良いものだ。
この人達と血が繋がっていることは、完璧なことだと思う。
料理人の子供が複雑な味を理解できるように、司書の子供が良質な本を読めるように、私は絶え間なく家族から安心を与えられてきた。

でも、私はこれを言葉にすることを避けてきた。


高校の昼休み、女の子が昔の万引きでも告白するみたいに、「家族、仲良いよね?」と聞いてきた。私の家族は仲が良い。家族で旅行に行ったこともないし、何をしていたか互いに知らない日もたくさんあるけど。そして彼女の家族も仲が良い。「うちもね、仲良いの」と、なんでもないように言う。私は、うん、と応えた。彼女も小さくて賢い鳥みたいに、うん、と言い返す。私達は見つめ合いながらわかっていた。

なんとなくそれを、大きい声で言ってはいけない気がすることを。

彼女もだいたいのことが人より良くないタイプだった。いつも悲しそうだったし、考え方も変だった(その代わり彼女はとってもスタイルがよかったけど)。

私達の友人は、酒癖の悪い父親から夜ごと怒鳴られていた。酔っ払っているところを撮影して、本人に見せたら少しだけ大人しくなったと話していた。母親が父親の前で平然と不倫相手と電話するので、憤っていた子もいた。両親とわかり合えずほとんど家に帰らない子や、両親を罵倒する子もいた。

私達ふたりは、だいたいのことが人より良くなかった。だいたいに入らないのが、家族だった。
良くないことが多すぎて、自分達がなんて声をかけられたら嬉しくなるのか、楽になるのか、わからなかった。あるいは、誰になんと声をかけられても、嬉しくも、楽にもならないことを知っていた。だから友人達の事情を聞きながら、いつも黙っていた。私達はふたりとも遠くを見たり、お弁当を食べたりしていた。

「人に迷惑をかけないように早く死にたい」と言われる時、私は迷惑をかけてほしいと思ってしまう。たくさん迷惑をかけてほしいと思う。私は祖父が、忙しい時期に病気になって亡くなっていったことも嬉しかった。忘れるなと言われている気がしたから。
私の愛情はもしかしたら距離感がおかしくて、警戒心がなくて、重たいのかもしれない。もうすぐ母親が私を生んだ年齢を過ぎてしまう。私はいつか、家族から与えられている絶対的な安心を、誰かに与えられる人間になれるのだろうか。

心許なくなる。

文=姫乃たま


関連記事

とりあたまちゃん
the toriatamachan
とりあたまちゃんシーズン2
the toriatamachan season2
とりあたまちゃんシーズン3
the toriatamachan season3

姫乃たま(ひめの たま)
地下アイドル/ライター
1993年2月12日、下北沢生まれ、エロ本育ち。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を軸足に置きながら、文筆業も営む。そのほか司会、DJとしても活動。フルアルバムに『僕とジョルジュ』があり、著書に『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。
ウェブサイト ■http://himeeeno.wix.com/tama
Twitter ●https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
16.11.26更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |