女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【3】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【2】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【1】
死後さばきにあう<まちがえ 生きてる内にとしまえんでさばきにあう<せいかい『映画 としまえん』公開中!!
特選AVレビュー『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』(CARESS COMMUNICATIONS)
ギャルリー志門 三宅玄朗展「鈍黒の夢想」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2019年7月号(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2019年 夏号(大洋図書)
花と蜜 2019年7月号(ワイレア出版)
名医が処方しない「生活習慣病」の薬(大洋図書) 
昭和の不思議101 2019年 夏の男祭号(大洋図書)
アダムの肋骨 1(大洋図書)
Sugar in my Coffee(大洋図書)
GAPS hanker(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年7月号(大洋図書)
騎士の祈り(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
I want to live up to 100 years
「長生きなんてしたくない」という人の気持ちがわからない――。「将来の夢は長生き」と公言する四十路のオナニーマエストロ・遠藤遊佐さんが綴る、"100まで生きたい"気持ちとリアルな"今"。マンガ家・市田さんのイラストも味わい深い、ゆるやかなスタンスで贈るライフコラムです。
 | 
■38㎡

普段からいろんなところで「引きこもり」を自称している私だが、ここのところその堕落っぷりにさらに拍車がかかってきた。
理由は、更年期やら何やらで体調イマイチなのが半分、主婦というステータスを手に入れたおかげで引きこもりに前ほど罪悪感を感じずにすむようになったのが半分だ(まあ、年をとってずうずうしくなったとも言いますね......)。

引きこもりの気は、子供の頃からあったと思う。
幼稚園や小学校から帰った後、友達の家に遊びに行ったという記憶はほとんどない。思い出すのは一人で本を読むか、居間でくつろぐ祖父母の横でテレビを観ている自分の姿ばかりだ。別に親に強制されたわけじゃなく、そうやってぼんやりしているのが好きだった。
中学の時も、高校に入ってからもそれは変わらなかった。
今も覚えているのは、クラスメイトに「遠藤さんちは門限何時?」と聞かれて、どう応えていいかわからなかったことだ。我が家には門限がなかった。学校が終わったら寄り道せず一直線に家に帰ってくるから、必要なかったのだ。
そんなふうだから、外に出なくても暮らしていける今の状況は、ある意味パラダイスだともいえる。

私は取材や打ち合わせにあまり出ないタイプのライターなので(まあ、ほんとはそれじゃダメなんだけど)、ほうっておくと2、3日は平気で家の中にいる。4日目くらいになると「ああ、もう水と卵と牛乳がない......」としぶしぶ重い腰をあげて買い物に出かけるのだが、それも自転車で行って必要なものを帰ってくるだけ。所要時間は約30分。ついでに繁華街までふらりと足を延ばすとか、おしゃれなカフェで一人読書に勤しむとかいうことはほとんどない。
じゃあ家で何をしているのかというと、ごくごく普通のことである。
パソコンに向かって仕事をし、掃除だの洗濯だのといった家事を少々やり、昼になるとキッチンで簡単な食事を作って食べる。仕事に飽きたらゲームしたりワイドショーを観たりして、夜になるとお風呂に入り、酒を飲みながらどっちでもいいようなバラエティ番組を観る。
アクティブな性格の弟は、そんな私の生活を見て「生きてて楽しい? そんなの息してるだけじゃん」なんてヒドイことを言うが、はっきり言って全然楽しい。
だって動くのは疲れるし、外の世界はストレスだらけじゃないか。
そりゃあたまにはワーッと騒いだり、リア充ぶった写真をSNSに載っけたくなったりすることもあるけれど、そんな機会は月に1回もあれば十分だ。
結局私には、アップダウンがあって刺激的な人生よりも、ぬるま湯に浸かったような平穏な毎日のほうが性に合っているのだろう。ちょっとつまらないような気もするが、40代半ば、人生も折り返し地点にきて、素直にそう思えるようになった。

さて、引きこもるのなら、できるだけ快適に引きこもりたいというのが人の情。
ここ最近は、いかに快適にひきこもるかというのが私のテーマになっている。
今住んでいる部屋は、東京に出てくるときに借りた築40年の2DKマンションだ。6畳間が3つで広さは38㎡、2人で暮らすにはちょっと狭い。
もっと広くて新しいところに住めればよかったのだが、懐事情を考えるとそうも言っていられない。夫の通勤のことを考えて立地の良さのほうを優先させたらこうなった。
でも住んでみたらこの部屋、意外に引きこもり向きで住み心地がいいんである。

実家住まい時代から十数年、がっつり引きこもり生活を続けてきて思うのは「健康的に引きこもるには家事が必須」ということだ。
もしこれから引きこもろうという人がいたら是非参考にしていただきたいのだが、家事というのは本当に役に立つ。
引きこもりの敵、それは「退屈」と「罪悪感」だ。ゲームやDVDでももちろん暇はつぶせるが、心の弱い私はふと「こんなことしてていいのかな」と不安になってしまったりする。そんなとき家事に勤しむと、外に出なくてもちゃんと生活してるような気分になれるからありがたい。無心で没頭できて、クリエイティブで、充実感もある。それに掃除のゆきとどいた部屋で自炊をすれば、汚部屋でコンビニ飯を食べてるより健康にいい。100まで生きたい身にとっては一石二鳥である。
そして、できるなら引きこもりには2部屋以上ある家が望ましいというのも私の持論だ。
いくら家が好きでも四六時中ずっと同じ場所にいると飽きてしまう。でも、2部屋あるとかなり気分転換ができる。
2DKくらいの広さなら毎日掃除するのもそう大変じゃないし、小さくても2口コンロのあるちゃんとしたキッチンがついているから、家事もしやすくておすすめだ。

古くて狭いけど、ちょっと凝ったご飯も作れる2口コンロがあって、ビールの入った冷蔵庫と大きな本棚があって、テレビとAVとニンテンドーWiiUがあって、いつの間にか増えてしまった植木鉢がたくさん並んでいる我が家。もう少し広い部屋に住みたいと思うこともあるけれど、めんどくさがりでストレスに弱い四十路女が逃げ込むシェルターとしては、これくらいがちょうどいい。
立って半畳、寝て一畳なんてことを言うけれど、それじゃあちょっと窮屈すぎる。だから38㎡。

これが今の私の身の丈なんだなと思いながら、引きこもりの日々を送る今日この頃なんである。

文=遠藤遊佐




関連記事

100まで生きたい。
I want to live up to 100 years
遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

市田 ブログのコミック化や新書等で活躍するマンガ家。
著書に『家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています』(PHP研究所)、『日本霊異記』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など。
ウェブサイト=「http://urban.sakura.ne.jp」
 | 
15.11.21更新 | WEBスナイパー  >  100まで生きたい。
文=遠藤遊佐 | 市田 |