本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
I want to live up to 100 years
「長生きなんてしたくない」という人の気持ちがわからない――。「将来の夢は長生き」と公言する四十路のオナニーマエストロ・遠藤遊佐さんが綴る、"100まで生きたい"気持ちとリアルな"今"。マンガ家・市田さんのイラストも味わい深い、ゆるやかなスタンスで贈るライフコラムです。
 | 
■3人の老婆

最近、老後について考えることが多くなった。
私の周りには優しくて礼儀正しい人が多く、飲みの席なんかで老後の話をすると「遠藤さんはまだ若いよ。そんな心配するには早いって!」なんて励ましの言葉をかけてくれる。でもそれを聞くと、私はいつも申し訳ない気分になってしまう。
なぜなら、私にとって老後は"恐れるべきもの"じゃなく"憧れ"だからだ。
老人は働かなくていいし、アクティブに過ごさなくちゃというプレッシャーもない。ひなたぼっこしながらのんびりお茶を飲み、眠くなったら昼寝をし、暇になったら散歩がてらに図書館通い......こんなにすばらしい職業がほかにあるだろうか。
しっかり者の友人には「今の時代にその考え方は甘いっ。私たちが老人になった頃には年金システムなんてとうに崩壊してるよ。我々なんて下流老人まっしぐらだよ!」と喝を入れられるが、そういった不安材料を十分理解していても不思議と怖いって気持ちはわいてこない。大衆酒場のカウンターでアツアツの煮込みをつまみながら独り酒しているおじいちゃんなんか見ると、うっとりと「ストレスなさそうでいいなあ」と思うばかりだ。

老後に思いをめぐらせるとき、私の中に「心配」とか「不安」とかいうネガティブな感覚はあまりない。
それはたぶん、年寄りの多い環境で育ったせいじゃないかと思う。気の利いた老人施設などなかった昭和の田舎町には、くの字型に腰の曲がった(でも元気な)一人暮らしのおばあさんがごろごろしていていた。いわば、老人のケーススタディをたくさん見ることができたのである。

私には「憧れの年寄り」が3人いる。
まず1人目は、父方のひいおばあちゃんだ。
彼女はチヨさんという名で、実家の隣にある古い家に独りで住んでいた。当時は「どうしてすぐそばに家があるのに一人暮らししてるんだろう」と不思議に思っていたのだが、大人になって後妻さんだったと知ってなるほどと思った。結婚前は芸者をしていてチャキチャキの姐御肌だったチヨさんは、気を使いながら血のつながらない息子夫婦と住むよりも独りのほうが気楽だったのだろう。
小学校低学年の頃はよくチヨさんの家に遊びに行っていた。物がごちゃごちゃとたくさんある薄暗い家だったけれど、静かで暖かくて妙に居心地がよかった。私のために酒屋でラムネをケース買いしてくれていて、いつもそれを飲ませてくれるのも嬉しかった。「白いカレーって見たことあるかい?」と得意気に皿に盛って出してくれた夕食がまごうことなきホワイトシチューで、大笑いしたこともある。
今でも覚えているのは、いつもテレビで時代劇の再放送を観ながら内職をしていたことだ。ご祝儀袋につける水引を結ぶ内職は、私の住む町のおばあさんの間ではポピュラーなものだった。
「どうして内職してるの?」
「ほかにすることがないからなあ。それに内職でお金を稼げば、あんたにだってお年玉やラムネをあげられるだろ」
当時、私の周りにはお金を稼ぐ女の人がいなかったので(母親も祖母も専業主婦だった)、かっこいいなと思った。休むことなく水引を結び続けるチヨさんの横でラムネを飲みながら「大江戸捜査網」や「遠山の金さん」を観るのが、私の幸せな時間だった。
私が中学生になる頃、チヨさんはボケがきて近所の病院に入り、80何歳かで亡くなった。たまにお見舞いに行くと、芸者時代に戻った彼女は看護婦さんたちの前で嬉しそうに踊りを披露していた。ベッドの上にちょこんと座り、指先をピンと伸ばして"しな"をつくる仕草は、さすが昔取った杵柄って感じで粋だった。

2人目は、親友のおばあちゃん。
この人には直接会ったことがないのだが、106歳で天寿を全うしたと聞いて憧れずにはいられなくなった。さすがに最後の何年かは介護施設に入ったけれど、それまではボケることもなく一人暮らしをしていたそうだ。読書が一番の趣味で、100歳過ぎても毎日虫めがねを使って本を読んでいたというからすごい。
気丈で、何歳になっても好奇心があって、独りに強い。私が思う「ご長寿さん」というのはまさにこういうタイプである。まあ、たぶん私には真似できないだろうけど......。
ちなみに彼女の孫である友人は、20年前にフランスに渡り向こうに居ついてしまった。合理的で独立心旺盛で「車は維持費がかかるから」と5キロや10キロなら歩いて移動してしまうような人。たぶん、彼女も100歳くらいまでは生きるんじゃないかとふんでいる。

そして3人目は、4年前、97歳で亡くなった祖母だ。
彼女は先のチヨさんとは正反対、お嬢様育ちの華やかなタイプである。
実家の仏壇に線香をあげるとき、遺影を見ると毎回驚いてしまう。従姉妹の結婚式で撮った写真だから確か93歳か94歳にはなっているはずなのだが、栗色に染めた髪を結いあげ、ピンク系の口紅を塗り、エメラルドグリーンのツーピースを着て笑っている姿はどう見ても70代にしか見えない。ヒールを履いていたせいか、背筋もピンと伸びている。
なぜこの人と私の血がつながっているのか、我ながら不思議でたまらない。
なんてったって、80歳過ぎてからも紫の補正下着を着ていたとか、90歳目前でベルギー旅行に行ったとか、90歳過ぎて目を整形手術したとか、この手の逸話には事欠かない人なのだ。
正直子供の頃は、派手で祖母が参観日に来るのが恥ずかしかったけれど、今は素直に「たいしたもんだ」と思うようになった。
若くて華やかなのはもちろん羨ましいが、私が憧れているのはその死に方だ。
90歳過ぎても社交ダンスをし、化粧をし、好きなものを食べて、深夜番組を観ていた祖母。そのうち徐々に体が弱り始め、家族に見守られながら綺麗に人生を終えていった。
できるなら私も、あんなふうに死にたい。

お金に困ることも孤独にさいなまれることもない、今の世には珍しいくらい運のいい人だった。でも、今思い返してみると、あんなふうに死ねたのは幸運だけじゃなかった気がする。
恵まれた人というのは「自分だけは大丈夫」と思いがちなものだが、祖母はそうじゃなく、むしろ心配症なくらいだった。少しでも体調が悪ければ病院へ行き、足が痛ければリハビリをし、気分がふさいだらショッピングをする。できることは面倒くさがらずになんでもしていた。
考えてみれば、90歳過ぎたらスキンケアや化粧をちゃんとするんだって大変なことだ。でも毎日当たり前のようにやっていた。
きっと祖母は祖母なりに、97年の人生をコントロールしてきたんだと思う。

しっかり者の友人が言う通り、年金も貰えないかもしれない世代の私は祖母のような華やかな老後を送るのは無理だろう。いくら能天気でもそれくらいはわかってる。
でも、自分の人生をコントロールするために、ほんの少し神経と労力を使うことくらいなら真似できるんじゃないかと思うのだ。

そういえば幼稚園の頃、実家の庭に平屋の小さな小屋があって、90歳くらいの知らないおばあさんが2人で住んでいた。
あれは誰だったのか今でも謎だが、もし私が90歳になったとき気のおけない女友達がいたら、そこらへんに小さな小屋を立てて2人暮らしするのもなかなか楽しいかもしれない。

文=遠藤遊佐




関連記事

100まで生きたい。
I want to live up to 100 years
遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

市田 ブログのコミック化や新書等で活躍するマンガ家。
著書に『家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています』(PHP研究所)、『日本霊異記』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など。
ウェブサイト=「http://urban.sakura.ne.jp」
 | 
15.12.26更新 | WEBスナイパー  >  100まで生きたい。
文=遠藤遊佐 | 市田 |