Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
とりあたまちゃんシーズン4 日常 【1】「弟持ち長女は変わらない」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年5月号
特選AVレビュー 『調教される母 媚薬アクメ恍惚絶頂・還暦母 山本遥 』(Global Media Entertainment)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 水野朝陽』(ドリームチケット)
環境が色を作り、色が感覚を育てる/『フランスの色景 ―写真と色彩を巡る旅』編著=港千尋、三木学 (青幻舎) 文=大野左紀子
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【5】前編
骨の髄まで慈しむ女流縄の美学――羽月希が初めて本格緊縛に挑んだ永久保存版の記録映像!『~緊縛~ 8 蓬莱かすみ×羽月希』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『熟れたお尻 岐阜のどすけべ素人 羽島愛さん92センチ』(HMJM)
特選AVレビュー『女子校生の乳首健康診断2』(OFFICE K'S)
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【11】「おじいちゃんとおじいちゃん」
特選AVレビュー『ドSのKAORIをドMのセックス・モンスター初芽里奈が犯す。 』 (レズれ!)
特選AVレビュー『デカ乳輪×マゾ乳首 G乳M妻密室乳嬲り/月本愛 』(光夜蝶)
ここは種々様々な性癖に対応したマニアックな風俗店――変態快楽の殿堂『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(大洋図書)好評発売中!!
絵を描く人々 第13回 「欲しい絵」と「なりたい絵」
特選AVレビュー『時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し 篠宮千明』(STAR PARADISE)
ペロッ、この味は......、フジロックフェスティバル! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公開中!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【33】『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
エルミタージュ美術館のヒドい目にあいすぎ具合がいい! 映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』公開中!!
特選AVレビュー『通りすがりのAV女優 05 新春マグロビッチ全員巨乳編』(HMJM)
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第5話/ウキウキ温泉旅行の巻 ~前編~
アクセスアップ
新刊情報
BITTER 2017年7月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2017年7月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2017年7月号(大洋図書)
MAZI! 2017年7月号(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.64(ワイレア出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.5(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.8(大洋図書)
人妻寝取られ(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
I want to live up to 100 years
「長生きなんてしたくない」という人の気持ちがわからない――。「将来の夢は長生き」と公言する四十路のオナニーマエストロ・遠藤遊佐さんが綴る、"100まで生きたい"気持ちとリアルな"今"。マンガ家・市田さんのイラストも味わい深い、ゆるやかなスタンスで贈るライフコラムです。
 | 
■心配症の脳ドック

お風呂上がりに洗面台の前に立ち、自分の胸を丹念に観察する。それが私のここ最近の日課だ。
数年前までは「乳首がでかくてヤダなあ」とか「もうちょっと大きければ、せめてCカップくらいあればいいのに!」なんて可愛らしいことも少しは思っていたけれど、40代半ばにもなるとそんな乙女な感想はわいてこない。
頭の中にあるのは「変なしこりがあったらどうしよう」ってことだけだ。昨年、北斗晶がテレビで乳がんを告白したあたりから、気になって仕方がなくなってしまった。
左右の形が著しく違っていないか。どこかおかしな予兆はないか。祈るような気持ちでハリのなくなった乳房をぐりぐりと触りながら確認し、昨日と変わらないとわかるとホッと胸をなでおろす。

バカみたいだと思うが仕方ない。そもそも私は、病気に関しては"超"がつくくらいの心配症なのだ。
特に、ガンとか脳溢血みたいに、昨日まで笑っていたはずの人が急に死の淵に立たされる病気が、怖くて怖くてたまらない。
もともと臆病者なせいもあるが、一番の原因はたぶん父親が脳溢血をやっているせいだと思う。私が高校一年の冬に倒れた父は、意識こそしっかりしているものの、話すことも食べることも自分で排泄することもできないまま、今も病院のベッドの上にいる。
それに加えて40代に入った頃から、大事な人が急に目の前からいなくなってしまうことが何度も続いた。
散歩の途中で倒れて、そのまま帰ってこなかった義父。
一緒に花見をした1週間後に急死したゲイ友達のFちゃん。
まだ30代なのにクモ膜下出血に倒れ、意識が戻らぬまま今も闘い続けている女友達。
「病は気からっていうよ。気にしすぎだって......」
まだかかってもいない病気を恐れる私を見て夫は言う。でも「まさか!」と思うことが平気で起こるのが人生だ。
もちろん、心配していれば病気にならないってわけじゃない。でも、心配症の私は何かしていないと、いても立ってもいられない。自分がそうならない保証はどこにもないのだ。

去年の年末、脳ドックを受けたのも、そんな気持ちが膨らんできたからだ。
酒もタバコも横綱級だった父親に比べれば私なんてまだまだ健康なはず......そう思っていたのに、検査後に医師から告げられたのは「脳動脈瘤の疑いあり。要再検査」という結果だった。脳動脈瘤というのは、文字通り脳の血管にできた"こぶ"のことで、それが破裂すると父と同じクモ膜下出血になってしまう。

ショックだった。診断書を持つ指がブルブル震え、文字通り目の前が真っ暗になった。
今私が死んだら、残された夫や老母はどうなるんだろう? いや、即死ならまだいいけれど一人で生きていけないような障害が残ってしまったら......? 「お酒もやめるし運動もします! だから助けて!」いるかわからない神様に祈った。 
結局「まだ瘤があると決まったわけじゃないし、もしあったとしても今日明日どうなるというような大きさじゃないから大丈夫」と言われてホッと胸をなでおろしたのだけれど、自分は本当に脳の病気を恐れているんだなと再認識させられた出来事だった。

こういう面倒な性分の人間には、神様がちゃんと「忘れっぽい」ってオプションをつけておいてくれるらしい。あんなに一生懸命祈ったくせに、ずうずうしくも私は2週間もしたら前と同じように家に引きこもり、退屈まぎれにお酒を飲むようになってしまった。
でも、あのときの恐怖は消え去ったわけじゃなく、今も何かの拍子にときどきフッと顔を出す。

例えば、なんとなくつけていたテレビで『世にも奇妙な物語』の新作を目にしたとき。
それは、竹内結子演じるどこかの医務局の研究員が、ある日残業中に突然誰かに頭を殴られ、真っ暗な箱の中に押し込められるというストーリーだった。外部に連絡をとろうと孤軍奮闘するも結局うまくいかず彼女は脱出を諦めるのだが、実はそれはクモ膜下出血患者が朦朧とする頭で見た幻だったというオチだ。
普通の人が観たら「うまくできた物語だなあ」としか思わないだろう。でも私はそれを見た途端、暗い箱の中でもがく父親や女友達の姿が浮かび、あまりの恐怖に叫びだしそうになった。気がついたら声をだして泣いていた。

もしくは、偏頭痛でふと目が覚めてしまった深夜。
更年期の症状だとわかってはいるのだけれど、クモ膜下出血の予兆じゃないかと思い始めると不安で不安でたまらなくなる。SNSに長い愚痴をつらつらと書き連ねたり、寝ている夫を叩き起こしてわーわー泣いたりしたくなる。でもその衝動をじっとこらえる。
「明日になれば、明るくなれば大丈夫。」
そう心の中で繰り返していると、窓の外がだんだん白んできて朝が来る。私は悪夢から醒めたような気持ちになって、心の底からホッとする。笑ってしまうような話だが、ここのところ、そんな夜がよくある。

10代、20代の頃いくつかあったコンプレックスは年をとるごとに少しずつなくなってきた。でも、この恐怖だけはどうしても消えてくれない。むしろ年を追うごとにひどくなっているような気さえする。
どうしてこんなに心配症なんだろう。こんなんじゃ100まで生きるどころか、ストレスで早死になんてことにもなりかねない......。
少しでも恐怖が和らげばと、最近、更年期対策も兼ねた温泉通いを始めた。暇をみては数駅先のラドン温泉まで自転車を走らせ、お湯に浸かっている。平日の昼間から湯船で井戸端会議に励む老婆たちは、腰は曲がっていても私なんかよりずっと元気に見える。
もっともっと年をとれば、いつかこのトラウマが消えるだろうか。ガンも脳溢血も怖くなくなるんだろうか。
そうであればいいなと思っている。

文=遠藤遊佐




関連記事

100まで生きたい。
I want to live up to 100 years
遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

市田 ブログのコミック化や新書等で活躍するマンガ家。
著書に『家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています』(PHP研究所)、『日本霊異記』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など。
ウェブサイト=「http://urban.sakura.ne.jp」
 | 
16.01.30更新 | WEBスナイパー  >  100まで生きたい。
文=遠藤遊佐 | 市田 |